「わび茶でおもてなし」ワークショップ3月・東京都庭園美術館/section


★Instagram

3月3日

東京都庭園美術館
重要文化財の茶室「光華」にて
「わび茶でおもてなし」ワークショップ
を開催させていただきました





当日はあいにくの雨でしたが
満員での開催となりました
ご参加くださった皆さま
ご協力いただいた美術館の皆さま
本当にありがとうございました



ご自宅でも抹茶でのおもてなしを
楽しんでいただきたい
という想いから生まれたプログラム

まずは立礼席で
・わび茶成立の歴史
・抹茶の栽培・製造方法
のお話




私たちは3年間
お家元の元で茶道を学び
日本文化に精通する先生方からの
教えを統括してお伝えできます
 
茶道の本当に重要な
ポイントを解説


続いては広間にて
ご自宅で抹茶を点てる方法



それだけでなく
基本的な所作



抹茶の購入・保存方法
茶筅の手入れの仕方



おいしい抹茶を点てる裏技まで

実演を交えてお教えします



抹茶には必ず和菓子
というわけではありません

干菓子は
庭園美術館オリジナルの
エリカ製のチョコレート




最後はゆっくり小間で一服



心地よい雨音と釜の鳴りが
しばしの沈黙を包みます



釣り釜も3月だけのご馳走ですが

3月3日は雛祭
元は平安時代に中国からきた風習で
上巳の節句といいます



勢いよく芽吹く草から
生命力を補給するピクニック
「踏青」
小高い丘で桃花酒を飲みます


抹茶は山政小山園詰めの「四方の薫」
菓子は鶴屋八幡さんに
特別につくっていただいた
「引千切」



引きちぎった餅の上に
丸めた餡をのせ
子供の頭に三度触れさせて
前途を祝した「戴餅」
という宮中行事

平安時代から受け継がれる
文化を残す素晴らしい日本
これからも伝えていきたいです




茶道具の見どころ
も解説いたします





茶道具の本場岐阜の
陶芸家でもある沼尻さん
地元の作家さんから
作品を借りてきてくださいます



徳田吉美さんの茶碗
失われてしまった技法
「漆蒔」を復活させ
味わい深いにじみがある色合い


じつは
抹茶でおもてなしをするのに
茶室や茶道具は必要ありません

ご自宅で
楽しむ方法をお教えします


★Instagram

 

わび茶でおもてなし

◆ 2018年10月

◆ 2018年11月



東京 九段教室では
毎回 歳時記や和歌などの
お話をして資料をお渡しします



詳しくはコチラをごらんください

日本文化を学び
ご自宅で抹茶でおもてなしをする際に
それをご家族やお客様に伝えることで
日本文化の伝承を担うことができます

たんなる「稽古」ではなく
仕事や暮らしに役立つ
茶道教室を目指しています

 

 

【海老澤 宗香 茶道教室のごあんない】

 

「東京 九段教室」

次回の稽古は

2019年 3月9日(土)

毎月 歳時記と和歌のお話しつき音譜

 

「茨城 笠間教室」

次回の稽古は

2019年 3月22日(金)

2019年 3月23日(土)

毎月 歳時記と和歌のお話しつき音譜

 

 

経験問わず募集中です花火

見学も歓迎しております

事前にご予約をお願いいたします

Email : WAXWANE29.5@gmail.com
※WAXWANEは小文字にして

メール送信してください

<<back|<12345678>|next>>
pagetop