第71回「巧匠会 初冬の会」・東京高田馬場 茶道会館/海老澤宗香 茶道教室 東京 九段・茨城 笠間



今年も 12月8日
巧匠会 初冬の会
の茶会にいってまいりました

(巧匠会の成り立ち)

様々な流派の茶席を楽しめる
巧匠会の茶会 今年は

裏千家
表千家
大日本茶道学会
煎茶道方円流

9日の小堀遠州流は
お家元が釜をかけられました



道具を愛する方々が集まる茶会

濃茶席の橋川宗翠先生のお席では
正客だけでなく全員に立派な茶碗で
お茶をくださいました



茨城からいらっしゃった
石光宗真先生のお席では
蒔絵で美しく描かれた
霞ヶ浦の景色や
宇宙に飛び出す筑波の勢いにふれ
故郷が懐かしく思い出されました



博学な石井仙鞠先生には
大日本茶道学会の成り立ちや
道具の歴史を教えていただきました



茶道研究会 六林会
の趣向は大変楽しく
席主のかたが
檜原村で農業をされているのですが
待合には今まさに収穫されたような
ザルに盛られた枝付の大豆が



配られた番号札は
平成1〜30年で番号がふられ
おみくじ風に
各年の出来事が書かれていました

この日のために掘ってきました!
お仰る根付の瑞々しい青竹には
アワ(粟)・キビ(黍)・ヒエ(稗)
がいれられ
今年の収穫を寿ぐようでした


道具は巧匠会の作家さん達と
相談しながらつくったもの


菓子器は寄せ木で
檜原村の三景を表現し
その上に苫屋が



神田の ささま製で
山景に合わせて特別
つくってくださったそうです
こんなに可愛らしい
上用は初めてで
菓子器と描かれる情景に感動し
写真を撮らせていただきました


今年の干支 三戌蓋置 に
席主手づくりの風炉先には
巧匠会の先生が
眠り猪(しし)を描いていました

inu

最後に正客がおみくじを引くと
私の番号 平成25年が当たり
記念品をいただきました音譜



平成最後の年
待合にて過去の平成を振り返り
本席では「今」を感じてもらおう
という思い入れ
現代の私たちには縁遠くなっている
旬と大地の恵みがあふれ
ご馳走をいただいた
素晴らしいお席でした
来年も良い年になりそうです


★Instagram


◆ 第70周年記念「巧匠会初冬の会」

 

東京 九段教室オープン

「わび茶でおもてなし」ワークショップ・東京都庭園美術館

「茶の湯とくらす」茶会ワークショップ・茨城県陶芸美術館

 

 

 

【海老澤 宗香 茶道教室のごあんない】

 

「東京 九段教室」

次回の稽古は

2018年12月22日(土)

毎月 歳時記と和歌のお話しつき音譜

 

「茨城 笠間教室」

次回の稽古は

2018年 12月14日(金)

2018年 12月15日(土)

毎月 歳時記と和歌のお話しつき音譜

金曜日13時の回が追加されました

 

 

経験問わず募集中です花火

見学も歓迎しております

事前にご予約をお願いいたします

Email : WAXWANE29.5@gmail.com
※WAXWANEは小文字にして

メール送信してください

 

pagetop