10月茶道稽古〜開炉〜2018 口切・なごり・中置/海老澤宗香 茶道教室 東京九段・茨城笠間



すっかり日も短くなり



秋桜をよく見かける季節になりました



あれだけ盛大に咲き誇っていた草花も
そろそろ勢いが無くなってきた…
と名残惜しむように
籠花入れにたくさん入れました



「なごりの花」といいます

杜鵑に藍の花…
藍は葉が傷んだところから
すでに藍色が染みだします

それから夏ハゼの実
焼酎に入れる人がいる
と生徒さんに伺って
調べてみると
滋養強壮になるとのこと
昔の人は天然の栄養ドリンクを
飲んでいたのですね
和ろうそくの原料
ハゼとは全くの別物で
かぶれる心配はないそうです

2017年1月茨城県陶芸美術館 祝いの席より

小倉山 峰のもみじ葉 心あらば

  今ひとたびの みゆき待たなむ

紅葉も散り始めた
青森の友人宅ではもう
薪ストーブを焚いています

関東でもそろそろ
コタツが恋しくなってきました

10月27日

海老澤宗香 茶道教室のお稽古

毎月生徒さんの暮らしに役立てていただくため
次月の歳時記のお話をしています

来月11月のテーマは「開炉」



コタツに関する歳時記です



初夏に摘んだ茶が
ちょうど飲み頃になることから
開炉と共に 熟成させていた
茶壷の封を切り最高潮に美味しい楽しむ
「茶人の正月」なんて言われていますが
元々は「夏口切」というのもあり
必ずしも開炉と口切
セットではないのです


しかし
陰の卦で占められる11月から
「一陽来復」の語源ともなっている
陽の卦がだんだんと増えていく
これからの季節を寿ぐことは
茶人らしいのではないでしょうか



来月は笠間教室も畳を新しくして
茶事をしますアップ




中置の稽古



現代では
寒くなってきたので
お客様から水を遠ざけ
火を近づけるもてなし
とされ10月限定の点前
になりました



お茶をしていると
毎月必ず変化があって
じっくり季節を味わう

ことができます





餡に柿を練りこんでつくっていただきました

 




「水戸八景」ご存知ですか?

 

 

「わび茶でおもてなし」ワークショップ・東京都庭園美術館

On November 17, we hold a workshop for foreigners only.

 

 

★Instagram

 

 

 

【海老澤 宗香 茶道教室のごあんない】

 

2018年11月10日

「東京 九段教室」オープン

生徒募集中花火

 

「茨城 笠間教室」

次回の稽古は

2018年 12月14日(金)

2018年 12月15日(土)

(11月は開炉の茶事のため)

毎月 歳時記と和歌のお話しつき音譜

金曜日13時の回が追加されました

 

 

経験問わず募集中ですビックリマーク

見学も歓迎しております

事前にご予約をお願いいたします

Email : WAXWANE29.5@gmail.com
※WAXWANEは小文字にして

メール送信してください

 

 

 

section「茶會記」

「marimekko茶会」 発売中

(各500円税別+送料・振込手数料)

ご希望の方は

郵便番号住所氏名

電話番号希望冊数

をご記入のうえ

メールにてお申込みください

Email : WAXWANE29.5@gmail.com
※WAXWANEは小文字にして

メール送信してください

「わび茶でおもてなし」ワークショップ・東京都庭園美術館 重文 茶室「光華」/section

写真は全て ©東京都庭園美術館


10月21日
東京都庭園美術館
重要文化財の茶室「光華」にて
「わび茶でおもてなし」ワークショップ
を開催させていただきました



当日は秋晴れに恵まれ
庭の楓も色づき始めていました





ご自宅でも抹茶でのおもてなしを
楽しんでいただきたい
という想いから生まれたプログラム

まずは立礼席で
・わび茶成立の歴史
・抹茶の栽培・製造方法
のお話



謎のベールに包まれた
茶道とは一体何なのか
ということを
歴史を紐解きながら考察

3年間 京都で
お家元のもとで茶道を学び
日本文化に精通する先生方からの教えを
統括できる私たちだからこそ
お伝えできることがあります



続いては広間にて
ご自宅で抹茶を点てる方法





抹茶の購入・保存方法





どういう点に気を付ければいいのか





おいしい抹茶を点てる裏技まで

 

 



実演を交えてお教えします


抹茶には必ず和菓子
というわけではありません



庭園美術館オリジナルの
エリカ製のチョコレート





最後にゆっくり小間で一服



しばしの沈黙の中で
庭を流れる小川のせせらぎが
きこえます



抹茶は小山園詰めの「小倉山」
菓子は塩野製の「峰もみじ」



小倉山 峰のもみじ葉 心あらば
今ひとたびの みゆき待たなむ

朝香宮が建てられた
茶室での贅沢なひととき



茶道具の見どころ
も解説いたします







実は
抹茶でおもてなしをするのに
茶室や茶道具は必要ありません



ご自宅で
楽しむ方法をお教えします





11月10日から始まる
九段教室では
毎回 歳時記や和歌などの
お話をして資料をお渡しします

 

ギャラリー册

「二期倶楽部」 を手掛けた

二期リゾート が運営
松岡正剛さんが選んだ書籍が並ぶ
一流の知的ギャラリーで
茶道のお稽古をしませんか


詳しくはコチラをごらんください

日本文化を学び
ご自宅で抹茶でおもてなしをする際に
それをご家族やお客様に伝えることで
日本文化の伝承を担うことができます

たんなる「稽古」ではなく
仕事や暮らしに役立つ
茶道教室を目指しています

 

 

On November 17, we hold a workshop for foreigners only.

 

 

★Instagram

 

 

 

【海老澤 宗香 茶道教室のごあんない】

 

2018年11月10日

「東京 九段教室」オープン

生徒募集中花火

 

「茨城 笠間教室」

次回の稽古は

2018年 12月14日(金)

2018年 12月15日(土)

(11月は開炉の茶事のため)

毎月 歳時記と和歌のお話しつき音譜

金曜日13時の回が追加されました

 

 

経験問わず募集中ですビックリマーク

見学も歓迎しております

事前にご予約をお願いいたします

Email : WAXWANE29.5@gmail.com
※WAXWANEは小文字にして

メール送信してください

 

 

 

section「茶會記」

「marimekko茶会」 発売中

(各500円税別+送料・振込手数料)

ご希望の方は

郵便番号住所氏名

電話番号希望冊数

をご記入のうえ

メールにてお申込みください

Email : WAXWANE29.5@gmail.com
※WAXWANEは小文字にして

メール送信してください

Sat. Nov. 17: Introductory Tea Ceremony Workshops in the Tokyo Metropolitan Teien Art Museum’s Garden Teahouse・Tea at the Teien: Japanese Tea Ceremony for Total Beginners (with English interpretation) /section

Tea at the Teien: Japanese Tea Ceremony for Total Beginners (with English interpretation)

Sat. Nov. 17: Introductory Tea Ceremony Workshops in the Tokyo Metropolitan Teien Art Museum’s Garden Teahouse

Interested in the Japanese tea ceremony but don’t know where to start? Feel intimidated by all the etiquette? Since the renovation of the historic Koka teahouse in the museum’s garden, the Tokyo Metropolitan Teien Art Museum has organized authentic tea ceremonies in the spring and the fall, including sessions with English interpretation. But many visitors have asked for an opportunity to learn more, starting from the very basics. In response, we are now offering special two-hour introductory workshops, held in the authentic setting of our teahouse. The workshops will beled by certified instructors from the Urasenke School of Tea, one of the three historical households directly descended from the 16th century tea master Sen no Rikyū. Interpretation into English will be provided by journalist Alice Gordenker.

After explanation while sitting at tables, we will move into the large tatami-floored section of the teahouse for further instruction and practice. Then we’ll divide into small groups and perform an actual tea ceremony together in the intimate space of the smallest room in the teahouse.

The aim of these workshops is to make tea ceremony both understandable and approachable. Participating in this one workshop should give you the confidence to accept invitations to tea ceremonies without worry. You will receive a new bamboo tea whisk to use during the lesson, which you may take with you so you can enjoy making matcha green tea at home.


Date: Saturday, Nov. 17, 2018
Session 1: 10:30 to 12:30
Session 2: 14:00 to 16:00

How to apply: Reservations must be made in advance, for either the morning or afternoon session. Each workshop is a single session, so please choose the time the is most convenient for you.

Cost: 3,000 yen, including instruction, tea, a sweet and a tea whisk to take home. You will also need to purchase either museum admission (1,200 yen), which gives you access to the museum, current exhibition and garden, or garden admission only (200 yen).

Capacity: Limited to 15 persons per session (reservations will be closed as soon as a session reaches capacity).


Workshop content:
The ABCs of tea ceremony: understanding the basics (30 mins, seated at tables)

Instruction: how to prepare tea and use a tea whisk, how to receive sweets and tea during a tea ceremony, how to enjoy matcha and green tea at home (60 mins, in the large “Hiroma” tatami room)

Tea ceremony with “usucha” tea and a sweet (30 mins, in the small “Koma” tatami room)

Please use this form to apply.  Sorry, we cannot accept reservations by telephone or fax. Participants must be at least 12 years of age. Once registered, you cannot change to the other session. Once a session is full, we will not have a waitlist. Please do not wear jewelry or watches, or wear clothing that is difficult to sit in. Bare legs are not appropriate so men should not wear shorts and women should not wear mini-skirts. Slacks or longer skirts with stockings are appropriate wear. Because these workshops have interpretation into English, priority will be given to foreign residents and visitors, and Japanese accompanying foreign residents and visitors. 

 

※外国人のかた限定のワークショップです。
 

Contact
Alice Gordenker
E-mail:gordenkeralice@gmail.com

 

Instructors

 

★Instagram

 

 

【海老澤 宗香 茶道教室のごあんない】

 

2018年11月10日

「東京 九段教室」オープン

生徒募集中花火

 

ギャラリー册

「二期倶楽部」 を手掛けた

二期リゾート が運営
松岡正剛さんが選んだ書籍が並ぶ
一流の知的ギャラリーで
茶道のお稽古をしませんか

 

 

「茨城 笠間教室」

次回の

 

お稽古は 2018年 10月27日(土)

毎月 歳時記と和歌のお話しつき音譜

1月から夜7時の回も追加しました


ワークショップは 2018年10月28日(日)

茶道の神髄「侘び」を体感する

ワークショップですキラキラ

 

いずれも経験問わず募集中ですビックリマーク

見学も歓迎しております

事前にご予約をお願いいたします

Email : WAXWANE29.5@gmail.com
※WAXWANEは小文字にして

メール送信してください

 

 

 

section「茶會記」

「marimekko茶会」 発売中

(各500円税別+送料・振込手数料)

ご希望の方は

郵便番号住所氏名

電話番号希望冊数

をご記入のうえ

メールにてお申込みください

Email : WAXWANE29.5@gmail.com
※WAXWANEは小文字にして

メール送信してください

10月茶道稽古・東京 空海庵・神無月・なごり・中置・貴人点/海老澤宗香 茶道教室 東京九段 茨城笠間 


 

歳月人を待たず
秋になると
もう今年も終わてしまうな…
とすっかり年末気分
茶道で大切にする
陰陽の世界では
10月は極陰
陰が極まるのだから
なんだかグッタリするのも
仕方がないかも知れません

10月26日 東京 空海庵にて
代稽古をさせていただきました



貴人点(きにんだて)の稽古
高貴な方をお招きするための点前
菓子を高坏(たかつき)
を出したり
全ての道具は新品を作るので
茶碗も1度しか使わない
木地の台に乗せてお出しします
全て半東が取り次ぎ
貴人は動く必要がありません



現実には披露する機会は
なかなか無さそうですが
普段とは違う道具の扱いや
お客様は貴人気分を味わえたり
なりきってやると
楽しい稽古になります





もうすぐハロウィーンということで
生徒さんがおやつを
持ってきてくださいました

 



時間が余ったので
一緒にいっぷく

 





季節の室礼をした
茶室の客座で
抹茶をいただくと
とっても癒され
ゆったりとした時間の中で
話もはずみます

 

あわただしい毎日でも

お茶の稽古でゆっくりできる

と思うと心に余裕をもって乗り切れる

と話してくださった生徒さんも




お茶は季節を大切にしますが
軸や花ばかりではなく
道具にも取り入れます

 

 



先週末映画が公開された
日々是好日に
戌年の初釜で
子犬のお茶碗を見て
「12年に1回しか使えない!?
とびっくりするシーンがあります
確かに…そう考えると
道具との出会いは本当に貴重ですね
祖母も母も亥年だからか
海老澤社中には
猪の道具が目立ちます
いよいよ来年は活躍できそうです

 

 

11月3日「茶の湯とくらす」茨城県陶芸美術館

10月お稽古〜開炉〜/海老澤宗香 茶道教室

 

 

★Instagram

 

 

【海老澤 宗香 茶道教室のごあんない】

 

2018年11月10日

「東京 九段教室」オープン

生徒募集中花火

 

ギャラリー册

「二期倶楽部」 を手掛けた

二期リゾート が運営
松岡正剛さんが選んだ書籍が並ぶ
一流の知的ギャラリーで
茶道のお稽古をしませんか

 

 

「茨城 笠間教室」

次回の

 

お稽古は 2018年 10月27日(土)

毎月 歳時記と和歌のお話しつき音譜

1月から夜7時の回も追加しました


ワークショップは 2018年10月28日(日)

茶道の神髄「侘び」を体感する

ワークショップですキラキラ

 

いずれも経験問わず募集中ですビックリマーク

見学も歓迎しております

事前にご予約をお願いいたします

Email : WAXWANE29.5@gmail.com
※WAXWANEは小文字にして

メール送信してください

 

 

 

section「茶會記」

「marimekko茶会」 発売中

(各500円税別+送料・振込手数料)

ご希望の方は

郵便番号住所氏名

電話番号希望冊数

をご記入のうえ

メールにてお申込みください

Email : WAXWANE29.5@gmail.com
※WAXWANEは小文字にして

メール送信してください

オープニングパーティ呈茶・ギャラリー册 二期倶楽部の二期リゾート運営/海老澤宗香 茶道教室 東京九段・茨城笠間


二期倶楽部をつくりあげた
北山ひとみさん


10月12日
ギャラリー册にて開催された
「黒と黒―手技(アルス)の深層機屮押璽討亮蝓
  樋口健彦VS留守玲 二人展」

オープニングパーティにて
呈茶をさせていただきました




今回の二人展ゲスト・キュレーター
大分県立美術館館長

新見隆先生
私の出身校でもある
武蔵野美術大学教授です


 

北山さんを敬愛するベルギー大使のかたを

お招きし 新見隆先生による

英語のスピーチで幕開け


ももじゅんさん ほか
たくさんのお客さまで
盛大にもり上がりました花火


茶陶界でもその議論が白熱している
陶芸による作品が
彫刻か 工芸か という問題
精神性を陶磁器によって表現した空間で
道具として二期の皆さまが手作りされた
茶碗での呈茶


茶杓は出展作家 樋口さん作


「萬年堂」製の菓子も
册オリジナルです
林忠彦生誕100周年を記念して
カストリ時代をイメージして作られた
「無頼」



ラム酒と黒糖の羊羹に
クコの実のアクセント
「黒と黒」の展示の
雰囲気にぴったりでした

 



二期倶楽部を手掛けた
二期リゾートが運営する
ギャラリー册


11月10日から
茶道教室も開催させていただきます
正座が必要ない
テーブルと椅子スタイルです
生徒さんの生活やお仕事に
実際に活かしていただくビックリマーク
というコンセプトのもとに
点前(抹茶を点てる所作)だけではなく
歳時記や和歌などの日本文化
歴史や知識面もおさえた内容となっております



◆「黒と黒―手技(アルス)の深層

「ゲーテの手」 樋口健彦VS留守玲 二人展」
会期:10月12日(金)−11月3日(土)18:00 -20:00

 



◇「白と白―手技(アルス)の深層

「ゲーテの手」 さかぎしよしおうVS徳丸鏡子 二人展」
会期:11月7日(水)− 12月8日(土)
オープニングパーティ:11月7日(水)18:00 -20:00

 



会場   :ギャラリー册
定休日  :月曜、日曜、祝日
観覧料 :無料
お問い合わせ: 

電話03−3221−4220(ギャラリー册)

 

 

 

11月3日「茶の湯とくらす」茨城県陶芸美術館

 

 

★Instagram

 

 

【海老澤 宗香 茶道教室のごあんない】

 

2018年11月10日

「東京 九段教室」オープン

ギャラリー册

「二期倶楽部」 を手掛けた

二期リゾート が運営
松岡正剛さんが選んだ書籍が並ぶ
一流の知的ギャラリーで
茶道のお稽古をしませんか

 

 

「茨城 笠間教室」

次回の

 

お稽古は 2018年 10月27日(土)

毎月 歳時記と和歌のお話しつき音譜

1月から夜7時の回も追加しました


ワークショップは 2018年10月28日(日)

茶道の神髄「侘び」を体感する

ワークショップですキラキラ

 

いずれも経験問わず募集中ですビックリマーク

見学も歓迎しております

事前にご予約をお願いいたします

Email : WAXWANE29.5@gmail.com
※WAXWANEは小文字にして

メール送信してください

 

 

 

section「茶會記」

「marimekko茶会」 発売中

(各500円税別+送料・振込手数料)

ご希望の方は

郵便番号住所氏名

電話番号希望冊数

をご記入のうえ

メールにてお申込みください

Email : WAXWANE29.5@gmail.com
※WAXWANEは小文字にして

メール送信してください

告知!11月3日 茶の湯とくらす 茶会ワークショップ・マリメッコ茶室 真理庵・茨城県陶芸美術館/海老澤宗香 茶道教室 東京九段・茨城笠間



茨城県陶芸美術館にて
9月22日から開催される
「欲しいがみつかる・うつわ展〜笠間と益子〜」
では現代の作家さんがつくる
今の私たちにも求めやすい
魅力的な陶器が展示されています




茶の湯は決して堅苦しいものではなく
普段の生活のなかで楽しみながら
暮らしを彩ることができます

今回の「茶の湯とくらす」

茶会ワークショップでは

マリメッコがつくった茶室「真理庵」にて

出展作家さんのお茶碗でキラキラ
本格的な和菓子と抹茶を
召し上がっていただいた後に

ご自宅で茶の湯を楽しむ方法を
抹茶の点て方とともに
体験していただけます

 

10月8日「茶の湯とくらす」のようす

 

 





室礼の写真は5月「marimekko茶会」のものです


未経験のかた
茶道の稽古には通っているけれど
自宅での楽しみ方が分からない
というかた
どうぞお気軽にご参加ください音譜

抹茶を点てるのは本当に簡単ですので
お子様も大歓迎です晴れ

 

 

お申し込みは茨城県陶芸美術館まで

電話 : 0296-70-0011


10月8日「茶の湯とくらす」のようす



当日は併設する笠間芸術の森公園にて
陶器イベント「陶と暮らし」が開催されています
併せてお楽しみください



【日時】

11月3日(土・祝)

10:00〜/10:50〜/11:40〜/
13:00〜/13:50〜/14:40〜/15:30


【場所】

茨城県陶芸美術館 地下1階
マリメッコ茶室「真理庵」
(茨城県笠間市笠間2345)


【参加費】

500円
(菓子2種・抹茶2服)


【定員】

各回 8名


【講師】

海老澤 宗香

 

 

お申し込みは茨城県陶芸美術館まで

電話 : 0296-70-0011

 

 

 

★Instagram

 

 

 

 

【海老澤 宗香 茶道教室のごあんない】

 

2018年11月10日

「東京 九段教室」オープン

ギャラリー册

「二期倶楽部」 を手掛けた

二期リゾート が運営
松岡正剛さんが選んだ書籍が並ぶ
一流の知的ギャラリーで
茶道のお稽古をしませんか

 

 

「茨城 笠間教室」

次回の

 

お稽古は 2018年 10月27日(土)

毎月 歳時記と和歌のお話しつき音譜

1月から夜7時の回も追加しました


ワークショップは 2018年10月28日(日)

茶道の神髄「侘び」を体感する

ワークショップですキラキラ

 

いずれも経験問わず募集中ですビックリマーク

見学も歓迎しております

事前にご予約をお願いいたします

Email : WAXWANE29.5@gmail.com
※WAXWANEは小文字にして

メール送信してください

 

 

 

section「茶會記」

「marimekko茶会」 発売中

(各500円税別+送料・振込手数料)

ご希望の方は

郵便番号住所氏名

電話番号希望冊数

をご記入のうえ

メールにてお申込みください

Email : WAXWANE29.5@gmail.com
※WAXWANEは小文字にして

メール送信してください

 

 

茶の湯とくらす 茶会ワークショップを開催しました・マリメッコ茶室 真理庵・茨城県陶芸美術館/海老澤宗香 茶道教室 東京九段・茨城笠間



10月8日
茨城県陶芸美術館にて
「茶の湯とくらす」茶会ワークショップ
を開催いたしました

今回も全席満員アップ
たくさんのかたにご参加いただきました
ありがとうございました

 

 

 





フィンランドと日本の国交100周年を
記念してつくられた
marimekkoデザインの「真理庵」



今回は入門1年ほどの生徒さんの
記念すべき茶会デビュークラッカー





こんなに早くお手前が上達するなんて
と皆さんビックリされていました合格



「茶の湯とくらす」というテーマには
現在 茨城県陶芸美術館
開催されている
「欲しいがみつかるうつわ展」
に因みまして
もっと身近に茶の湯を感じていただき
ご自宅で楽しんでいただきたい
という想いが込められています

はじめに
「欲しいがみつかるうつわ展」
出展作家のお茶碗で一服





現代の作家さんが造る
全く表情が違う茶碗を
ひとつひとつ手に取って
ご覧になっていただけます





こんなにも技法があるの!?
今は色んなデザインがあるんだなあキラキラ
と感嘆の声があがりました

日常の中でも使いたくなる
美しいデザインのものが
私たちにも手がとどく
現代の作家さんによって
造られています


そして今回はなんとビックリマーク
実際にご自宅で楽しんでいただくために
抹茶でのおもてなしの方法を
紹介するだけでなく
実際に抹茶を点てていただきました





茶室や茶道具がなくても
簡単に茶の湯は楽しめるということ
実感していただけました

 


アフリカ ザンビアからのご家族も

 

季節を感じながら
ご家族やお客様をおもてなしして
日本文化を広める「和」が
ご参加くださった皆様から
広がったらうれしいです


次回は11月3日に開催いたします

10:00〜/10:50〜/11:40〜/
13:00〜/13:50〜/14:40〜/15:30

「真理庵」はこの後全国の美術館を回るため
茨城ではラストチャンスです!!

 

お申し込みは茨城県陶芸美術館まで

電話 : 0296-70-0011

 

 

marimekko茶会

海外からの生徒さん〜アフリカ ザンビア〜

 

 

★Instagram

 

 

【海老澤 宗香 茶道教室のごあんない】

 

2018年11月10日

「東京 九段教室」オープン

ギャラリー册

「二期倶楽部」 を手掛けた二期リゾート が運営
松岡正剛さんが選んだ書籍が並ぶ
一流の知的ギャラリーで
茶道のお稽古をしませんか

 

 

「茨城 笠間教室」

次回の

 

お稽古は 2018年 10月27日(土)

毎月 歳時記と和歌のお話しつき音譜

1月から夜7時の回も追加しました


ワークショップは 2018年10月28日(日)

茶道の神髄「侘び」を体感する

ワークショップですキラキラ

 

いずれも経験問わず募集中ですビックリマーク

見学も歓迎しております

事前にご予約をお願いいたします

Email : WAXWANE29.5@gmail.com
※WAXWANEは小文字にして

メール送信してください

 

 

 

section「茶會記」

「marimekko茶会」 発売中

(各500円税別+送料・振込手数料)

ご希望の方は

郵便番号住所氏名

電話番号希望冊数

をご記入のうえ

メールにてお申込みください

Email : WAXWANE29.5@gmail.com
※WAXWANEは小文字にして

メール送信してください

海老澤宗香 茶道教室 東京 九段教室11月10日オープン 生徒募集!ギャラリー册 二期倶楽部 

 

「ギャラリー册」

「二期倶楽部」 を手掛けた

二期リゾート が運営
松岡正剛さんが選んだ書籍が並ぶ
一流の知的ギャラリーで
茶道のお稽古をしませんか


暦を知り 茶の湯を学ぶ
風雅なライフスタイルを叶える
2つのコースをご用意いたしました



〈 入門コース 〉

10:30〜12:30
全4回 一式24,000円(税込)

毎回 主菓子と抹茶つきです。

第1回 2018年11月10日
「わび茶成立の歴史」
複雑で難解な茶道の歴史と精神性を、
簡潔に分かりやすくまとめました。

第2回 2018年12月22日
「ご自宅での抹茶の点て方」
抹茶の栽培〜製法と、
ご自宅での茶の湯を楽しみ方や
おもてなしをする方法まで
解説いたします。

第3回 2019年1月12日
「茶会のマナー」
茶会に参加してみたいけれど、
何も分からない…という
不安を解消いたします。

第4回 2019年2月2日
「和菓子にみる日本の四季」
季節と織り交ぜて日本人の美意識や
表現方法のお話をいたします。



以降 月1で第1回〜第4回

繰り返し開催いたしますので

途中参加でも全4回

ご参加いただけます。

 



〈 基本コース 〉

13:30〜15:30
1回 6.000円(税込)

2018年
11月10日・12月22日
2019年
1月12日・ 2月 2日

毎月暮らしに役立つ
歳時記・和歌文化を学び、
茶の心を育むと共に
茶道の点前や美しい所作を
身につけることができます。


・和歌と歳時記を学べます

毎月お渡しする資料を解説し、
日本文化に則した豊かな暮らし
を提案いたします。


・お一人ずつに合わせた
      稽古ができます

未経験のかた、お子様にもに
合わせて丁寧にお教えします。
※全くの初心者のかたには
入門セット一式プレゼント!


・「参加日のみ」のお支払いです

月謝制ではなく、入会金・水屋費
などもいただきません。



※いずれのコースも
初心者のかた歓迎いたします。

※全てのお稽古は
テーブルと椅子で行います。
正座は必要ありません。

※入門コース・基本コース
同時に受講していただけます。



お申込み・お問合せは
海老澤 宗香 まで
Email : WAXWANE29.5@gmail.com
※WAXWANEは小文字にしてメール送信してください。


先着順。定員になり次第締め切らせていただきます。

無料見学もお気軽にどうぞ!



《 九段教室 》

ギャラリー 册

東京都千代田区九段南2丁目1-17
パークマンション千鳥ヶ淵 1階

「九段下」駅より徒歩10分
皇居の千鳥ヶ淵沿いの素晴らしい環境です。



本格的な和風空間でのお稽古
茨城教室もよろしくお願いいたします
 

《 講師 》

海老澤 宗香 soko ebisawa

武蔵野美術大学 建築学科 卒業

裏千家学園茶道専門学校 茶道科 卒業

京都 中村外二工務店

を経て現在に至る

 

 

 

《 実績 》 

茨城県陶芸美術館

 

2017年

 

・1〜3月 「現代の茶陶展」茶会 開催

 

・1〜3月 「侘」ワークショップ 開催

 

・7〜12月 「茶道の基本講座」 開催

 

・8〜9月「第24回 日本陶芸展」茶会 開催

 

 

2018年

 

・1月〜  「茶道の基本講座」 開催

 

・1月   「いばらき工芸大全III 

                             染織の巻」茶会 開催

                   NUNO 須藤玲子さん

                           とのコラボレーション

 

・5月   「marimekko SPIRITS」茶会開催

        marimekko茶室「真理庵」にて

 

・10月  「茶の湯とくらす」茶会ワークショップ開催

 

 

東京都庭園美術館

 

2018年

 10月〜 「わび茶でおもてなし」ワークショップ開催

 

 

 

《 出演 》

FMぱるるん 2018年1月2日

    川嶋志乃舞さん 「ニッポンキラキラジオ」

 

茨城放送 2018年7月3日

  「スクーピーレポート」

 

《 掲載 》

茨城新聞 2018年8月14日

 

 


茨城 教室
〒309-1705 茨城県笠間市東平2-12-37
JR『友部』駅徒歩6分
(『東京』駅から特急ときわで約1時間)
駐車場もございます。



Email : WAXWANE29.5@gmail.com
※WAXWANEは小文字にしてメール送信してください。

 

 

★Instagram

 

9月茶道稽古・東京 空海庵/海老澤宗香 茶道教室 東京九段・茨城笠間



9月26日 東京 空海庵にて
代稽古をさせていただきました

 菊を采る東籬の下
   悠然として南山を見る



陶淵明がよんだこの詩によって
達磨が中国に禅を伝える以前に
彼は禅の体得者であったと論じられます

真理は言葉では言い表せない
ということですが
教授者として
少しでも分かりやすく
伝えていきたいです

しかし
頭で理解しているだけでは足りず
やはり行動によって
体得する事がほとんどです

お客様が礼から頭を上げる
気配を感じたり

畳の真ん中に座ったり

形や大きさも様々な
道具の中心を揃えて置くこと


 




そんな何気ないことが
とても大切で
意味があるということに気づく
それが
「茶禅一味」と言われる由縁です






 

◆ 10月8日「茶の湯とくらす」

       茶会ワークショップ   茨城県陶芸美術館

◆ 10月21日「わび茶でおもてなし」

       ワークショップ         東京都庭園美術館

 

 

 

★Instagram

 

 

 

【海老澤 宗香 茶道教室のごあんない】

次回の

 

お稽古は 2018年 10月27日(土)

毎月 歳時記と和歌のお話しつき音譜

1月から夜7時の回も追加しました


ワークショップは 2018年10月28日(日)

茶道の神髄「侘び」を体感する

ワークショップですキラキラ

 

いずれも経験問わず募集中ですビックリマーク

見学も歓迎しております

事前にご予約をお願いいたします

Email : WAXWANE29.5@gmail.com
※WAXWANEは小文字にして

メール送信してください

 

 

 

section「茶會記」

「marimekko茶会」 発売中

(各500円税別+送料・振込手数料)

ご希望の方は

郵便番号住所氏名

電話番号希望冊数

をご記入のうえ

メールにてお申込みください

Email : WAXWANE29.5@gmail.com
※WAXWANEは小文字にして

メール送信してください

9月茶道稽古 中秋の名月・みのり・四ヶ伝/海老澤宗香 茶道教室 東京九段・茨城笠間



秋風に たなびく雲の 絶え間より
  もれ出づる月の 影のさやけさ

              左京大夫顕輔



9月22日
海老澤宗香茶道教室のお稽古

毎月生徒さんの暮らしに

役立てていただくため
歳時記のお話をしています

今回のテーマは「中秋の名月」


今年の「中秋の名月」は9月24日
不安な天気予報ではありましたが
月が昇る頃にはすっかり晴れて
はじめの歌のように
澄みきった明るい月を拝めました

 

きっと藤原顕輔さんも
こんなに月は明るかったかしら と
同じ気持ちで月を眺めたのでしょう
900年の時を超えて心を通わせました

 





お月様に捧げる

みのり と

瓶子花入にいれた秋の草花



年中月は出ているのに
なぜ秋に月見をするのかはてなマーク

満月は太陽の反対側にあります
太陽は 夏高く 冬低い
満月は 夏低く 冬高くなります
丁度良い高さになるのが
春と秋なのですが
「春がすみ」「秋晴れ」
という言葉が古くからあるように
天気の良さでは断然 秋もみじ

ということで秋は月見に
適した季節なのです合格



今回のお稽古は「盆点」
教本などが出版されていない
口伝の点前です
「唐物(からもの)」と呼ばれる
非常に高価な中国からの輸入品を
扱うための点前
贅沢な道具の格に合わせて
菓子も3種だされます



現代で実際に必要になることは
殆ど有りません
それでも
移動手段が舟しか無かった当時
命がけでもたらされた
貴重な品物に対する
恐れにも似た心持に
同化できる儀式が
私は堪らなく楽しいです



近々お茶会で点前を披露するかたたちは
練習をしました

発表の場があると集中力が違いますキラキラ

 

 




稽古はもちろん洋服でも
椅子でもしていただけます

 

 

 

〇 他 中秋の名月 について

〇 現代に蘇る平安の観月

 

 

 

◆ 10月8日「茶の湯とくらす」

       茶会ワークショップ   茨城県陶芸美術館

◆ 10月21日「わび茶でおもてなし」

       ワークショップ         東京都庭園美術館

 

 

 

 

 

 

★Instagram

 

 

 

【海老澤 宗香 茶道教室のごあんない】

次回の

 

お稽古は 2018年 10月27日(土)

毎月 歳時記と和歌のお話しつき音譜

1月から夜7時の回も追加しました


ワークショップは 2018年10月28日(日)

茶道の神髄「侘び」を体感する

ワークショップですキラキラ

 

いずれも経験問わず募集中ですビックリマーク

見学も歓迎しております

事前にご予約をお願いいたします

Email : WAXWANE29.5@gmail.com
※WAXWANEは小文字にして

メール送信してください

 

 

 

section「茶會記」

「marimekko茶会」 発売中

(各500円税別+送料・振込手数料)

ご希望の方は

郵便番号住所氏名

電話番号希望冊数

をご記入のうえ

メールにてお申込みください

Email : WAXWANE29.5@gmail.com
※WAXWANEは小文字にして

メール送信してください

12345>|next>>
pagetop