3月茶道稽古 茨城 笠間〜釣釜・裏千家歴代〜/海老澤宗香 茶道教室 東京 九段・茨城 笠間


★Instagram

3月20・21日
海老澤宗香茶道教室のお稽古



茨城はこれから桜が満開になります



笠間教室ではお稽古で
裏千家歴代の特徴を写した
茶杓をつかっています

お名前を読むだけではなく
そのお人柄を感じながら
「お作」を伝えて欲しい
という気持ちから
今回は裏千家歴代の
お話をしました



風従花裏過来香

もと上の句があり
「水は竹辺より流れ出て冷やかに
 風は花裏より過ぎ来りて香し」

たくさんの賞賛を受けるに値する人は
非常な困難に苦悩し
さまざまな経験を経ている
という教えです


3月の楽しみといえば

釣釜
鎖に吊られた釜が揺れるのを見て
春を感じる趣向



春風は「東風(こち)」ともいいます
陰陽五行の思想で
春は東にあたります

平城京の東にある山
佐保山には春の女神がいて
佐保姫
西にある竜田山には
秋の女神がいます
竜田姫


★Instagram

稽古は「長緒茶入」



紐が長い仕服の扱いで

稽古では「内海」
(たいかい・だいかい)
という平たい茶入が
必ず包まれていますが
形に決まりはありません



平たい茶器は
手のひらに乗せて扱います


 




そして「入子点」
1往復するだけで点前ができます
客も亭主を思いやり
拝見は省略します



最後
水指の上に置く帛紗は
「水次は省略させていただきます」
の合図です


★Instagram


来月8日は花祭り



稽古終わりには皆さんと
甘茶をいただきました

 

 

 

 

【海老澤 宗香 茶道教室のごあんない】

 

「東京九段教室」

NEW詳しくはコチラ

≪茶道体験講座開催中☆コチラから≫

次回の稽古は

2020年 4月11日(土)
・歳時記「端午の節句」
・春の和歌
・帛紗捌き
・茶巾のたたみ方
・道具の清め方

 

 

「茨城 笠間教室」

NEW詳しくはコチラ

次回の稽古は

2020年 4月24日(金)

2020年 4月25日(土)

・茶碗の名称
・春の和歌

・透木釜

 

経験問わず募集中です花火

見学も歓迎しております

事前にご予約をお願いいたします

Email : WAXWANE295@gmail.com
※WAXWANEは小文字にして

メール送信してください

3月茶道稽古 東京 九段 〜灌仏会〜/海老澤宗香 茶道教室 東京 九段・茨城 笠間

★Instagram

 

「花 弄すれば香衣に満つ」

花と戯れるとその香りを自然とまとう様に

身を置く環境で自分は如何ようにも

変化するものです



3月14日 九段教室の茶道稽古



生徒さんの暮らしに役立てていただくため
毎月 スライドを用いてわかりやすく
歳時記と和歌のお話をします




今月のテーマは「灌仏会
花祭り の方が
聞きなれているでしょうか

 

 



4月8日
お釈迦様の誕生をお祝いする日
京都ではほとんどのお寺が
道沿いに花御堂を飾り
とても華やかな雰囲気に包まれます



この日はお釈迦様を祝うとともに
「天上天下唯我独尊」
〜大いなる宇宙の中で
私たちの命はあるがままに尊い〜
というお言葉から
かけがえのない私たちの命に
改めて感謝する日でもあるのです

 




前日に東京では桜の開花宣言がされ



木蓮の花も満開でした



一転朝から冷たい雨
稽古中 ふと窓の外を見ると
雪が降っていました

★Instagram

なんだかいつもより静かに感じ
ぼーっと眺めてしまいます

 

 



ガラス張りの九段教室の外は
千鳥ヶ淵の遊歩道
桜並木に舞う雪をみて
「桜が散っているようですね…」
とつぶやいた生徒さんもいらっしゃいました

 



茶道は
忙しい日々の中で
立ち止まって
今の季節を感じ

思い出や少し先のことに
おもいを馳せる贅沢な時間が過ごせます

一緒にいる皆さんと
共有できるのも楽しみのひとつですね

 

 

 

【海老澤 宗香 茶道教室のごあんない】

 

「東京九段教室」

NEW詳しくはコチラ

≪茶道体験講座開催中☆コチラから≫

次回の稽古は

2020年 4月11日(土)
・歳時記「端午の節句」
・春の和歌
・帛紗捌き
・茶巾のたたみ方
・道具の清め方

 

 

「茨城 笠間教室」

NEW詳しくはコチラ

次回の稽古は

2020年 3月20日(金)

2020年 3月21日(土)

・裏千家歴代
・春の和歌

・釣り釜

 

経験問わず募集中です花火

見学も歓迎しております

事前にご予約をお願いいたします

Email : WAXWANE295@gmail.com
※WAXWANEは小文字にして

メール送信してください

「茨女」取材していただきました!・3月発行 2020 Vol.11/海老澤宗香 茶道教室 東京 九段・茨城 笠間

 

 

★Instagram

 

 

【海老澤 宗香 茶道教室のごあんない】

 

「東京九段教室」

NEW詳しくはコチラ

≪茶道体験講座開催中☆コチラから≫

次回の稽古は

2020年 3月14日(土)
・歳時記「花まつり」
・春の和歌
・帛紗捌き
・茶巾のたたみ方
・道具の清め方

 

 

「茨城 笠間教室」

NEW詳しくはコチラ

次回の稽古は

2020年 3月20日(金)

2020年 3月21日(土)

・裏千家歴代
・春の和歌

・釣り釜

 

経験問わず募集中です花火

見学も歓迎しております

事前にご予約をお願いいたします

Email : WAXWANE295@gmail.com
※WAXWANEは小文字にして

メール送信してください

2月茶道稽古 茨城 笠間〜大炉・四規七則〜/海老澤宗香 茶道教室 東京 九段・茨城 笠間

★Instagram

2月28・29日
海老澤宗香茶道教室のお稽古



水戸偕楽園も梅の花も満開です



茶道の全てと言っても過言ではない
「四規七則」

和 敬 清 寂



そして 利休七則

クローバー 茶は服のよきように
クローバー 炭は湯の沸くように



クローバー 夏は涼しく、冬は暖かに
クローバー 花は野にあるように



クローバー 刻限は早めに
クローバー 降らずとも雨の用意



クローバー 相客に心せよ  

主客ともに心にゆとりを持って
相手を思いやりながら
季節を楽しむ



なかでも「相客に心せよ」が
一番大切だと私は思います

同じ席中に居る人全員が
良い気持ちになれるよう
心を配った行動・発言をしましょう

それが「和」にもつながります





稽古は「大炉



夏は涼しく、冬は暖かに

裏千家特有の大きな炉で
11代 玄々斎が
2月に大切なお客様をお招きする際に
部屋を暖めるために開きました



他にも寒い冬を楽しむ趣向は
お茶が冷めにくい
「筒茶碗」があります



手が小さいかたは
湯呑のように持ってもいいですし



手が大きいかたは
点前座で茶巾をたたみます



寒い日にお客様を思いやる心から
生まれる風情


★Instagram


お茶をしていると
寒いのも暑いのも
良いもんだなぁ と思えます



生徒さんが持ってきてくださった
白イチゴでおやつタイム
お稽古後の楽しみです

 

 

「茨女」取材していただきました!

 

 

https://ameblo.jp/chazenichimi

 

 

【海老澤 宗香 茶道教室のごあんない】

 

「東京九段教室」

NEW詳しくはコチラ

≪茶道体験講座開催中☆コチラから≫

次回の稽古は

2020年 3月14日(土)
・歳時記「花まつり」
・春の和歌
・帛紗捌き
・茶巾のたたみ方
・道具の清め方

 

 

「茨城 笠間教室」

NEW詳しくはコチラ

次回の稽古は

2020年 3月20日(金)

2020年 3月21日(土)

・裏千家歴代
・春の和歌

・釣り釜

 

経験問わず募集中です花火

見学も歓迎しております

事前にご予約をお願いいたします

Email : WAXWANE295@gmail.com
※WAXWANEは小文字にして

メール送信してください

第二回重文わかる茶会・東京都庭園美術館 重文茶室「光華」/section

★Instagram

 

 

令和2年2月23日 

天皇陛下の還暦の御誕生日に虹

東京都庭園美術館 重要文化財 茶室「光華」

 

February 23, 2020

On the birthday of the Emperor's 60th birthday, Tokyo Metropolitan Teien Art Museum

 

皇室ゆかりの茶室にて

第二回「重文わかる茶会」を

開催しました桜

 

第一回「重文わかる茶会」

 

At the tea room related to the imperial family

The 2nd "Tea ceremony to understand Jubun"

Held

 

 

 

 

第一回は昨年5月

新元号「令和」を寿ぐ趣向でした

 

「重文わかる茶会」は

茶道や茶会が初めての方々が

茶会の仕組みマナー 楽しみ方を学ぶ

日本初の「茶会を知るための茶会」です

 

 

 

 

 

 

◼️立礼席

 

茶会とは何か?

茶会のマナーやエチケット

趣向を楽しむ方法をご説明致しました

 

そして今回の茶会は

【天皇陛下の還暦の御誕生日を寿ぐ】を

おもな趣向にしていますお茶

 

そしてなんと偶然

本日誕生日というお客様もいらして

ご一緒にお祝いする事ができました!!

 

 

 

待合に進みます

 

 

 

 

◼待合/広間

 

待合とは、茶会の趣向を暗示する

大切な場所である等々ご説明しました

 

床は

裏千家十一代 御家元 玄々斎宗匠と

一如斎の御染筆で「寿」

長寿の亀が描かれていますカメ

 

そして

ただいま庭園美術館にて20年ぶりに

好評展覧会中のラリックの香水瓶を

和更紗と共に荘りました

 

 

 

 

書院には 上巳の節句にちなみ

海老澤が千代紙で折った雛人形雛人形

 

穢れを祓う紙で作った形代から

立雛そして 座り雛へと変遷した

上巳の節句には、厳しい冬を越した

大地の新しい息吹に

弥栄の願いが込められているようです桜餅

 

 

 

 

またこちらでは 皆さんと一緒に

お菓子の頂き方を学びました

 

 

 

 

本日のお菓子は皇后陛下雅子さまの

優雅な十二単をイメージした

和菓子 「春かさね」をご用意致しました。

 

神楽坂 梅花亭の

ご主人 井上さん に特注致しました

 

餡をさらに白餡で包んだ

コクのある味わいに皆さん

満足いただけたようです

 

 

梅が咲きほこる美しい庭と

池を愛でながら 露地へと進みます

 

 

 

 

 

 

◼露地から躙口へ

 

「露地はただ浮世の外の道なるに

心の塵をなどちらすらむ」

 

利休居士の露地の心得を解説し

蹲踞柄杓の扱いを学びます

 

躙口の意味や 入り方を学び

 

いよいよ本席へ

 

 

 

◼本席/小間

 

 

床は常満寺椿に雪柳

広間にはカメ亀さんがいたので

ここでは鶴首に花を入れました

 

高御座板を用いました

 

 

 

天皇陛下 還暦のお祝いで

水指は 朱の大盃

三百年の齢を得ると伝わる桃花酒をかねて

お客様の健康長寿を願い

酒井博司先生の藍色志野茶碗にて

おもてなしをいたしました

 

image

 ★Instagram

 

 

暖かな春の庭を

皆さんと愛で和みました

 

 

 

いかがでしたでしょうか?

第二回「重文わかる茶会」

 

このように茶道は点前の

稽古だけでなく

和歌や禅語 菓子 花

庭 工芸 着物 茶室等々

日本の総合芸術から

成り立っています

 

必ず誰にも興味がある部分があるはず

だから茶道は面白いですね

 

大化の時代から数えて

248番目に はじめて国書由来である 

万葉集から生まれた「令和」という時代

 

私達はこれからも

皆様の「心や暮らしに生かせる茶道」

伝えていきたいと思います

 

 

第一回「重文わかる茶会」

 

 

 

And this tea party

[Emperor the Emperor's 60th birthday]

Tea that has the main taste

 

The second "Tea ceremony to understand Jubun"

 

The tea ceremony is in front of thisAs well as training, 

Waka and Zen,Sweets, flowers, gardens, crafts,

Kimono, tea room, etc. in Japanese comprehensive art

It is made up.

 

There must always be a part that everyone is interested in.

So the tea ceremony is interesting

 

 

We will continue

A tea ceremony that can be used for your heart and life I want to tell you.

 

 

◾️沼尻宗真ブログ◾️

 

 

【海老澤 宗香 茶道教室のごあんない】

 

「東京九段教室」

NEW詳しくはコチラ

≪茶道体験講座開催中☆コチラから≫

次回の稽古は

2020年 3月14日(土)
・歳時記「花まつり」
・春の和歌
・帛紗捌き
・茶巾のたたみ方
・道具の清め方

 

 

「茨城 笠間教室」

NEW詳しくはコチラ

次回の稽古は

2020年 3月20日(金)

2020年 3月21日(土)

・裏千家歴代
・春の和歌

・釣り釜

 

経験問わず募集中です花火

見学も歓迎しております

事前にご予約をお願いいたします

Email : WAXWANE295@gmail.com
※WAXWANEは小文字にして

メール送信してください

 

Gallé茶会・茨城県陶芸美術館/海老澤宗香 茶道教室 東京 九段・茨城 笠間



2月15日 Gallé茶会

茨城県陶芸美術館にて
3月8日まで開催されている
ガレの陶芸 -世紀末の煌めき-

茶室は茨城の石岡出身の
NUNO 須藤玲子さんの作品
「白雨」をめぐらし


★Instagram


今回の展示では会えない
ガレのガラス作品を飾りました



菓子は笠間稲荷前の松島製
ガレの生まれ故郷
フランスのナンシーで最も有名なお菓子
マカロンを和菓子にアレンジ
中に若草色の餡と豆をはさみました


「春の野」

そして点前座にも
ガレの薄器と
ナンシーの市章
薊の水指



点前座の向こうを床の間に見立て
軸の代わりに古い帯を掛けました



ガレの作品には動植物が登場しますが
日本でも古くから

花や鳥の意匠が多用されています

当時西洋では控えめに中央に描かれていた花
日本の意匠は大胆ですね



展示されている作品にも見られますが
ガレは絵を斜めに配置していたり
全体に不均一に散らしています
それは日本のデザインの影響といわれ



さらに植物学を学ぶため
ナンシーの学校へ留学をしていた
高島北海という画家が描いた
水墨画に衝撃をうけ
ガレの黒いガラスの作品
「悲しみの花瓶」が生まれました



ガレは10代の頃から熱心に
植物採集や研究の手伝いをし
亡くなるまで蘭の論文を書く程
植物学をライフワークとしていました



自宅にも多くの植物を育てていたそうです



ガレの植物への愛を感じるのは
蕾から花を開き枯れるまでを
作品にしていることです



移ろいの美は侘の精神

茶道でも蕾の花を飾り
徐々に花が開くのを見たり


★Instagram


茶室に入る光や湯が沸く音の
変化を楽しんだり



ガレの中には日本人の美学と
通じるものがあったはず



今回の茶会はガレの作品に寄り添い
植物や動物たちのお茶碗が登場しました





最後にはガレ展を担当された
学芸員のかたの解説を聞きながら
鑑賞会をいたしました




★Instagram

茶会は日本の伝統文化に触れるだけでなく
新たな世界との出会いに満ちています

 



もてなす側も
お客さまの笑顔に触れ喜びを感じます

 

 

【海老澤 宗香 茶道教室のごあんない】

 

「東京九段教室」

NEW詳しくはコチラ

≪茶道体験講座開催中☆コチラから≫

次回の稽古は

2020年 3月14日(土)
・歳時記「花まつり」
・春の和歌
・帛紗捌き
・茶巾のたたみ方
・道具の清め方

 

 

「茨城 笠間教室」

NEW詳しくはコチラ

次回の稽古は

2020年 2月28日(金)

2020年 2月29日(土)

・四規七則
・春の和歌

・大炉

 

経験問わず募集中です花火

見学も歓迎しております

事前にご予約をお願いいたします

Email : WAXWANE295@gmail.com
※WAXWANEは小文字にして

メール送信してください

2月茶道稽古 東京 九段 〜上巳の節句〜 体験講座開催中!/海老澤宗香 茶道教室 東京 九段・茨城 笠間


体験講座にご参加いただきました


 

 

 

 

★Instagram


温かいこの頃
もう梅の花が咲いていますね
お菓子は鶯餅
きな粉の色で鶯を表現しています

 

 

 



2月8日 九段教室の茶道稽古

生徒さんの暮らしに役立てていただくため
毎月 スライドを用いてわかりやすく
歳時記と和歌のお話をします



今月のテーマは「上巳
現代では雛祭として
私たちの暮らしに息づいています

平安時代以前に
中国から渡ってきた風習が残っているのは
江戸幕府が宮中行事から5つだけ選び
「五節句」として民衆に広めたことが
きっかけです

武士や商人など
様々な文化を取り込み変化をして
江戸時代以降は「女の子のための節句」
となりましたが元々は老若男女
万人の穢れを祓い長寿を祈る風習です

小手毬と桃を

額賀章夫さんの俵花入に

 


もうすぐバレンタインデー
和歌にも想いを伝えあった
恋の歌がたくさん残っています

名にし負はば 逢坂山のさねかづら
人に知られで くるよしもがな

三条右大臣


当時は物を添えて歌をおくりました
それは文字以上に
多くのことを語ってくれたはず
密かに実葛の蔓が手繰り寄せる恋



恥ずかしそうに咲きかけた春の初花
まだ露のかわかない秋草の花
それらは肉体をこえ
性をこえて
ほのぼのと天使のごとく
青春をはこんでくれた
〜石田吉貞先生「百人一首」より〜


ゆかしい日本の習俗にふれ
私たちの美を発見する教室です

★Instagram

 

 

 




★ 4月11日より「九段教室」が変わります ★

午前の部 10:30〜12:30
午後の部 12:30〜15:30
共に 点前のお稽古 をいたします
よろしくお願いいたしますクローバー
(和歌と歳時記のお話・資料配布は変わりません)

★Instagram

 

 

【海老澤 宗香 茶道教室のごあんない】

 

「東京九段教室」

≪茶道体験講座開催中≫

次回の稽古は

2020年 3月14日(土)
・歳時記「花まつり」
・春の和歌
・帛紗捌き
・茶巾のたたみ方
・道具の清め方

 

 

「茨城 笠間教室」

次回の稽古は

2020年 2月28日(金)

2020年 2月29日(土)

・四規七則
・春の和歌

・大炉

 

経験問わず募集中です花火

見学も歓迎しております

事前にご予約をお願いいたします

Email : WAXWANE295@gmail.com
※WAXWANEは小文字にして

メール送信してください

1月茶道稽古 茨城 笠間〜炭について〜/海老澤宗香 茶道教室 東京 九段・茨城 笠間


★Instagram

1月24・25日
海老澤宗香茶道教室のお稽古

 



今回は炭についてお話をしました



茶道の炭は
昔から日本の家庭で使われている
クヌギの黒炭

燃やした時の香りや
灰になる姿が美しいということで
選ばれました



利休さん以降
客の前で炭を継ぐようになってから
より美しく見栄えがするように
現代では様々な決まり事ができ
それに適うような炭を焼くのは
大変貴重な技術です






稽古は七事式のひとつ「且座」(しゃざ)



札を引き 始めに決まった
役割に徹しなさいという教え

是法住法位
このほうはほういにじゅうす

という偈頌がつけられています



二客が花を入れ



三客が炭をついで湯を沸かし







正客が香を焚いて席中を清めたら






亭主である東が濃茶を練り





半東が薄茶を点てます

 

まるで茶席を全員でつくりあげているよう


★Instagram




稽古の後はお屠蘇で厄払い






★Instagram
毎月日本文化に触れ
ほっとひと息





今年も楽しくお茶ができますように虹

 

 

 

【海老澤 宗香 茶道教室のごあんない】

 

「東京九段教室」

≪茶道体験講座開催中≫

次回の稽古は

2020年 2月8日(土)

 

【入門コース】
・歳時記「上巳の節句」
・春の和歌
・ご自宅での抹茶の点て方

 

【基本コース】
・歳時記「上巳の節句」
・春の和歌
・帛紗捌き
・茶巾のたたみ方
・道具の清め方

 

 

「茨城 笠間教室」

次回の稽古は

2020年 2月28日(金)

2020年 2月29日(土)

・四規七則
・春の和歌

・大炉

 

経験問わず募集中です花火

見学も歓迎しております

事前にご予約をお願いいたします

Email : WAXWANE295@gmail.com
※WAXWANEは小文字にして

メール送信してください

1月茶道稽古 東京 九段 〜節分〜 体験講座開催中!/海老澤宗香 茶道教室 東京 九段・茨城 笠間



明けましておめでとうございます晴れ
本年もよろしくお願いいたします

お正月の菓子といえば
葩餅(花弁餅)



まだ召し上がっていない方も
まだ間に合いますビックリマーク
平安時代に由緒がある菓子が
現代にも
どこの和菓子屋さんでも作っている

日本は素晴らしいですね



1月11日 九段教室の茶道稽古

生徒さんの暮らしに役立てていただくため
毎月 歳時記と和歌のお話をします
今月のテーマは「節分
本当は1年に4回ある節分
どうして豆を投げるのかはてなマーク
鬼のイメージはどこからきたのか目
現代の節分のお祭りについて

毎月 盛沢山のお話を
スライドを用いてわかりやすく
解説いたします



午前の「入門コース」は
全4回で ※( )内次回開催日
・ご自宅での抹茶の点て方 (5月9日)
・わび茶成立の歴史 (2月8日)
・茶会のマナー (3月14日)
・和菓子にみる日本の四季 (4月11日)
を学びます

今回は
「ご自宅での抹茶の点て方」



抹茶はどうやって作られているか
知っていますかひらめき電球

今は誰でも気楽に購入できる抹茶
お家で点ててみたけれど
ダマだらけで美味しくなかったダウン
という経験はございませんか



初めてのかたでも
美味しい抹茶を点てられる
方法をお教えいたします




抹茶の点て方だけではなく

ご自宅が和室でなくても
茶道具が無くても

どなたでも簡単にできる
抹茶でのおもてなし方法があります



茶道のハードルがぐっと下がった音譜
と仰っていただけました



全4回を繰り返し開催しておりますので
途中参加でも全講座を受講していただけます合格





午後の「基本コース」は
正式な点前を実習します

「入門コース」同様
まず和歌と歳時記で
日本の季節を堪能



まとめた資料もお配りしますので
お家で復習もできます



日本では毎月ちがう
季節ごとのお菓子がつくられています





そんな季節の菓子を
抹茶を楽しむ贅沢な時間





実はとっても簡単に実現できます



さらに
ご家族やお友達に一服
美しい点前で
差し上げることができたら
素敵ですね



現代の私たちも活かせる
日本の風習と
飾りつけや花と
日本人として誇らしい暮らしを
ご自身のペースで始めてみませんか

 

九段教室は
≪茶道体験講座も開催中です≫

★Instagram

 

 

 

【海老澤 宗香 茶道教室のごあんない】

 

「東京九段教室」

≪茶道体験講座開催中≫

次回の稽古は

2020年 2月8日(土)

 

【入門コース】
・歳時記「上巳の節句」
・春の和歌
・ご自宅での抹茶の点て方

 

【基本コース】
・歳時記「上巳の節句」
・春の和歌
・帛紗捌き
・茶巾のたたみ方
・道具の清め方

 

 

「茨城 笠間教室」

次回の稽古は

2020年 1月24日(金)

2020年 1月25日(土)

・炭について
・春の和歌

・花月

 

経験問わず募集中です花火

見学も歓迎しております

事前にご予約をお願いいたします

Email : WAXWANE295@gmail.com
※WAXWANEは小文字にして

メール送信してください

「葵會」歳暮茶会・大橋茶寮/海老澤宗香 茶道教室 東京 九段・茨城 笠間


★Instagram


12月28日
大橋茶寮にて開催される
「葵會」歳暮茶会

入口には正月飾りの
根引の松が



平安時代の1月初めの子の日に

松の新芽を引き抜く遊び

「小松引き」が元になっていて
 


東京国立博物館

 

地に足が着きますように
成長し続けますように
という願いが込められています




玄関の火鉢が暖かいおもてなし



裏千家14代淡々斎宗匠が
東京の教場としていた「大橋茶寮」は
戦後や都市開発の大変な時期も
大橋宗乃先生とお母様が守り抜き
文化財となった建物です



擦り減った目が歴史を感じさせる
石臼の飛び石



清らかな水が流れる露地では
超高層ビルに囲まれている事など
忘れてしまいます



敷き松葉 や 雪囲い
冬の風情を楽しみしました



濃茶席の待合
掛物は「不易不難」

難しいと思っていた事でも
やってみると案外

簡単にできてしまうものですよ

というメッセージ
来年は新しいことに
挑戦してみようかな
という気持ちが湧いてきます


菓子は「試み餅」
来年に向けて年末についたお餅を
届けた習慣から生まれたもの



淡々斎宗匠が教えていた
当時のまま残る茶室
お洒落な意匠が
散りばめられていて
見飽きることがありません




大橋宗乃先生の貴重なお話を
伺いながら
如庵の写しでいただく濃茶

御茶は「葵會」のために
淡々斎宗匠が好まれた
「葵の昔」三丘園詰

如庵との違いは
大橋先生のお母様が
「年をとっても点前がしたい」
と点前座に付けられた釣り棚です

お天気にも恵まれ
突き上げ窓から降り注ぐ光で
年末とは思えない明るいお席でした



床は小堀遠州
素晴らしい色になった
宗旦の寸切の竹花入れに
真っ白な椿と照葉が入り
道入の苫屋香合

信楽の水指は
どっしりとしていて柔らかく

11月の開炉で新しく塗り替えられた
炉壇はキリリとして清々しく

霰の矢筈釜がアクセント
となっていました


主茶碗は乾山の黒楽
松の絵が掻き落としで描かれ

次茶碗は松平不昧公所持の御本茶碗
鮮やかな赤味が素晴らしかったです

道入の「笹之葉黒樂茶碗」うつしは
手に収まるのに覗き込むと
果てしなく広い見込み
幕釉が星空のように見えました

茶だまり 練り返し
は余分な土を取った結果
できたもので
茶碗に必要な機能では決して無く
意匠として作為的につくるのは
作品の広がりを限定してしまう
こともあります



 

茶入は黒薩摩「冬籠り」
茶杓は「埋火」
大橋先生がお話になる
今日庵での除夜釜の思い出とともに
拝見いたしました


薄茶席は渋沢宗麗先生
「皆さまへのお歳暮です」
と待合の新巻鮭の画から幕が明け
淡々斎縁のお道具を中心に
華やかなひと時を
過ごさせていただきました


点心席の広間



桂離宮 松琴亭 の市松模様は
有名ですが
欄間と呼応させた意匠に見とれました



美味しいお料理に年越し蕎麦



貴重な空間で歴史を噛みしめながら
一年の締めくくりをさせていただきました

★Instagram

 

 

 

【海老澤 宗香 茶道教室のごあんない】

 

「東京 九段教室」

≪茶道体験講座開催中≫

次回の稽古は

2020年 1月11日(土)

 

【入門コース】
・歳時記「節分」
・春の和歌
・ご自宅での抹茶の点て方

 

【基本コース】
・歳時記「節分」
・春の和歌
・帛紗捌き
・茶巾のたたみ方
・道具の清め方

 

 

「茨城 笠間教室」

次回の稽古は

2020年 1月24日(金)

2020年 1月25日(土)

・炭について
・春の和歌

・花月

 

経験問わず募集中です花火

見学も歓迎しております

事前にご予約をお願いいたします

Email : WAXWANE295@gmail.com
※WAXWANEは小文字にして

メール送信してください

12345>|next>>
pagetop