桜まつり 野点席・水戸 偕楽園/海老澤宗香 茶道教室 東京九段・茨城笠間

 

4月2日 茨城 水戸の偕楽園で

水戸市主催のさくら祭 野点席を

海老澤社中の大高宗英が担当いたしました

 

桜はまだ咲き始めだったのですが

 

 

天候に恵まれ日差しが温かな1日でした

 

 

お菓子は運平堂製の 光國饅頭

おおみか饅頭 として茨城県民に親しまれているお饅頭ですが

水戸では光國饅頭に変身するんですキラキラ

 

 

偕楽園周辺は掘っても良い水が出なかったのですが

徳川光圀はここ周辺に住む民のために画期的な水道をつくりました

偕楽園に在る  吐玉泉

 

 

今でも弛まなく水が湧き出ているのを見ますと

光圀公への感謝の思いがこみあげます

 

 

 

 

短冊は 紫野 与雲 で茶杓に添ったものです

  直心 

呉竹の 直き心に 習へひと

  憂き節繁げき 世には住むとも

 

光圀公のもうひとつ大きな功績は 大日本史 の編集です

その 大日本史 だけではなく政治思想の学問である 水戸学 は

江戸時代には日本全国の藩校で教えられます

水戸は最先端学問の発信の地だったんです

 

 

そして偕楽園もまた学問施設として

第9代藩主徳川斉昭公により開園されました

都市公園の面積としては世界で2番目ビックリマークという広大な敷地ですが

全ては考え抜かれてつくらています

正門の竹林は陰の世界

お花が愛でられる広場は陽の世界

 

精神をを鎮めて集中して勉強したら

パーっと気晴らしができるように

構成されているんです

良い学問をするには一張一弛が必要なんですね

 

 

 

茨城県は魅力度が低いことで有名ですけれども

世界に誇れる歴史や文化が数多く生まれています

 

 

水指の十牛図のように

私たちが気づいて大切にすべきものは

本当はすぐ近くにありそうですサーチ

 

 

 

 

200人のお客様が訪れて下さいました

ありがとうございましたクローバー

 

 

 

茨城にもすぐそこに春が来ていますあし

 

 

 

 

 

 

 

【海老澤 宗香 茶道教室のごあんない】

 

pagetop