6月お稽古・東京 空海庵/海老澤宗香 茶道教室



花を弄すれば香り衣に満つ

これは于良史の「春山夜月」
という漢詩の一節

春山多勝事 賞翫夜忘帰
掬水月在手 弄花香満衣
興来無遠近 欲去惜芳菲
南望鳴鐘処 楼台深翠微

禅宗では月と花を仏性に見立てて
日常の行為から悟りを導く言葉として
取り上げられていますが

「朱に交われば赤くなる」
と同じような意味を読み取るかたも多く
私もそちらの方がしっくりときます
人間は周囲の影響を受けやすいものです
自分が身を置く環境を
より良くしていきたいですね



6月23日・28日 東京 空海庵にて
代稽古をさせていただきました

 



お子様でも立派に点前ができます
小学生の彼は先月茶会で
薄茶点前を披露しました

グローバル社会だからといって
海外の文化ばかりに目を向けていたら
結局のっぺらぼうになってしまいます
自国の文化に精通してこそ
世界に尊重される存在と
なれるのではないでしょうか





梅雨のおも〜い空気を
爽やかにしてくれるのは
紫陽花だけではありません



夏に涼しい点前
「洗い茶巾」を稽古しました

 



水を張った茶碗を持ち出し
お客様の前で
茶巾(茶碗を拭く布)を絞ったり
建水(湯水を捨てる器)に水を落としたり

より音を響かせるために
金属性の建水が
相応しいとされています

 



何より涼し気な水音を
奏でることが目標です


他のの点前でも
自分が点てる音への意識は重要
そこにも心が現れているからです
歩く時 足袋と畳が擦れる音から
心の余裕は感じられるか
釜に水を注ぐとき
潔さはあるか

普段の生活の中でも自然と
美しい音に気がつきますし
ドアも静かに閉めるように
心がけるようになります

日常を儀式的に昇華させたものが
茶道 なので
暮らしに生かせることが沢山あります

 

 

 

 

 

 

 

【海老澤 宗香 茶道教室のごあんない】

次回の

 

お稽古は 2018年 6月30日(土)

毎月 歳時記と和歌のお話しつき音譜

1月から夜7時の回も追加しました


ワークショップは 2018年7月1日(日)

茶道の神髄「侘び」を体感する

ワークショップですキラキラ

 

いずれも経験問わず募集中ですビックリマーク

見学も歓迎しております

事前にご予約をお願いいたします

Email : WAXWANE29.5@gmail.com
※WAXWANEは小文字にして

メール送信してください

 

 

 

section「茶會記」発売中

(500円税別+送料・振込手数料)

ご希望の方は

郵便番号住所氏名

電話番号希望冊数

をご記入のうえ

メールにてお申込みください

Email : WAXWANE29.5@gmail.com
※WAXWANEは小文字にして

メール送信してください

 

 

pagetop