11月茶道稽古〜開炉茶事〜/海老澤宗香 茶道教室 東京九段・茨城笠間





海老澤宗香 茶道教室は
炉開きに合わせて畳を新しくし
茶事をしました









点前だけが茶道ではありません
美味しい料理とお茶は
美しい水屋から









爽やかなイ草の香りは
針葉樹に近いそうで
森林浴をするような
癒し効果があるそうです

 



 

待合床 淡々斎 画賛

茶壷で熟成させた抹茶が
一番美味しくなる季節
抹茶が非常に貴重だった時代
忘れないために


茶人は言葉遊びをしますが
開炉で一番有名なのは
「三べ」
織部 おりべ
伊部 いんべ(備前)
瓢 ふくべ
それぞれ散りばめましたが
瓢は3つ用意しました



初座は掛物で迎えます
陰陽思想では陰が極まる
旧暦11月 これからどんどん
陽の季節へと向かう
希望を込めて


大宗匠筆





食事の前に炭を足して
部屋を暖めます

瓢の炭斗に
大嶋久興先生造
黄瀬戸の宝珠香合



お茶を最高に美味しく
召し上がっていただくため
一汁三菜の食事
愛情込めて手づくり





お酒も楽しみます
正客の盃で全員が酌み交わす
「千鳥の盃」という儀式も



最後にはデザート
亥の子餅




お茶を召し上がっていただく
室礼にするため いったん
お庭に中立していただきます

大寄せの茶会でも
菓子を全て召し上がってから
お茶を飲むというスタイルは
この茶事の流れからかも知れません



後座は花でお迎え

咲いている花は 炉開き
 

食事の匂いが全く残らないのに
びっくりしました!イ草には
消臭・殺菌効果があるそうです

白い椿は 侘助



湯も沸き
まずは濃茶



お祝いなので寿扇棚と
薩摩焼の水指で華やかに
正人造 赤膚焼き茶入
西垣大道作 茶杓
「秋の色」


少し人数も多めのため
せっかくのなで
樂10代 旦入の黒・赤セット
の茶碗 「競い馬」


そして続き薄としました





お茶の世界に入ったのだから
道具にも興味をもっていただきたい
手に取って間近で見て
どこが素晴らしいのか 皆さんと
お話するのも楽しい時間です





「本来の茶道の姿を初めて知って
 ますます励みたいと思った」

「言葉にしなくても
 想いが伝わって感激した」

「見るものは全て美しく
 口にするものは全て美味しかった」

など最高に嬉しい感想をいただきました

 

 

光悦会2018

 

東京 九段教室オープン

「わび茶でおもてなし」ワークショップ・東京都庭園美術館

「茶の湯とくらす」茶会ワークショップ・茨城県陶芸美術館

 

 

 

★Instagram

 

 

 

【海老澤 宗香 茶道教室のごあんない】

 

「東京 九段教室」

次回の稽古は

2018年12月22日(土)

毎月 歳時記と和歌のお話しつき音譜

 

「茨城 笠間教室」

次回の稽古は

2018年 12月14日(金)

2018年 12月15日(土)

毎月 歳時記と和歌のお話しつき音譜

金曜日13時の回が追加されました

 

 

経験問わず募集中です花火

見学も歓迎しております

事前にご予約をお願いいたします

Email : WAXWANE29.5@gmail.com
※WAXWANEは小文字にして

メール送信してください

 

 

 

section「茶會記」

「marimekko茶会」 発売中

(各500円税別+送料・振込手数料)

ご希望の方は

郵便番号住所氏名

電話番号希望冊数

をご記入のうえ

メールにてお申込みください

Email : WAXWANE29.5@gmail.com
※WAXWANEは小文字にして

メール送信してください

 

pagetop