裏千家若宗匠格式披露茶会・明治神宮鎮座百年大祭/海老澤宗香 茶道教室 東京 九段・茨城 笠間

★Instagram



10月13日
明治神宮鎮座百年大祭 奉祝 裏千家献茶式
  ―裏千家若宗匠格式奉告―
格式披露茶会 にて
お手伝いをさせていただきました



令和2年11月1日は
明治神宮鎮座百年大祭
とてもお目出度い年です

前日準備に伺った時も
参拝者の願いが込められた
夢鈴」の飾りつけが
開始されていました



10月30日から11月1日の
夜間参拝の際に灯されるそうです

 




私は老分席のお手伝いをさせていただきました

★Instagram



待合では
玄々斎筆 富士の絵画賛が迎えます
「幾千代を登りはじめん祝い人」
若宗匠の前途を寿ぐような幕開け

会場は立礼ですが
三畳小間の舞台が設えられ



清正井で有名な境内の庭には 茶室「隔雲亭」もあります


床には六閑斎筆
「圓 露似真珠」
歴代のお家元たちが
受け継いできた伝統の重み
大きな縁を感じました



まるで山中の水の景


花は万寿菊と梅擬
紅白で御目出度く

花入は玄々斎の奥様 玄華斎作で
輪無二重 「芙蓉峰」
ふようほう は富士山の異名で
待合と対になっていて
素敵な演出でした


★Instagram


お菓子は「飛鶴」 一幸庵 製
鶴が羽ばたく姿と
爽やかな銘々皿は

すっきりと晴れた空の元 お献茶された
若宗匠のお姿に重なりました
茨城 笠間 の作家
寺本守さんの銘々皿は
お客様へのお土産です



若宗匠への主茶碗は
仙叟 手捏ねの赤

それを京都 五条の
友人に贈ったことから
夕顔」と銘がつけられました

また夕顔はたくさん実が成ることから
裏千家の今後の繁栄を願って
選ばれたそうです



明治天皇への想いがつくったは生命力に溢れています


坐忘斎御家元
鵬雲斎大宗匠には
長次郎 常慶 を
容子様には
光格天皇より下賜された
呉須のお茶碗でお茶を差し上げたい
という篤い想い


お茶は「和悦」伊藤園詰
令和を祝して
坐忘斎御家元が銘をつけられました
茶銘には「互いに相手を思いやり、心をやわらげて喜ぶこと」
という想いが込められています

 




老分の方たちがお客様のもとへ
お菓子とお茶を運ばれ
お話をされ 和やかなお席で

坐忘斎御家元のとてもお幸せそうな
笑顔が印象的でした
このよき日をお祝いさせていただき
大変喜ばしい一日でした

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

【海老澤 宗香 茶道教室のごあんない】

 

「東京九段教室」

NEWNEW詳しくはコチラ

≪茶道体験講座開催中☆コチラから≫

次回の稽古は

2020年 11月14日(土)

・歳時記「正月事始め」

・秋の和歌

・帛紗捌き

・茶巾のたたみ方

・道具の清め方

 

 

「茨城 笠間教室」

NEW詳しくはコチラ

次回の稽古は

2020年 11月6日(金)

2020年 11月7日(土)

※8日(日) ・ 9日(月)

・千家十職(予定)

・秋の和歌

・開炉

 

経験問わず募集中です花火

見学も歓迎しております

事前にご予約をお願いいたします

Email : WAXWANE29.5@gmail.com

※WAXWANEは小文字にして

メール送信してください

10月茶道稽古 東京 九段 〜開炉〜/海老澤宗香 茶道教室 東京 九段・茨城 笠間


★Instagram

10月10日
九段教室 茶道稽古



生徒さんの暮らしに役立てていただくため
毎月 スライドを用いてわかりやすく
歳時記と和歌のお話をします




このたびは 幣も取りあへず手向山
 紅葉の錦 神のまにまに
          菅家




朱雀院の行幸へお供した
紅葉狩りで詠んだ歌
その時の彼の心のように
晴れやかで鮮やかな光景が
目に浮かびます



この3年後に菅家は
大宰府に左遷されるのです

その地での作品の方が
評価されていますが
藤原定家は絶頂の歌を選び
百人一首に加えました





和歌は現代語訳だけでなく
作者の人生までみてみると
大変味わい深いものになります


 

 

今回のテーマは「開炉







陰陽五行で「亥」は水性の陰

亥の月にあたる旧暦10月の亥の日に

火鉢などの暖房器具を使い始めると
火事にならないという考えから
茶室の炉も11月に開くようになりました

 

茨城県陶芸美術館 「福々の席


今年は
第一亥の日 2020年11月4日
第二亥の日 2020年11月16日




 


陰が極まっていく今
寒くなって
気持ちも寂しくなりますが
湯を沸かし抹茶一服
ほっと一息ついてください

 

 



 

 

 

 

 

 

 

 

 


 

 

 

 

【海老澤 宗香 茶道教室のごあんない】

 

「東京九段教室」

NEWNEW詳しくはコチラ

≪茶道体験講座開催中☆コチラから≫

次回の稽古は

2020年 11月14日(土)

・歳時記「正月事始め」

・秋の和歌

・帛紗捌き

・茶巾のたたみ方

・道具の清め方

 

 

「茨城 笠間教室」

NEW詳しくはコチラ

次回の稽古は

2020年 11月6日(金)

2020年 11月7日(土)

※8日(日) ・ 9日(月)

・千家十職(予定)

・秋の和歌

・開炉

 

経験問わず募集中です花火

見学も歓迎しております

事前にご予約をお願いいたします

Email : WAXWANE29.5@gmail.com

※WAXWANEは小文字にして

メール送信してください

麒麟がくる 茶会・生徒さん開催!/海老澤宗香 茶道教室 東京 九段・茨城 笠間

★Instagram


海老澤宗香 茶道教室に
入門されて3年になる生徒さん主宰で
今年の大河に合わせて予定していた
「麒麟がくる 茶会」

ドラマもコロナの影響でお休みしていましたが
再開に伴い茶会も開催いたしました

濃茶席の趣向はクライマックス
本能寺の変 



感染対策で濃茶も各服点でしたが
明智光秀は見ていなかったはず…
と楽茶碗を出さない心意気



茶室は入れ物という言葉とおり
席主の室礼によって
雰囲気が全く変わるので不思議です



薄茶は席を移して立礼にて

つかの間の光秀の天下
虎視眈々と機会を狙う武将たち

★Instagram


菓子は
陣中菓子としてつくられた
松風と 舶来物の金平糖



花は桔梗
この日に咲いてもらえるよう
鉢植えにて 丹精込めて育てたそうです



光秀の最期をみるような演出



普段一緒にお稽古をしている
皆さんをもてなし
またお客様もそれに応えようと
ひとつになる茶席
「一座建立」を改めて
実感した茶会でした


茶席の中だけではなく
暮らしにも学んだことを
活かしてくださっている
生徒さんもいらっしゃいます


ご自宅でのお月見の室礼

これからも
日常が楽しくなる茶道教室を
皆さまとつくっていきます音譜

 

 

【海老澤 宗香 茶道教室のごあんない】

 

「東京九段教室」

NEWNEW詳しくはコチラ

≪茶道体験講座開催中☆コチラから≫

次回の稽古は

2020年 11月14日(土)

・歳時記「正月事始め」

・秋の和歌

・帛紗捌き

・茶巾のたたみ方

・道具の清め方

 

 

「茨城 笠間教室」

NEW詳しくはコチラ

次回の稽古は

2020年 11月6日(金)

2020年 11月7日(土)

※8日(日) ・ 9日(月)

・千家十職(予定)

・秋の和歌

・開炉

 

経験問わず募集中です花火

見学も歓迎しております

事前にご予約をお願いいたします

Email : WAXWANE29.5@gmail.com

※WAXWANEは小文字にして

メール送信してください

第三回重文わかる茶会・東京都庭園美術館 重文茶室「光華」/section

 

 

令和2年9月26日 

皇室ゆかりの 重要文化財 茶室「光華」

東京都庭園美術館にて

第三回「重文わかる茶会」を開催しました。

 

 

「重文わかる茶会」は

茶会の仕組みマナー 楽しみ方を学ぶ

日本ではじめての「茶会を知るための茶会」です

 

 

 

 

◼️立礼席

 

茶会とは何か?

茶会のマナーやエチケット

趣向を楽しむ方法をご説明致しました

 

待合に進みます

 

 

◼待合/広間

 

待合とは 茶会の趣向を暗示する

大切な場所である事等をご説明しました

 

 

床は大徳寺派 雲澤寺の足立泰道禅師の

御染筆で「掬水月在手」

 

対句は「弄花香満衣」

 

南宋時代の高僧 虚堂智愚から法を嗣いで

日本に帰朝し臨済禅を伝えた南浦紹明

そして大徳寺開祖の大燈国師(宗峰妙超)へと

法を守り嗣がれた方々の歴史を見るようです

 

 

★Instagram

 

書院には、海老澤が作った折紙を荘り

古より伝わる「月の兎」の咄をしました

 

茶道は点前ばかりでなく

日本各地の風習や歳時記、和歌の世界と

密接に関わっている事を皆さんに

理解していただく事ができました

 

 

 

 

 

またこちらでは、皆さんと一緒に

菓子の頂き方を学びました

 

 

 

 

 

 

本日のお菓子

皆さん何かわかりますか?

 

正解◯は最後に!

 

神楽坂 梅花亭の

ご主人、井上さんに特注致しました

 

井上さんは、上新粉を蒸かして搗き

あら熱を取り除いてから

さらに搗くという

 

なんと『二度搗き』の技法で、

餅が固くならずに柔らかい餅が

できますよと教えてくださいました

 

 

池を愛でながら

しっとり美しい露地へと進みます

 

 

 

 

◼露地から躙口へ

 

「露地はただ浮世の外の道なるに

         心の塵をなどちらすらむ」

 

利休居士の露地の心得を解説し

蹲踞柄杓の扱いを学びます

 

 

 

 

 

躙口の意味や、くぐり方を学び

 

いよいよ本席へ

 

 

 

 

 

 

◼本席/小間

 

床の花は竜脳菊に桜蓼、尾花、

拙作の花入 銘「時雨」を用いました

 

 

 

 

 

コロナの影響で不安な世の中が

良くなりますようにと願いを込め

銘『兎に角』という茶杓を用いて

 

萩の11代三輪休雪先生の茶碗にて

おもてなしをいたしました

 

 

 

 

いかがでしたでしょうか

第三回「重文わかる茶会」

 

このように茶道は点前の稽古だけでなく

和歌や禅語、菓子、花、庭、工芸、着物、茶室等々、日本の総合芸術

から成り立っています

 

 

 

 

必ず誰にも興味がある部分があるはず

だから茶道は面白いですね

 

 

 

大化の時代から数えて

248番目に、はじめて国書由来である 

万葉集から生まれた「令和」という時代。

 

 

 

 

私達はこれからも

皆様の「心や暮らしに生かせる茶道」

伝えていきたいと思います

 

 

答え:月見団子(京風)でしたうさぎ

 

 

◆ 第一回重文わかる茶会

 

◆ 第二回重文わかる茶会

 

 

 

【海老澤 宗香 茶道教室のごあんない】

 

「東京九段教室」

NEWNEW詳しくはコチラ

≪茶道体験講座開催中☆コチラから≫

次回の稽古は

2020年 11月14日(土)

・歳時記「正月事始め」

・秋の和歌

・帛紗捌き

・茶巾のたたみ方

・道具の清め方

 

 

「茨城 笠間教室」

NEW詳しくはコチラ

次回の稽古は

2020年 11月6日(金)

2020年 11月7日(土)

※8日(日) ・ 9日(月)

・千家十職(予定)

・秋の和歌

・開炉

 

経験問わず募集中です花火

見学も歓迎しております

事前にご予約をお願いいたします

Email : WAXWANE29.5@gmail.com

※WAXWANEは小文字にして

メール送信してください

10月茶道稽古 茨城 笠間〜中置・三夕の和歌〜/海老澤宗香 茶道教室 東京 九段・茨城 笠間


★Instagram

10月2日〜5日
笠間教室 茶道稽古



「中置」をいたしました



来月 炉が開くまでに
徐々にお客さまへ温かい火を
近づけたい という
とても日本人らしい趣向です






中秋の名月も過ぎ
秋らしくなってまいりましたので
今月は「三夕の和歌」の
お話をいたしました



鎌倉時代につくられた
新古今和歌集から「秋の夕暮」
で終わる三首をさします



それは茶の湯の「侘び」の精神にもつながる
と古くから茶人にも注目されていました



茶室の床に初めて和歌を掛けた
武野紹鴎は「三夕の和歌」の中から
自分の茶の湯の精神に相応しいとして
定家の歌をとりあげています

見渡せば 花も紅葉もなかりけり

  浦の苫屋の 秋の夕暮

               藤原定家

これは
「春秋の花や紅葉が盛りの頃よりも
何気なく茂っている草陰のほうが美しい」
と言った 光源氏になったつもりで
定家がよんだ和歌です



他二首は僧侶がよんだ歌
山と水辺の風景からくる
漠然とした寂しさ 物悲しさ

さびしさは その色としもなかりけり

  槙立つ山の 秋の夕暮

               寂蓮

心なき 身にもあはれは知られけり

  鴫立つ沢の 秋の夕暮

               西行



そして
紹鴎の後 わび茶を大成した利休は
「三夕の和歌」ではない歌を
茶の湯の精神として取り上げます

花をのみ 待つらん人に山里の
  雪間の草の 春を見せばや

               藤原家隆

花が咲かない 春はまだかな
と待っている人に
春はもう来ていますよ と
積もった雪の間に芽吹いた若草を
見せてあげたい



茶室には今にも咲きそうな
蕾の花をいれることで
利休の精神を受け継ついでいます

冬木立を歩きながら
満開の桜を心待ちにしたり

散っていく桜を見ながら
鮮やかな紅葉を楽しみにする

廻る季節を感じる
希望に満ちた心が
わび茶の精神ではないでしょうか


 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

【海老澤 宗香 茶道教室のごあんない】

 

「東京九段教室」

NEWNEW詳しくはコチラ

≪茶道体験講座開催中☆コチラから≫

次回の稽古は

2020年 10月10日(土)

・歳時記「開炉」

・秋の和歌

・帛紗捌き

・茶巾のたたみ方

・道具の清め方

 

 

「茨城 笠間教室」

NEW詳しくはコチラ

次回の稽古は

2020年 11月6日(金)

2020年 11月7日(土)

※8日(日) ・ 9日(月)

・千家十職(予定)

・秋の和歌

・開炉

 

経験問わず募集中です花火

見学も歓迎しております

事前にご予約をお願いいたします

Email : WAXWANE29.5@gmail.com

※WAXWANEは小文字にして

メール送信してください

9月茶道稽古 東京 九段 〜観月〜/海老澤宗香 茶道教室 東京 九段・茨城 笠間

★Instagram


昨夜一聲雁

毎日暑いと思っていても
秋はすぐそこに来ています



黄瀬戸の花入に
竜胆
藤袴と尾花は
秋の七草です



9月12日
九段教室 茶道稽古

生徒さんの暮らしに役立てていただくため
毎月 スライドを用いてわかりやすく
歳時記と和歌のお話をします

今回のテーマは「観月



月みれば ちぢにものこそ悲しけれ
わが身一つの秋にはあらねど  大江千里

平安時代の人も私たちと同じ気持ちで
月を観ていました



夏の思い出に想いを馳せるのも
紅葉を心待ちにするのも
侘びの心です

今年の中秋の名月(十五夜)は10月1日
ぜひセットで楽しんでいただきたい
後の名月(十三夜)は10月29日です






茶道は異世界の伝統文化と
思っているかたもいらっしゃいますが





日常を切り取って美しく作り上げたもので
暮らしの延長線上にあります

 

★Instagram




みなさんの好きな物や花で
生活空間を飾り
ご家族やお客様と
季節を味わい感じながら
抹茶一服を楽しむ







そんな贅沢なひと時を
つくり出せるよう
生徒さんに伝えています

 

 

 

 

 

 

 

 

 

【海老澤 宗香 茶道教室のごあんない】

 

「東京九段教室」

NEWNEW詳しくはコチラ

≪茶道体験講座開催中☆コチラから≫

次回の稽古は

2020年 10月10日(土)

・歳時記「開炉」

・秋の和歌

・帛紗捌き

・茶巾のたたみ方

・道具の清め方

 

 

「茨城 笠間教室」

NEW詳しくはコチラ

次回の稽古は

2020年 10月2日(金)

2020年 10月3日(土)

※5日(月)

・三夕の和歌

・秋の和歌

・中置

 

経験問わず募集中です花火

見学も歓迎しております

事前にご予約をお願いいたします

Email : WAXWANE29.5@gmail.com

※WAXWANEは小文字にして

メール送信してください

 

9月茶道稽古 茨城 笠間〜小習・掛軸の名称〜/海老澤宗香 茶道教室 東京 九段・茨城 笠間


★Instagram

9月4日〜7日
笠間教室 茶道稽古

9月9日は「重陽



着せ綿
前日の夜に菊に真綿を被せ
朝にその露を含んだ真綿で
肌を拭うと 老いが去り美しくなる
といわれる重陽の風習です



今回のお話は「掛軸の名称」



垂れ下がっている
細長い紙(裂)は「風帯」

掛軸は中国から渡ってきました
中国では掛物を天気が良い日に
外に掛けて大勢で愛でていましたし
近ごろまで道沿いにズラーと
軸装した絵を掛けて売っていました
その際 風に吹かれた風帯が
はためく事で 鳥をよけるために
付けられていました
「燕よけ」といわれています

 


★Instagram

稽古は小習


茶入荘や



貴人点をいたしました





まだ暑い日が続いていますが
いつの間にか
稲穂がたわわに実っています




★Instagram

額賀章夫さんが
笠間陶芸大学校の生徒さんを
連れて来てくださいました

 



皆さん海外在住のかたたちで
留学中に茶道を学びたいと
早速お稽古を始めました



抹茶を点てるには
日本の茶道具が必要
と思い込んでいるかたが多いですが

茶道の良いところは
どんな文化も取り入れて
表現できる事です
帰ったらぜひ身の回りにある
その国の菓子や工芸品で
おもてなしをしてください
とお話したら
目を輝かせていらっしゃいました


東京都庭園美術館にて
わび茶でおもてなし




別日には「真之行台子」をいたしました


真に草あり

これまでの点前が走馬灯のように蘇ります



菓子は七種アップ
お持ち帰り用に 奉書も添えられます



今年の中秋の名月は10月1日です



 

 

 

【海老澤 宗香 茶道教室のごあんない】

 

「東京九段教室」

NEWNEW詳しくはコチラ

≪茶道体験講座開催中☆コチラから≫

次回の稽古は

2020年 9月12日(土)

・歳時記「観月」

・秋の和歌

・帛紗捌き

・茶巾のたたみ方

・道具の清め方

 

 

「茨城 笠間教室」

NEW詳しくはコチラ

次回の稽古は

2020年 10月2日(金)

2020年 10月3日(土)

※5日(月)

・三夕の和歌

・秋の和歌

・中置

 

経験問わず募集中です花火

見学も歓迎しております

事前にご予約をお願いいたします

Email : WAXWANE29.5@gmail.com

※WAXWANEは小文字にして

メール送信してください

 

【告知】9月26日「第三回 重文わかる茶会」開催!・東京都庭園美術館/section

926(東京都庭園美術館にて

「第三回 重文わかる茶会」を開催いたします。


茶会を知るための茶会


そもそも「茶会」とは?というお話しから

蹲踞での清め方、お菓子の食べ方などを

体験していただき、最後に躙口から

小間に入って薄茶一服していただきます。

通常、立礼席までの立ち入りとなっている

重要文化財の茶室「光華」を

十分堪能していただけます。

皆さまのご応募をお待ちしております。



【事前予約制・有料】
日 時:2020年9月26日(土)
第一席 10:30〜11:30
第二席 11:45〜12:45
第三席 13:00〜14:00
第四席 14:15〜15:15
第五席 15:30〜16:30


場 所:東京都庭園美術館

 茶室「光華」(重要文化財)


講 師:

 沼尻 真一/宗真(茶道家・陶芸家)
 海老澤 紗衣香/宗香(茶道家・裏千家) 


定 員:各席8名(先着順、定員に達ししだい

締め切らせていただきます)


参加費:

1名様2,000円 ※薄茶と菓子代を含む

参加費とは別に、美術館への入場料

(展覧会入場料又は庭園入場料)が必要です。


申込方法:

東京都庭園美術館HP

申込フォームよりお申込ください。


当日の持ち物:

ハンカチをご持参ください。




注意事項:

・参加は中学生以上とさせていただきます。

・キャンセル待ち及びお時間の変更はできません。

・当日欠席される場合は、開始20分前までにご連絡ください。

・ミニスカート、素足での参加はご遠慮ください。

・アクセサリー類は外してご参加ください。

・下記の【新型コロナウイルス感染症対策について】をお読みください。


【内容】

○茶会の基礎知識に関する講義(10分、立礼席)

○蹲踞の使い方(10分、露地)※雨天時は広間の縁側にて沓脱石に手桶を置いて実習

○菓子の食べ方(10分、広間)

○躙口から小間に入って抹茶とお菓子で一服(10分、小間)

※雨天時は広間側から廊下伝いに小間に入室



【新型コロナウイルス感染症対策について】

ワークショップに参加される方は、以下の点についてご協力をお願いいたします。

・当日体調のすぐれない方は、参加をお見送りください。

・美術館の入口で検温をさせていただきます。(37.5℃以上の場合は入館できませんので、あらかじめご了承ください)

・手指の消毒の励行をお願いいたします。

・参加者は、喫茶時以外は、必ずマスクの着用をお願いいたします。

・喫茶時にマスクを外す際は、会話はお控えください。

・主菓子を容器のまま提供するなど、通常と異なる作法となる場面もありますがご了承ください。

・極力接触を避けるため、参加費については、つり銭のないようお願いいたします。

・その他、美術館の諸注意、指示に従っていただきますよう、お願いいたします。


【お申込みはコチラから】



お問合せ先 :

東京都庭園美術館 事業係 茶会係

Tel 03-3443-0201 Fax 03-3443-3228 

E-mail:info@teien-art-museum.ne.jp




【海老澤 宗香 茶道教室のごあんない】

 

「東京九段教室」

NEWNEW詳しくはコチラ

≪茶道体験講座開催中☆コチラから≫

次回の稽古は

2020年 9月12日(土)

・歳時記「観月」

・秋の和歌

・帛紗捌き

・茶巾のたたみ方

・道具の清め方

 

 

「茨城 笠間教室」

NEW詳しくはコチラ

次回の稽古は

2020年 9月4日(金)

2020年 9月5日(土)

※7日(月)

・掛軸の名称

・秋の和歌

・小習

 

経験問わず募集中です花火

見学も歓迎しております

事前にご予約をお願いいたします

Email : WAXWANE29.5@gmail.com

※WAXWANEは小文字にして

メール送信してください



8月茶道稽古 東京 九段 〜重陽の節句〜/海老澤宗香 茶道教室 東京 九段・茨城 笠間


★Instagram


裏千家 坐忘斎お家元のお爺様
淡々斎の筆

橋の欄干に寄りかかって清泉を聴く



涼し気な風景を思い描きながら
蝉の声に耳を澄まして一服
窓一面の緑が眩しく感じます



抹茶は温かいのに
不思議と爽やかな味わい
スッとするので
夏にもおすすめです




8月8日
九段教室 茶道稽古

生徒さんの暮らしに役立てていただくため
毎月 スライドを用いてわかりやすく
歳時記と和歌のお話をします



今回のテーマは
9月9日 「重陽

菊花酒 着せ綿 など
菊の節句ともいえます

心あてに 折らばや折らむ 初霜の
  おきまどはせる 白菊の花   凡河内躬恒

寒い朝 外を眺めると
一面真っ白の世界に咲く白菊
清楚な空気に溢れた
百人一首の歌です



情念渦巻く和歌の世界に
理知的な歌で
新風をもたらした躬恒
妖艶な歌を好んだ定家の歌集に
心地よい変化を与えています




現代の私たちにとって
霜と菊は結びつきにくいですが
平安時代に教養としてたしなまれた
漢詩には「霜と菊」が
セットで登場しているのです





沖縄の焼物やちむん に
藤袴とえのころぐさ(狗尾草)




抹茶は簡単に点てられますが
美しい所作というのは
一朝一夕では身に付きません
茶道には日常生活にも生かせる
美しい所作がたくさんあります





使っていない手や
抹茶を掬った跡
そんなところにまで
美が宿ります



九段教室ではテーブルで
点前をしていますが
笠間教室にて一度
畳で点前をした生徒さんが
「身体の使い方や道具の位置が
やっとしっくりきた」
と仰っていました
やはり根本を経験することは
大切なのだと実感いたしました


 

 

 

 

 

 

 

 

【海老澤 宗香 茶道教室のごあんない】

 

「東京九段教室」

NEW詳しくはコチラ

≪茶道体験講座開催中☆コチラから≫

次回の稽古は

2020年 9月12日(土)

・歳時記「観月」

・秋の和歌

・帛紗捌き

・茶巾のたたみ方

・道具の清め方

 

 

「茨城 笠間教室」

NEW詳しくはコチラ

次回の稽古は

2020年 9月4日(金)

2020年 9月5日(土)

※9月6日(日)・7日(月)

・掛軸の名称

・秋の和歌

・小習

 

経験問わず募集中です花火

見学も歓迎しております

事前にご予約をお願いいたします

Email : WAXWANE29.5@gmail.com

※WAXWANEは小文字にして

メール送信してください

IBS茨城放送「スクーピーレポート」取材していただきました/海老澤宗香 茶道教室 東京 九段・茨城 笠間

8月3日11時〜

茨城放送 スクーピーレポート 

取材していただきました!

 

 

アナウンサー 山下真保子さん

 

 

 

ステイホームで季節を感じにくい昨今

「室内に季節を取り入れて楽しむ」

茶道は暮らしの中でご家族やお友達と楽しめ

心が豊かになる時間をつくり出せます

 

茶道は厳しい修行では無く

特別に和室も茶道具も必要ありません

稽古の時だけで無く生徒さんの日常に

茶道取り入れて頂くのが

私が目指す茶道教室です

 

 

 

 

そのために毎回稽古の度

参考にしていただかる様に

季節の和歌と歳時記の解説をし

室礼も変えています

 

茶道には忘れ去られた

日本の美しい風習が残っています

 

 

 

9月9日は「重陽」

 

 

 

 

 

 

それらの話をしながら

ご家族やお友達に抹茶を振舞ったり

 

お子さんを連れて和菓子屋へ行き

季節の菓子の説明ができたり

 

花一輪と季節の飾りつけをして

抹茶でもてなすと

非日常の演出にぴったりです

 

また抹茶は栄養満点で健康にも合格

 

 

★Instagram

 

 

 

 

 

 

東京 九段教室

茨城 笠間教室

ご見学も承っております

お気軽にお問い合わせ下さい

 



聴き逃してしまった方も

radiko(ラジコ)

タイムフリー機能より

『HAPPYパンチ!◆

をお楽しみください

 

 

 

【海老澤 宗香 茶道教室のごあんない】

 

「東京九段教室」

NEW詳しくはコチラ

≪茶道体験講座開催中☆コチラから≫

次回の稽古は

2020年 8月8日(土)

・歳時記「重陽」

・秋の和歌

・帛紗捌き

・茶巾のたたみ方

・道具の清め方

 

 

「茨城 笠間教室」

NEW詳しくはコチラ

次回の稽古は

2020年 9月4日(金)

2020年 9月5日(土)

※9月6日(日)・7日(月)

・掛軸の名称

・秋の和歌

・小習

 

経験問わず募集中です花火

見学も歓迎しております

事前にご予約をお願いいたします

Email : WAXWANE29.5@gmail.com

※WAXWANEは小文字にして

メール送信してください

12345>|next>>
pagetop