10月茶道稽古〜開炉〜2018 口切・なごり・中置/海老澤宗香 茶道教室 東京九段・茨城笠間



すっかり日も短くなり



秋桜をよく見かける季節になりました



あれだけ盛大に咲き誇っていた草花も
そろそろ勢いが無くなってきた…
と名残惜しむように
籠花入れにたくさん入れました



「なごりの花」といいます

杜鵑に藍の花…
藍は葉が傷んだところから
すでに藍色が染みだします

それから夏ハゼの実
焼酎に入れる人がいる
と生徒さんに伺って
調べてみると
滋養強壮になるとのこと
昔の人は天然の栄養ドリンクを
飲んでいたのですね
和ろうそくの原料
ハゼとは全くの別物で
かぶれる心配はないそうです

2017年1月茨城県陶芸美術館 祝いの席より

小倉山 峰のもみじ葉 心あらば

  今ひとたびの みゆき待たなむ

紅葉も散り始めた
青森の友人宅ではもう
薪ストーブを焚いています

関東でもそろそろ
コタツが恋しくなってきました

10月27日

海老澤宗香 茶道教室のお稽古

毎月生徒さんの暮らしに役立てていただくため
次月の歳時記のお話をしています

来月11月のテーマは「開炉」



コタツに関する歳時記です



初夏に摘んだ茶が
ちょうど飲み頃になることから
開炉と共に 熟成させていた
茶壷の封を切り最高潮に美味しい楽しむ
「茶人の正月」なんて言われていますが
元々は「夏口切」というのもあり
必ずしも開炉と口切
セットではないのです


しかし
陰の卦で占められる11月から
「一陽来復」の語源ともなっている
陽の卦がだんだんと増えていく
これからの季節を寿ぐことは
茶人らしいのではないでしょうか



来月は笠間教室も畳を新しくして
茶事をしますアップ




中置の稽古



現代では
寒くなってきたので
お客様から水を遠ざけ
火を近づけるもてなし
とされ10月限定の点前
になりました



お茶をしていると
毎月必ず変化があって
じっくり季節を味わう

ことができます





餡に柿を練りこんでつくっていただきました

 




「水戸八景」ご存知ですか?

 

 

「わび茶でおもてなし」ワークショップ・東京都庭園美術館

On November 17, we hold a workshop for foreigners only.

 

 

★Instagram

 

 

 

【海老澤 宗香 茶道教室のごあんない】

 

2018年11月10日

「東京 九段教室」オープン

生徒募集中花火

 

「茨城 笠間教室」

次回の稽古は

2018年 12月14日(金)

2018年 12月15日(土)

(11月は開炉の茶事のため)

毎月 歳時記と和歌のお話しつき音譜

金曜日13時の回が追加されました

 

 

経験問わず募集中ですビックリマーク

見学も歓迎しております

事前にご予約をお願いいたします

Email : WAXWANE29.5@gmail.com
※WAXWANEは小文字にして

メール送信してください

 

 

 

section「茶會記」

「marimekko茶会」 発売中

(各500円税別+送料・振込手数料)

ご希望の方は

郵便番号住所氏名

電話番号希望冊数

をご記入のうえ

メールにてお申込みください

Email : WAXWANE29.5@gmail.com
※WAXWANEは小文字にして

メール送信してください

pagetop