10月茶道稽古 茨城 笠間〜開炉〜/海老澤宗香 茶道教室


★Instagram


10月25日・26日
海老澤宗香茶道教室のお稽古

木犀のいい香りが漂うこの頃


銀木犀は優しい香り



花も残っていますが
みな実をつけ始めました



懐石にも出てくる むかご
芋の種ですが蔓になります



野に咲く竜胆は可憐です
秋丁子

烏瓜
花入は信楽でつくりました音譜


毎月生徒さんの暮らしに

役立てていただくため
歳時記のお話をしています

今回のテーマは「開炉
炉を開く前に
少し肌寒くなってきましたね
火を少しでもお客様に近づけたい
そんな優しが見える
中置」の点前



水指は細いものや小ぶりなものを
つかい客から一番遠くに置かれます

徐々に近づいてくる暖かさに
美しい日本を感じます





風炉釜を飾る珍しい棚
五行棚



一足早い茶人の正月


亥は10月を指しますが
新暦にあてはめると11月になるため
炉を開くのも
各地の玄猪祭りも
11月に行われます

猪を祀る京都の護王神社でも11月には
麗しい女房が行う亥子祭の儀式



境内で亥の子餅をついて配り



夕刻にはその餅を宮中へ献上します



そして宮中から下贈される
亥の子餅の包みが「玄猪包香合」


★Instagram













笠間の菊祭りも終わり
次は紅葉が楽しみですね



このたびは 幣も取りあへず 手向山
 紅葉の錦 神のまにまに   菅家


★Instagram


古代より日本人は
織物を神様に捧げていて
平安時代には布や紙を切ったもの
(幣:ぬさ)を束ね持ち歩いて
旅先で出会う神様に捧げていました

朱雀院とともに訪れた紅葉が美しい手向山
人生の絶頂にある菅原道真の
心を表すような鮮やかな歌です

 

 

 

【海老澤 宗香 茶道教室のごあんない】

 

「東京 九段教室」

≪茶道体験講座開催中≫

次回の稽古は

2019年 11月2日(土)

 

【入門コース】
・歳時記「開炉」
・秋の和歌
・茶会のマナー

 

【基本コース】
・歳時記「開炉」
・秋の和歌
・帛紗捌き
・茶巾のたたみ方
・道具の清め方

 

 

「茨城 笠間教室」

次回の稽古は

2019年 11月22日(金)

2019年 11月23日(土)

・歳時記「事始め」
・冬の和歌

・炉の平点前

 

経験問わず募集中です花火

見学も歓迎しております

事前にご予約をお願いいたします

Email : WAXWANE29.5@gmail.com
※WAXWANEは小文字にして

メール送信してください

pagetop