現代の茶陶展 福々の席・茨城県陶芸美術館・節分・初午・稲荷神社・藁・火鉢・豆まき・お多福・鬼・鶯餅・升/section

2月25日
茨城県陶芸美術館
板谷波山住宅にて呈茶会をしました
今回は 節分 福々の席 ということで


待合は
鬼は外〜!!
という気合で
黄金の升を飾りました

 


波山住宅には床の間が無いので
代わりに入口正面に
巨大むしろドーーーン


皆様のご多幸をお祈りしまして
おたふく を描きました

 

花は口紅に見立てて椿を一輪
おたふくの口元にいれましたキスマーク

 


そして注目の室礼は…
前回ブログ:呈茶会の準備をしました
http://ameblo.jp/ebisoko/entry-12250593940.html
で波山先生窯の前に束ねられていた藁で
なんと壁を覆いつくしました

 


昔懐かし おだかけ の手法を用いています

 

美術館近くにある笠間稲荷が有名ですが
お稲荷さんでは節分の頃になると
初午の祭りがあります
それに因んで豊作祈願と ともに
藁ワラわら笑う門には福来る〜ブルー音符

 

 

席中に藁の良い香りが立ち込めて
田舎の風情が…
点前座の火鉢を囲んでゆったりくつろいでくださいコスモス
ということで
盆略点前になりました

お盆はスペイン グラナダの工芸品を見立てて使用
寄木細工になっているので
福を寄せたいっ と用意させていただきました

 

 

 

亭主はこんなところから登場しますょ

 

 

 

お菓子は笠間稲荷前の「松島」製の
うぐいす餅 上にきな粉がかかっています

升に見立てた生地のお重でお出ししました
升マスます益々繁盛〜アップ

 

ホー ホケキョウっと有難い鳴き声をあげています

 

 


出展作家さんの作品で実際に召し上がっていただく抹茶はやはり格別照れ


全てのお茶碗を手に取って見ていただけます


 

 

 

実は今回3つの「鬼」を隠しておきましたサーチ

 

1つめは
待合にて黄金升の下敷きになっている 鬼のパ●ツ

 

2つめは
一碗目にお出しした「現代の茶陶展」にも出展れている
11代三輪休雪の 鬼萩

 

3つめは
おたふく の裏側に潜む…

 

 

 

 

 

 

 


 

 

 

叫び

 

陰陽の世界観です

このムシロは板谷波山住宅に

引き続き展示していただけることになりましたドンッ

 

 

 

今回足を運んでくださった皆様本当にありがとうございました
お茶を通して沢山の方とお話する機会を頂けて光栄ですドキドキ

 


また、お手伝いいただいた先生と社中のかた
準備期間にもご尽力いただいた美術館スタッフの皆様
厚く御礼申し上げます。

 

 

 

 

 

また全然違ったビックリ室礼ロケットでお迎えする

3月12日 上巳 桃の席 も

茨城県陶芸美術館
0296-70-0011
にて予約受付中です

時間は
10:00〜 / 11:00〜 / 12:00〜 / 
13:00〜 / 14:00〜

 

料金は 500円 です

よろしくお願いいたします。

 

 

【海老澤 宗香 茶道教室のごあんない】

告知!現代の茶陶展 福々の席・茨城県陶芸美術館/section・海老澤宗香 茶道教室 東京九段・茨城笠間

今日は25日に茨城県陶芸美術館にて開催される
呈茶会の準備をしました
 

(1月呈茶会のもよう)

http://ameblo.jp/ebisoko/entry-12241543136.html

 

 

奥に見えるのは波山住宅併設の窯

農作業じゃないですよ
 

 

私は巨大なムシロと格闘中
 

 


今回の室礼も乞うご期待

茨城県陶芸美術館
0296-70-0011
にて予約受付中です

時間は
10:00〜 / 11:00〜 / 12:00〜 / 
13:00〜 / 14:00〜

よろしくお願いいたします

茶道ワークショップ わび茶でおもてなし・茨城県陶芸美術館・歴史・抹茶・花/section・海老澤宗香 茶道教室 東京九段・茨城笠間

金子賢治館長を囲んで参加者の皆さまと

2月11日
茨城陶芸美術館の板谷波山住宅にて
ワークショップを開催いたしました

『わび茶でおもてなし』
というタイトルですが

中身はなんと
2時間で茶道の神髄『侘』に迫るというもの


金子賢治先生にはじめの挨拶をいただき



茶道の歴史
抹茶の製造や効能
を短時間で分かり易く解説



ご自宅でできる 抹茶の点てかた
お茶会でも役に立つ喫茶方法
を実演を交えて説明


お抹茶 と聞くと難しいイメージが先行してしまいますが
『お湯の温度を気にしなくても良いから
煎茶よりも簡単ひらめき電球
という感想も照れ


その後
実際に茶道具を使って
抹茶を点てていただきました


お一人ずつ丁寧に手ほどき


2回目は向かいの方のために
心を込めて点てていただきました


お菓子は地元 笠間稲荷の前の松島製の上用饅頭です


『自分で点てたのと全然違うビックリマーク
『人にたててもらうと美味しいラブラブ
など瞬時に場がホッこりと和み
一碗でおもてなしの素晴らしさを実感クローバー


そしていよいよ
本日のメインイベント
花を入れることで『侘』を体感!!

まずは茶席の花の意味をきちんと説明させていただいた上で

既成概念を破壊し、純粋な意味や精神たけを汲み取る試みです



皆さん僅かな間にテーマに添った花を
とっても美しく入れていただきました




完成したそれそれの作品を前に
お一人ずつテーマに対する想いや
作品で表現した世界観を伺いました

ひとつのテーマに対しても
解釈や発展のしかたはそれぞれで
講師も含めその場にいる全員が新しい発見に唸る
濃厚な時間となりました



おしまいには、
ワークショップを最初から最後まで見届けてくださった

金子先生に講評をお願いしました

茶道の神髄『侘』を体感するという初めての試みに
高い評価をいただき

また、絶対に花器では無い物が花を入れることによって
花と一体化して花器として成立している面白さ
などにも言及され、今回のワークショップに
クリエイティブな付加価値も見出していただきました


無形の物を汲み取るための作業であったにも関わらず
参加者のかたが実際に創り上げた物が
美しく、ずっと眺めていたいお花たちで
私も大変感動いたしましたドンッ

参加されたかがたの作品写真は

期間中 美術館に展示します目
(美術館フェイスブックにても公開中です)


参加していただいた皆様
濃厚で楽しいひと時を 本当にありがとうございました虹

また、多大なるご協力をいただいた美術館スタッフの
かたがたにも感謝申し上げます

抹茶を点てるのは簡単音譜と知っていただき
茶道の神髄は意外とスグそこにあった と
お茶を身近に感じてただけたら幸いです



茨城陶芸美術館でのワークショップは定員に達しました
4月からも海老澤宗香 茶道教室にて開催いたします
【茶道教室のごあんない】



■呈茶会のご案内

2月25日(土)節分 「福々の席」
3月12日(日)上巳 「 桃 の席」

時間
10:00〜/11:00〜/12:00〜/
13:00〜/14:00〜

各回10名 500円

0296-70-0011(茨城県陶芸美術館TEL)
にて予約受付中です。
よろしくおねがいいたします。

1月の茶会のもよう
http://ameblo.jp/ebisoko/entry-12241543136.html

 

 

金子賢治先生のキラリ・茨城県陶芸美術館 館長・工芸/section・海老澤宗香 茶道教室 東京九段・茨城笠間

金子賢治先生に

茨城県陶芸美術館にて開催いたします

ワークショップについて

ふれていただきました。

 

金子先生の

『形式美の中にこそ、

それをわずかに破る

新しい趣向というものが

キラリと光る。』

という言葉に共感いたします。

伝統は確かに大切ですが

同じ事をただ繰り返していても

何の意味もありません。

 

『きらり』とは何なのか

 

今ある素晴らしいモノは

更に遡った良いモノから

抽出した大切な要素を軸に

もっとより良く作り変えたモノ

 

つまり大切な要素に気づけずに

今まで培われた伝統を省みずに

ただ新しくしてもやはり無意味

『キラリ』とは光らないと思うのです

 

『常にキラリを意識することが

歴史をつくり出していく』

 

ワークショップ〜わび茶でおもてなし〜

では茶道の真髄をお教えするだけでなく

体感までしていただきます

 

茨城県陶芸美術館でのワークショップは

定員に達しました

4月以後は海老澤宗香茶道教室にて

開催いたします

【茶道教室のごあんない】

 

沼尻真一氏 現代の茶陶・庄六賞茶盌展 大賞/section・海老澤宗香 茶道教室 東京九段・茨城笠間

今回 茨城陶芸美術館でのイベントを一緒に盛り上げてくださっている

下矢印お点前をしている このかた

茨城県つくば市出身の

沼尻宗真という茶人でもあり

沼尻真一という陶芸家でもあります

 

 

 

に出展されている沼尻氏のお茶碗

『白月盌』は茶陶に最もゆかりのある美濃の

庄六茶碗展で最高賞を受賞した作品です

 

庄六賞を受賞した後

京都で茶道の修行を積まれました

 

私も本家本元で勉強するからこそ見えてくるものがありました

そういうものを全部提げて

多くのかたの協力のもと

故郷で展開させていただくことが叶いました

感謝申し上げます

 

 

茨城県陶芸美術館に是非足を運んでいただいて

沼尻氏のお茶碗ご覧になってください

美濃という重すぎる伝統を踏襲し

更に突き抜けた 美

まさに『現代の茶陶』に相応しい存在感です

 

http://numajiri.jugem.jp/

 

告知!茶道ワークショップ わび茶でおもてなし・茨城県陶芸美術館・歴史・抹茶・花/section・海老澤宗香 茶道教室 東京九段・茨城笠間

2月11日(土)

3月 5日(日)

13時から2時間ほど

茨城県陶芸美術館にてワークショップを開催いたします

 

内容は

・茶道に関する基礎知識

・家で簡単に抹茶を点てる方法

・花を入れながら『わび』を体感

 

お家で気楽に抹茶でおもてなしをしたい

茶道に少し興味がある

 

というかたから

 

茶道の精神性を学びたい

日本文化に関わる作品をつくりたい

 

というかたにも

必ず!!お役に立つ情報満載です

 

会場は茨城県陶芸美術館内の板谷波山住宅

椅子でのワークショップです

2月11日(土)

3月 5日(日)

参加費は1,000円(抹茶、お菓子つき)

事前に予約をお願いいたします

0296-70-0011

(茨城県陶芸美術館 TEL)

 

2月11日(土)、3月 5日(日)の

ワークショップは定員に達しました。

本当にありがとうございました流れ星

 

今後も教場でワークショップ開催いたします

ご参加お待ちしております。

【茶道教室のごあんない】

 

 

茨城県陶芸美術館 『現代の茶陶展』

〜出展作家の茶碗で一服〜

2月25日 節分 福々の席

3月12日 上巳 桃の席

呈茶会もご予約承っております

0296-70-0011

(茨城県陶芸美術館 TEL)

よろしくお願いいたします。

 

板谷波山先生・陶芸/section・海老澤宗香 茶道教室 東京九段・茨城笠間

22日 呈茶会をさせていただいた

茨城県陶芸美術館の板谷波山住宅には床がありません

なので玄関入った土間に

笠間焼の作家 額賀章夫さんが実際に窯でつかっている

棚板とツクをお借りして床を設えました

 

板谷波山先生は

茨城が生んだ素晴らしい陶芸家です

先生の作品は繊細で宝石のように美しく

元が土の塊で

炎の中でつくられるなんて

信じられません

 

教師を辞めて陶芸の道に進んだ波山先生と

家族たちの生活は貧困を極め

食事すらままならない日々

しかし理想を追い続け それを支え続けた家族

窯を焚く薪が足りなくなれば雨戸までぶち壊して燃やし

作品つくりに懸けました

 

そんな波山先生の崇高な魂と

陶芸のまち笠間への敬意を

火で表現しました

 

 

 

 

 

茨城県陶芸美術館 『現代の茶陶展』

〜出展作家の茶碗で一服〜

2月25日 節分 福々の席

3月12日 上巳 桃の席

呈茶会のご予約承っております

0296-70-0011

(茨城県陶芸美術館 TEL)

よろしくお願いいたします。

現代の茶陶展 祝いの席・茨城県陶芸美術館・正月・結び柳・着物・長板/section・海老澤宗香 茶道教室 東京九段・茨城笠間

1月22日 茨城県陶芸美術館にて
呈茶会をさせていただきました
題して
『出展作家の茶碗で一服』


今 茨城県陶芸美術館では
『現代の茶陶展』が開催されています


そこに出展されている作家さんのお茶碗で
抹茶を召し上がっていただく茶会ですカナヘイきらきら

会場は 美術館内の板谷波山住宅
(映画『HAZAN』の撮影でつかわれたロケセットです)


今回は1月なので 正月 祝いの席
というテーマで室礼をしました







茨城は私の故郷でもあるので
お菓子も抹茶も地元のものにこだわりました

ガラス越しに見るしかなかったお茶碗…
を手に取ったお客様の感動が伝わってきて
私も興奮いたしましたカナヘイハート




参加してくださった皆様 本当にありがとうございまいた
これから少しでもお茶を楽しんでいただけたら幸いですカナヘイ花


今後の呈茶席は下記の日程です
毎月ガラっと室礼を変えます

2月25日(土)節分 福々の席
3月12日(日)上巳 桃の席

0296-70-0011 (茨城県陶芸美術館 TEL)
にて予約承り中です

 

 

 

 

 

 

 

【茶道教室のごあんない】

<<back|<8910111213
pagetop