告知!11月21日 わび茶でおもてなし ワークショップ開催・東京都庭園美術館 重要文化財 茶室 光華/section・海老澤宗香 茶道教室 東京九段・茨城笠間



10月21日(日)
東京都庭園美術館
重要文化財 茶室「光華」にて
ワークショップ「わび茶でおもてなし」
を開催いたします


日本の暦を大切にする茶ノ湯は
心を豊かにしてくれます

茶ノ湯を暮らしに取り入れるために
茶室や茶道具は必要ありません

わび茶の成り立ちを知り
ご自宅で抹茶を楽しんだり
おもてなしをする方法を学ぶワークショップです

未経験のかた
茶道のお稽古をしているけれど
自宅での楽しみ方が分からない
というかた
お気軽にご参加ください

その日から楽しんでいただくために
講師おすすめの茶筅をプレゼントいたします



会場である
東京都庭園美術館
アールデコ建築 旧朝霞宮邸
が多くのかたに愛されています

朝香宮鳩彦殿下が昭和11年に上棟された
茶室「光華」
大阪の数奇屋大工 平田雅哉棟梁が手掛け
当時としてはモダンな設計で
大変興味深く貴重な建物です

「わび茶でおもてなし」では
立礼にて椅子での講義
にはじまり
広間にて抹茶を点てる体験
そして最後に
小間で和菓子と抹茶で一服 と
すべてのお部屋を堪能していただけます





【日時】

2018年10月21日(日)
第1回 10:30〜12:30
第2回 14:00〜16:00


【定員】

各回 先着15名
(定員に達ししだい締め切らせていただきます)


【場所】

東京都庭園美術館 茶室「光華」
(重要文化財)

【参加費】

1名様3,000円
※薄茶2服・菓子2種・茶筅つき
参加費とは別に美術館への入場料
(展覧会入場料又は庭園入場料)が必要です

【講師】

§section
沼尻 宗真
海老澤  宗香


【講座内容】 120分

[礼(椅子での講義)
・わび茶成立の歴史
・抹茶の栽培・製法

広間
ご自宅で出来る抹茶の点て方
・実演
・茶筅の練習から点茶
・お菓子と抹茶の召し上がり方
・抹茶の購入について
・ご自宅での楽しみ方(道具・室礼の提案)

小間
抹茶と和菓子で一服


【申込方法】

 

東京都庭園美術館HP

申込みフォームよりお申込ください。


注意事項:
・参加は中学生以上とさせていただきます。
・お電話、FAXではお申込できません 。
・キャンセル待ち及びお時間の変更はできません。
・当日欠席される場合は、開始20分前までにご連絡ください。
・ミニスカート、素足での参加はご遠慮ください。
・アクセサリー類は外してご参加ください。

お問合せ先
東京都庭園美術館 事業企画係 茶会係
Tel 03-3443-0201 Fax 03-3443-3228
E-mail:info@teien-art-museum.ne.jp

 

 

 

10月8日

茨城県陶芸美術館にて開催

「茶の湯とくらす」茶会ワークショップ

もよろしくお願いいたします

 

 

 

★Instagram

 

 

 

 

 

【海老澤 宗香 茶道教室のごあんない】

次回の

 

お稽古は 2018年 9月22日(土)

毎月 歳時記と和歌のお話しつき音譜

1月から夜7時の回も追加しました


ワークショップは 2018年10月28日(日)

茶道の神髄「侘び」を体感する

ワークショップですキラキラ

 

いずれも経験問わず募集中ですビックリマーク

見学も歓迎しております

事前にご予約をお願いいたします

Email : WAXWANE29.5@gmail.com
※WAXWANEは小文字にして

メール送信してください

 

 

 

section「茶會記」

「marimekko茶会」 発売中

(各500円税別+送料・振込手数料)

ご希望の方は

郵便番号住所氏名

電話番号希望冊数

をご記入のうえ

メールにてお申込みください

Email : WAXWANE29.5@gmail.com
※WAXWANEは小文字にして

メール送信してください

 

 

告知!10月8日 茶の湯とくらす 茶会ワークショップ 開催・マリメッコ茶室 真理庵・茨城県陶芸美術館/海老澤宗香 茶道教室 東京九段・茨城笠間



茨城県陶芸美術館にて
9月22日から開催される
「欲しいがみつかる・うつわ展〜笠間と益子〜」
では現代の作家さんがつくる
今の私たちにも求めやすい
魅力的な陶器が展示されています




茶の湯は決して堅苦しいものではなく
普段の生活のなかで楽しみながら
暮らしを彩ることができます

今回の「茶の湯とくらす」茶会ワークショップでは

マリメッコがつくった茶室「真理庵」にて
本格的な和菓子と抹茶を
召し上がっていただいた後に

ご自宅で茶の湯を楽しむ方法を
抹茶の点て方とともに
体験していただけます



写真は5月「marimekko茶会」のものです


未経験のかた
茶道の稽古には通っているけれど
自宅での楽しみ方が分からない
というかた
どうぞお気軽にご参加ください音譜

抹茶を点てるのは本当に簡単ですので
お子様も大歓迎です晴れ

 

 

お申し込みは茨城県陶芸美術館まで

電話 : 0296-70-0011




当日は併設する笠間芸術の森公園にて
陶器イベント「笠間浪漫」が開催されています
併せてお楽しみください



【日時】

10月8日(月・祝)

10:00〜/10:50〜/11:40〜/
13:00〜/13:50〜/14:40〜/15:30


【場所】

茨城県陶芸美術館 地下1階
マリメッコ茶室「真理庵」
(茨城県笠間市笠間2345)


【参加費】

500円
(菓子2種・抹茶2服)


【定員】

各回 8名


【講師】

海老澤 宗香
 

 

 

お申し込みは茨城県陶芸美術館まで

電話 : 0296-70-0011

 

 

 

★Instagram

 

 

 

【海老澤 宗香 茶道教室のごあんない】

次回の

 

お稽古は 2018年 9月22

毎月 歳時記と和歌のお話しつき音譜

1月から夜7時の回も追加しました


ワークショップは 2018年10月28日(日)

茶道の神髄「侘び」を体感する

ワークショップですキラキラ

 

いずれも経験問わず募集中ですビックリマーク

見学も歓迎しております

事前にご予約をお願いいたします

Email : WAXWANE29.5@gmail.com
※WAXWANEは小文字にして

メール送信してください

 

 

 

section「茶會記」

「marimekko茶会」 発売中

(各500円税別+送料・振込手数料)

ご希望の方は

郵便番号住所氏名

電話番号希望冊数

をご記入のうえ

メールにてお申込みください

Email : WAXWANE29.5@gmail.com
※WAXWANEは小文字にして

メール送信してください

 

 

8月茶道稽古 重陽の節句・着せ綿・菊酒・茱萸袋・茶箱/海老澤宗香 茶道教室 東京九段・茨城笠間


白露に 風の吹きしく 秋の野は
 つらぬき留めぬ 玉ぞ散りける  文屋朝康

 

 


日本人は粒になってきらめく露に
特別な美意識を見出していました

三種の神器のひとつに数えられる
 「玉」
とくに白玉と呼ばれた真珠に
見立てていたのかもしれません

吹きすさぶ風に
弾け飛ぶ露が
糸からこぼれて
パッと散る真珠に見えた…
とても美しい情景が浮かびます



8月25日
海老澤宗香茶道教室のお稽古

毎月生徒さんの暮らしに
役立てていただくため
次月の歳時記のお話をしています

来月 9月のテーマは「重陽の節句」

 

 

 

 


中国から渡ってきた風習で
やがて祝い事となりましたが
陽の最高の数字が重なることから
元々は逆に不吉な日とされ
穢れを払う行事が行われていました

中国では
小高い場所にのぼり
菊花酒を飲み健康と長寿を願い
「茱萸袋(ぐみぶくろ)」
を身に着けて厄除けとしていました

 

 

 

 

 

 


野にはすっかり秋がやって来ているのに
まだまだ暑いですね

先月に引き続き「茶箱」の稽古です

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


みなさん浴衣を着てきてくださいました

 

 

 

 

 

 

 


みずみずしくて
不思議と見ているだけで
涼しくなります

組み合わせや帯の結い方も様々で
大変勉強になります

前回は1時間かかったのに
今回は30分で着れました爆  笑
と嬉しい報告も
月に1度でも和の文化に触れる
機会を持つと
思いがけない成長につながります

教室には様々な年代と職種のかた
が集まるので出会いと
情報交換が楽しいです音譜

 

 

 


葛に藪茗荷

 

 



主菓子は「細石(さざれいし)」
 

 

 

 

★Instagram
 

 

 

 

 

 

 

【海老澤 宗香 茶道教室のごあんない】

次回の

 

お稽古は 2018年 9月22日(土)

毎月 歳時記と和歌のお話しつき音譜

1月から夜7時の回も追加しました


ワークショップは 2018年10月28日(日)

茶道の神髄「侘び」を体感する

ワークショップですキラキラ

 

いずれも経験問わず募集中ですビックリマーク

見学も歓迎しております

事前にご予約をお願いいたします

Email : WAXWANE29.5@gmail.com
※WAXWANEは小文字にして

メール送信してください

 

 

 

section「茶會記」

「marimekko茶会」 発売中

(各500円税別+送料・振込手数料)

ご希望の方は

郵便番号住所氏名

電話番号希望冊数

をご記入のうえ

メールにてお申込みください

Email : WAXWANE29.5@gmail.com
※WAXWANEは小文字にして

メール送信してください

 

国立新美術館 所蔵!§section茶會記 茨城県陶芸美術館 板谷波山住宅・§marimekko茶会 マリメッコ茶室 真理庵/section・海老澤宗香 茶道教室 東京九段・茨城笠間

 

本年2018年5月に茨城県陶芸美術館にて

開催させていただきました

marimekko茶会

その様子をメイキングと共に収録した

 

「§marimekko茶会」

 

 

そして

昨年2017年に茨城県陶芸美術館
板谷波山住宅で
sectionが開催した茶会
「祝の席」「福々の席」
「桃の席」「侘ワークショップ」
模様が収められている

 

「§section茶會記」

 

 

の2冊が 国立新美術館 美術資料室所蔵となりました

 

 

東京 六本木にある 国立新美術館

 

 

今年1月にコラボレーション茶会をさせていただいた

NUNO 須藤玲子さん の こいのぼりなう!

が記憶に新しいかたもいらっしゃるのではないでしょうか

 

 

 

 

「§section茶會記」

「§marimekko茶会」

は販売もしております

(各500円税別+送料・振込手数料)

ご希望の方は

郵便番号住所氏名

電話番号希望冊数

をご記入のうえ

メールにてお申込みください

Email : WAXWANE29.5@gmail.com
※WAXWANEは小文字にして

メール送信してください

 

 

 

 

 

【海老澤 宗香 茶道教室のごあんない】

次回の

 

お稽古は 2018年 8月25日(土)

毎月 歳時記と和歌のお話しつき音譜

1月から夜7時の回も追加しました


ワークショップは 2018年10月28日(日)

茶道の神髄「侘び」を体感する

ワークショップですキラキラ

 

いずれも経験問わず募集中ですビックリマーク

見学も歓迎しております

事前にご予約をお願いいたします

Email : WAXWANE29.5@gmail.com
※WAXWANEは小文字にして

メール送信してください

茨城新聞 に掲載していただきました/海老澤宗香 茶道教室 東京九段・茨城笠間

2018年8月14日の茨城新聞に
掲載していただきました晴れ
「侘び」と聞くと
よく分からなくて…難しいあせる
と思われがちですが
実はすでに皆さんの中にある感覚です
日本人が千年以上にわたって
美意識を洗練させてきた
和歌にもヒントが隠されています
京都で3年間
歳時記・歴史・工芸・美術
茶道に関わる様々な分野を
日本最高峰の先生方から学びました
それをひとつに要約し
他では教えていない
ワークショップを開催しています
自国の文化に精通する
というよりも
より日常を豊かに暮らすために
気楽に足を踏み入れてみてください

【海老澤 宗香 茶道教室のごあんない】

次回の

 

お稽古は 2018年 8月25日(土)

毎月 歳時記と和歌のお話しつき音譜

1月から夜7時の回も追加しました


ワークショップは 2018年10月28日(日)

茶道の神髄「侘び」を体感する

ワークショップですキラキラ

 

いずれも経験問わず募集中ですビックリマーク

見学も歓迎しております

事前にご予約をお願いいたします

Email : WAXWANE29.5@gmail.com
※WAXWANEは小文字にして

メール送信してください

 

 

 

section「茶會記」発売中

(500円税別+送料・振込手数料)

ご希望の方は

郵便番号住所氏名

電話番号希望冊数

をご記入のうえ

メールにてお申込みください

Email : WAXWANE29.5@gmail.com
※WAXWANEは小文字にして

メール送信してください

 

 

7月茶道稽古 八朔・京都 五山の送り火・彼岸・浴衣・茶箱/海老澤宗香 茶道教室 東京九段・茨城笠間



来月8月16日は京都五山送り火
再び冥府へと帰る
お盆に迎えたご先祖様たちを
送る火
5つの山いっぱいに
松明で絵を描くという
信仰心とパワーに圧倒されます



夏は涼しき加茂川で
飛んで火に入る虫もあり



庭の槿を虫籠に



 

 


毎月生徒さんの暮らしに

役立てていただくため
次月の歳時記のお話をしています

来月 8月のテーマは「八朔」
日本の風習は中国から渡ってきて
宮中から民衆へと広がったものが多いですが
八朔は農民から始まり
お中元となり
現代でも残っています
詳しくはコチラをごらんください



ぐらぐら湯を沸かすのも暑いあせる
という夏は鉄瓶で茶箱の稽古



茶箱は道具一式を箱に詰めて
持ち運べるので
外で抹茶を楽しむ
「野点」を想定して
点前がつくられています



茶碗には
古帛紗を敷いて出します

昔は釜の口の大きさに合わせて
柄杓も作られ
定形はありませんでした

それと同じように
茶箱にもかつては
様々なサイズがあり
海老澤家には大きい茶箱もあります



 

花の王様 牡丹を

葛で涼し気な菓子にした

水牡丹




7月いっぱいで祇園祭も終わります



毎年 山鉾巡行に参列している
生徒さんからお土産をいただきました



連日の猛暑が心配でしたが
今年は手厚い暑さ対策がとられ
去年よりも快適だったそうです





朝顔や つるべ取られて もらひ水
                加賀千代女

 

 

 

★Instagram

 

 

 

【海老澤 宗香 茶道教室のごあんない】

次回の

 

お稽古は 2018年 8月25日(土)

毎月 歳時記と和歌のお話しつき音譜

1月から夜7時の回も追加しました


ワークショップは 2018年10月28日(日)

茶道の神髄「侘び」を体感する

ワークショップですキラキラ

 

いずれも経験問わず募集中ですビックリマーク

見学も歓迎しております

事前にご予約をお願いいたします

Email : WAXWANE29.5@gmail.com
※WAXWANEは小文字にして

メール送信してください

 

 

 

section「茶會記」発売中

(500円税別+送料・振込手数料)

ご希望の方は

郵便番号住所氏名

電話番号希望冊数

をご記入のうえ

メールにてお申込みください

Email : WAXWANE29.5@gmail.com
※WAXWANEは小文字にして

メール送信してください

7月茶道稽古・東京 空海庵/海老澤宗香 茶道教室 東京九段・茨城笠間



夏だ晴れ京都だ神社祇園祭だビックリマーク


7月いっぱい開催される祇園祭も
終盤にさしかかり
今年は猛暑のために
花傘巡行は中止されました


撮影:今宮康博さん


高温多湿の日本の夏
吸湿作用がある畳の上は
清涼感があって気持ちいーいキラキラ




7月5日・25日 東京 空海庵にて
代稽古をさせていただきました

 





畳の目は茶人の物差し
い草の網目 ひと山ひと山に
気を配ります



神経質になる特訓ではありません
感覚を磨いているのです

際を整えれば全体が美しく見える
というのは本当です
指先の動きから
髪型
着付け
それは
テーブルクロスや
家具の配置にまで
さらには
建築物から
都市計画にまで
応用が効きます

 

 

 

 

★Instagram

 

 

 

【海老澤 宗香 茶道教室のごあんない】

次回の

 

お稽古は 2018年 7月28日(土)

毎月 歳時記と和歌のお話しつき音譜

1月から夜7時の回も追加しました


ワークショップは 2018年10月28日(日)

茶道の神髄「侘び」を体感する

ワークショップですキラキラ

 

いずれも経験問わず募集中ですビックリマーク

見学も歓迎しております

事前にご予約をお願いいたします

Email : WAXWANE29.5@gmail.com
※WAXWANEは小文字にして

メール送信してください

 

 

 

section「茶會記」発売中

(500円税別+送料・振込手数料)

ご希望の方は

郵便番号住所氏名

電話番号希望冊数

をご記入のうえ

メールにてお申込みください

Email : WAXWANE29.5@gmail.com
※WAXWANEは小文字にして

メール送信してください

 

仙遊之式・東京 佳翠会・炭手前・玄々斎/海老澤宗香 茶道教室 東京九段・茨城笠間



長谷川宗佳先生の教場にて
仙遊之式をしました
仙遊は裏千家11代家元 玄々斎
且座をもとに考案した式で
且座のように略式では無く

花も全員が入れ

 


炭をついだら

 


香を2種炊き
濃茶を皆で飲んだら
薄茶は花月でやります

 

 



玄々斎は10歳のころ
松平家から裏千家の
養子となりました

江戸から明治に移る
西洋文化が押し寄せた時代
大名の子としての気概か
本当にパワーが凄いかたで

茶道の学問的な部分を深めたり
色々な事を発案しました


仙遊の他にも気楽に楽しめる
茶箱の点前を増やしたり




明治5年の第1回京都博覧会
では外国のかたに
お茶を差し上げるために
点茶盤を発明
椅子とテーブルでのお点前
立礼式が生まれました




茶道は正座でしかできないと
思っていませんか
苦しくて辛いのが茶道ではありません
少しでも興味が有るかたは
一度お茶の世界を
垣間見てみてください

 

 

 

 

★Instagram

 

 

 

 

 

【海老澤 宗香 茶道教室のごあんない】

次回の

 

お稽古は 2018年 7月28日(土)

毎月 歳時記と和歌のお話しつき音譜

1月から夜7時の回も追加しました


ワークショップは 2018年10月28日(日)

茶道の神髄「侘び」を体感する

ワークショップですキラキラ

 

いずれも経験問わず募集中ですビックリマーク

見学も歓迎しております

事前にご予約をお願いいたします

Email : WAXWANE29.5@gmail.com
※WAXWANEは小文字にして

メール送信してください

 

 

 

section「茶會記」発売中

(500円税別+送料・振込手数料)

ご希望の方は

郵便番号住所氏名

電話番号希望冊数

をご記入のうえ

メールにてお申込みください

Email : WAXWANE29.5@gmail.com
※WAXWANEは小文字にして

メール送信してください

 

 

七月大歌舞伎 伊藤園 おーいお茶 貸切公演 大茶会・中谷美紀・久保田紗友・とらや・七夕/海老澤宗香 茶道教室 東京九段・茨城笠間



7月7日 歌舞伎座にて毎年恒例の
七月大歌舞伎 伊藤園貸切公演

 



ご招待のお客様に
伊藤園の抹茶を召し上がっていただく
大茶会が今年も開催され
お手伝いをさせていただきました








「おーいお茶」ファンの方は多いと思いますラブラブ
お客様へのスぺシャルな恩返しには
毎回心を打たれますが


なんと今回は
中谷美紀さんが点前をして



久保田紗友さんが半東



という贅沢な茶会アップ
お二人が登場するたびに
歓声と大きな拍手が沸き起こりました




代表取締役会長    本庄八郎さんは
茶畑からつくり
本物をお届けしたいという
信条を持っていらっしゃるかた

水屋にまで御挨拶にいらしてくださり
お客様に差し上げる前に
抹茶を召し上がって
ご指導いただきました



そんな本庄会長の元で働く社員のかたたちは
皆さんいつも楽しそうで
美しい和服を着て
お客様ひとりずつ
お茶を手渡しされていました



手を抜いても
事は運びますが
積み重なっていくものが違うはず
信念を持って仕事をしたいです
 

 

 

Instagram

 

 

 

【海老澤 宗香 茶道教室のごあんない】

次回の

 

お稽古は 2018年 7月28日(土)

毎月 歳時記と和歌のお話しつき音譜

1月から夜7時の回も追加しました


ワークショップは 2018年10月28日(日)

茶道の神髄「侘び」を体感する

ワークショップですキラキラ

 

いずれも経験問わず募集中ですビックリマーク

見学も歓迎しております

事前にご予約をお願いいたします

Email : WAXWANE29.5@gmail.com
※WAXWANEは小文字にして

メール送信してください

 

 

 

section「茶會記」発売中

(500円税別+送料・振込手数料)

ご希望の方は

郵便番号住所氏名

電話番号希望冊数

をご記入のうえ

メールにてお申込みください

Email : WAXWANE29.5@gmail.com
※WAXWANEは小文字にして

メール送信してください

 

7月 侘び を体感する茶道ワークショップ・歴史・抹茶・花/海老澤宗香 茶道教室 東京九段・茨城笠間



7月1日
ワークショップ「侘び茶でおもてなし」
を開催しました

茶道の源流「侘び」を講義で知ったうえで
花を入れながら
その心を感じてみようという
前代未聞のワークショップ雷

更には
抹茶をご自宅で楽しんでいただく術も
お教えいたします



詳しい内容はコチラ
過去の開催記をごらんください

 

2017年


■ 4月23日


■ 5月28日


■ 7月23日

 

■ 12月17日




今回の参加者には
小学生の女の子も



このワークショップでは
おひとりずつと
お話しながら進めますが



知識のフィルターを通して
考えてしまう大人とは違った
新しい視点を与えてくださり
私を含め参加者の皆さまにとって
良い刺激になりました









そして今回も嬉しいお便りがありました
お好きな花を
持ち帰っていただくのですが



ご自宅で花を入れて
写真を送ってくださったのですアップ



花器は
割れてしまったお気に入りの急須
捨てられずにいたけれど
生かせて良かったラブラブ
と喜んでいらっしゃいました


本格的な和室でゆっくり過ごし
非日常を味わうのも良いですが
やはり普段のくらしに
茶道を生かしていただく事が
私が目指しているところです
日々が特別なものになりますよ虹

 

 

 

【皆さまの作品】

 

 

 

 

 

 

 

 

 


日本の大切な感性「侘び」を知り

更に語れるというのは

海外ではもちろん

現代においては国内でも

大きな強みになります

全国の企業や学校など
出張ワークショップも承ります
ぜひお問い合わせください

Email : WAXWANE29.5@gmail.com
※WAXWANEは小文字にしてメール送信してください


 

 

 

【海老澤 宗香 茶道教室のごあんない】

次回の

 

お稽古は 2018年 7月28日(土)

毎月 歳時記と和歌のお話しつき音譜

1月から夜7時の回も追加しました


ワークショップは 2018年10月28日(日)

茶道の神髄「侘び」を体感する

ワークショップですキラキラ

 

いずれも経験問わず募集中ですビックリマーク

見学も歓迎しております

事前にご予約をお願いいたします

Email : WAXWANE29.5@gmail.com
※WAXWANEは小文字にして

メール送信してください

 

 

 

section「茶會記」発売中

(500円税別+送料・振込手数料)

ご希望の方は

郵便番号住所氏名

電話番号希望冊数

をご記入のうえ

メールにてお申込みください

Email : WAXWANE29.5@gmail.com
※WAXWANEは小文字にして

メール送信してください

 

<<back|<1234567>|next>>
pagetop