告知!IBS 茨城放送 生出演  7月3日 14:10〜/海老澤宗香 茶道教室 東京九段・茨城笠間



7月3日 14:10〜
茨城放送の
スクーピーレポート
に出演させていただきます

日曜以外の毎日ビックリマーク

茨城の魅力を発掘発信している番組
5分ほどの生放送です

 



茨城県外のかたでも下記の方法で
聴いていただけます

■ スタジオの様子を生配信

■ radiko

 

 

 

川嶋志乃舞さんの「ニッポンキラキラジオ」

 

 

 

【海老澤 宗香 茶道教室のごあんない】

次回の

 

お稽古は 2018年 7月28日(土)

毎月 歳時記と和歌のお話しつき音譜

1月から夜7時の回も追加しました


ワークショップは 2018年10月28日(日)

茶道の神髄「侘び」を体感する

ワークショップですキラキラ

 

いずれも経験問わず募集中ですビックリマーク

見学も歓迎しております

事前にご予約をお願いいたします

Email : WAXWANE29.5@gmail.com
※WAXWANEは小文字にして

メール送信してください

 

 

 

section「茶會記」発売中

(500円税別+送料・振込手数料)

ご希望の方は

郵便番号住所氏名

電話番号希望冊数

をご記入のうえ

メールにてお申込みください

Email : WAXWANE29.5@gmail.com
※WAXWANEは小文字にして

メール送信してください

 

 

6月お稽古・東京 空海庵/海老澤宗香 茶道教室



花を弄すれば香り衣に満つ

これは于良史の「春山夜月」
という漢詩の一節

春山多勝事 賞翫夜忘帰
掬水月在手 弄花香満衣
興来無遠近 欲去惜芳菲
南望鳴鐘処 楼台深翠微

禅宗では月と花を仏性に見立てて
日常の行為から悟りを導く言葉として
取り上げられていますが

「朱に交われば赤くなる」
と同じような意味を読み取るかたも多く
私もそちらの方がしっくりときます
人間は周囲の影響を受けやすいものです
自分が身を置く環境を
より良くしていきたいですね



6月23日・28日 東京 空海庵にて
代稽古をさせていただきました

 



お子様でも立派に点前ができます
小学生の彼は先月茶会で
薄茶点前を披露しました

グローバル社会だからといって
海外の文化ばかりに目を向けていたら
結局のっぺらぼうになってしまいます
自国の文化に精通してこそ
世界に尊重される存在と
なれるのではないでしょうか





梅雨のおも〜い空気を
爽やかにしてくれるのは
紫陽花だけではありません



夏に涼しい点前
「洗い茶巾」を稽古しました

 



水を張った茶碗を持ち出し
お客様の前で
茶巾(茶碗を拭く布)を絞ったり
建水(湯水を捨てる器)に水を落としたり

より音を響かせるために
金属性の建水が
相応しいとされています

 



何より涼し気な水音を
奏でることが目標です


他のの点前でも
自分が点てる音への意識は重要
そこにも心が現れているからです
歩く時 足袋と畳が擦れる音から
心の余裕は感じられるか
釜に水を注ぐとき
潔さはあるか

普段の生活の中でも自然と
美しい音に気がつきますし
ドアも静かに閉めるように
心がけるようになります

日常を儀式的に昇華させたものが
茶道 なので
暮らしに生かせることが沢山あります

 

 

 

 

 

 

 

【海老澤 宗香 茶道教室のごあんない】

次回の

 

お稽古は 2018年 6月30日(土)

毎月 歳時記と和歌のお話しつき音譜

1月から夜7時の回も追加しました


ワークショップは 2018年7月1日(日)

茶道の神髄「侘び」を体感する

ワークショップですキラキラ

 

いずれも経験問わず募集中ですビックリマーク

見学も歓迎しております

事前にご予約をお願いいたします

Email : WAXWANE29.5@gmail.com
※WAXWANEは小文字にして

メール送信してください

 

 

 

section「茶會記」発売中

(500円税別+送料・振込手数料)

ご希望の方は

郵便番号住所氏名

電話番号希望冊数

をご記入のうえ

メールにてお申込みください

Email : WAXWANE29.5@gmail.com
※WAXWANEは小文字にして

メール送信してください

 

 

create studio kuchibue 茶會記・デザイナー・和小物・茶会記/section・海老澤宗香 茶道教室 東京九段・茨城笠間

§sectionの「茶會記」を製作していただいた
create studio kuchibue(クチブエ)さんが
ブログで「茶會記」を紹介してくださいました


クチブエさんは和小物も製作しています
確かな技術とセンスで 以前も
茶事で使用する仕覆(茶入を包む袋)
を作っていただきました

大切な人に贈る洋服を選ぶように

道具を包む裂地を探す音譜

いっそう思い入れが深くなります

宝物が増えると心も豊かにキラキラ

 

 

 

§sectionの茶会つくりへの想いがこもった

「茶會記」 発売中です

(500円税別+送料・振込手数料)

よろしくお願いいたします

 

ご希望の方は

郵便番号住所氏名

電話番号希望冊数

をご記入のうえ

メールにてお申込みください

Email : WAXWANE29.5@gmail.com
※WAXWANEは小文字にして

メール送信してください

 

 

 

 

 

【海老澤 宗香 茶道教室のごあんない】

次回の

 

お稽古は 2018年 6月30日(土)

毎月 歳時記と和歌のお話しつき音譜

1月から夜7時の回も追加しました


ワークショップは 2018年7月1日(日)

茶道の神髄「侘び」を体感する

ワークショップですキラキラ

 

いずれも経験問わず募集中ですビックリマーク

見学も歓迎しております

事前にご予約をお願いいたします

Email : WAXWANE29.5@gmail.com
※WAXWANEは小文字にして

メール送信してください

 

 

 

 

裏千家 今日庵 ハワイ協会 訪問・ハワイの茶道・ワイキキ・カラカウア通り/海老澤宗香 茶道教室 東京九段・茨城笠間



裏千家は世界37ヶ国・地域111ヶ所に
海外出張所・協会があり
世界中に茶道を普及しています

ハワイは初めて海外の協会が設立された

地でもあり 昨年で設立65周年を迎えました


熱心に茶道をされている方が多く
ハワイ州だけでも

ハワイ協会
ヒロ協会
カウアイ協会
コナ協会
マウイ協会

と5つもの協会があります



6月18日
ハワイ出張所を訪れました



ワイキキのメインストリート
カラカウア通り
ブランド街から横道に入り





トランプ インターナショナル ホテル
のそばに裏千家ハワイ出張所があります



まさに市中の山居
一歩中に入ると世界が一変します



京都の裏千家茶道専門学校にて
お世話になった村田先生と
ハワイ在住の学輩が迎えて下さいました



京都の職人が建てた
数寄屋つくりの茶室「汎洋庵」


他にも ハワイ大学茶室「寂庵」などがあり


 

ハワイに暮らす日本人だけでなく

学校では単位が取れる茶道の授業があったり

日本語を専攻する学生や

ポップカルチャーに興味があるかたが

入門されて茶道を学んでいます




海外に茶道を広めた
千 玄室大宗匠の軸と



燦燦とした太陽を思わせる
花が迎えてくれました




湿度が低いハワイでは
クーラーが無くても
窓を開けると心地よい風が抜けます


地元のお菓子を用意してくださいました



ドライフルーツや
レモンピールにロコのソウルフード
リヒムイパウダーをまぶしたもの

和菓子でなくても
抹茶にあうお菓子は世界中にあります




村田先生の手捏ねの茶碗で一服



ハワイでつくった楽茶碗
ドラム缶で焼いて
高温の状態で引き出して
新聞紙で包むように火消壺に入れると
煤が貫入に入り込み
このような表情になるそうです

轆轤を使わない楽茶碗は
手に馴染む優しい感触



花月にも参加させていただきました





人がいる空間はどこでもそうですが
特に水屋には
使う方々が心掛けないと
不精な空気が蓄積します
整理整頓された清々しい水屋に
心が洗われました

 

 

点前は水屋から始まるといわれています

裏千家学園では点前以上に
灰形や炭切 道具の位置
各道具の清め方 露地掃除
軸の掛け方 茶花の入れ方
菓子や懐石作りなど
一連の水屋仕事を
3年間学びます

なので
茶道稽古というと
点前を
イメージすると思いますが

実はお客様の前に
映って見える
点前は2割

目には見えない
8割の水屋仕事が
実際の茶道です

さらに茶室・道具の格
の知識なども必須です


だから
水屋の働きが
いかに 大切か
ご理解頂けると思います



日付変更線を超えた地で
一緒に汗を流して学んだ方たちと
一座を共にできるなんて
かけがえのない時間を
過ごさせていただきました虹



常夏の楽園ハワイに茶道というと違和感を
感じる方もいらっしゃるかもしれません

しかし雨が続く時期や
緩やかな気温の変化があり

ゴールデンシャワーツリーの

黄色い花が咲くと
「ああ、春だなぁ。」
と思うそうです
日本の桜みたいですね



時間の流れを実感したり
また訪れる季節を期待する
それこそがお茶です


また
ハワイの伝統 フラも
どの先生に習ったのかという
bloodline(血統)
を重んじるといいます
茶道も師の師を辿り
自分のルーツを認識するという事が大切
同じ精神を重んじている文化に
親しみを覚えました

ハワイと結びつけられる
日本で古くから使用されている
モチーフも有り
例えば
青海波や 波 水の文様



瓢箪は



ハワイに自生しており
フラの楽器として利用されてきました




日本のものを持って来なくても
土地のもので楽しむこともできます

ハワイ協会では
通常は竹で削られる茶杓を
「精霊の宿る木」
としてハワイで愛されてきたコアの木
を削り作っていらっしゃいました



木目がとっても美しいコアは
ウクレレにも用いられるそうです


私達も先日のmarimekko茶会では
フィンランドの国樹
白樺で茶杓を作りました


京都で学んだからといって
そのままやる必要は無く
伝統を知ったうえで
お茶をする土地に合わせて
アレンジを加えることが大切です
土地の歴史や歳時記を学び
季節に敏感になり
それを生活に取り入れて
お客様や家族をもてなすことで
その土地の伝承者となるのです







ハワイ出張所
Urasenke Hawaii Branch
245 Saratoga Road
Honolulu, HI 96815
U.S.A.
Tel: 808-923-1057
Fax: 808-923-3784
urasenke.hi@gmail.com

 

 

 

 

【海老澤 宗香 茶道教室のごあんない】

次回の

 

お稽古は 2018年 6月30日(土)

毎月 歳時記と和歌のお話しつき音譜

1月から夜7時の回も追加しました


ワークショップは 2018年7月1日(日)

茶道の神髄「侘び」を体感する

ワークショップですキラキラ

 

いずれも経験問わず募集中ですビックリマーク

見学も歓迎しております

事前にご予約をお願いいたします

Email : WAXWANE29.5@gmail.com
※WAXWANEは小文字にして

メール送信してください

 

 

 

section「茶會記」発売中

(500円税別+送料・振込手数料)

ご希望の方は

郵便番号住所氏名

電話番号希望冊数

をご記入のうえ

メールにてお申込みください

Email : WAXWANE29.5@gmail.com
※WAXWANEは小文字にして

メール送信してください

5月茶道稽古 夏越しの祓・京都 上賀茂神社・楢の小川・人形・茅の輪/海老澤宗香 茶道教室 東京九段・茨城笠間



春すぎて 夏来にけらし 白妙の
   衣ほすてふ 天の香具山   持統天皇

初夏 新緑の美しい山に
たなびく真白な反物と
青い空のコントラスト
爽やかな景色が浮かぶ百人一首2番目の歌

5月27日は百人一首の日です
藤原定家は2首ずつペアで歌を選んでいます
持統天皇の歌と対になっているのは
お父さんの天智天皇

秋の田の 仮庵の庵の 苫をあらみ 
   わが衣手は 露にぬれつつ

田んぼの中
藁で粗末に編まれた小屋で
夜露に濡れながら
じっと獣の番をする一夜

親子という関係性から
歌自体のドラマチックなコントラスト
定家のセンスには感服します
百人一首は様々な楽しみ方ができる歌集です



5月26日 海老澤宗香茶道教室でのお稽古
毎月生徒さんの暮らしに
役立てていただくため
次月の歳時記のお話をしています

来月6月のテーマは「夏越しの祓」
「年越の祓」(12月31日)とセットで
半年分の穢れを祓う大切な行事です

日本の節句はほとんどが中国から渡ってきた風習ですが
「夏越しの祓」は日本独自の習慣
日本神話の伊弉諾尊(いざなぎのみこと)の
禊祓(みそぎはらひ)が起源といわれています

京都 上賀茂神社での「夏越の大祓」
百人一首にも歌われるほど古い行事です



「夏越の大祓」のクライマックスには
ならの小川に掛かる橋の上に神職が並び
穢れを祓う祝詞を唱えます
絶やすことなく松明を炊きながら
人々が自分の身代わりに納めた人形(ひとがた)
を川に流してお祓いをしていただくのです





他にも「茅の輪くぐり」という風習も
全国で行われます



こちらは笠間稲荷の茅の輪
「水無月の夏越の祓する人は
千歳の命延というなり」と唱えながら
左足から踏み入て
左→右→左と ∞ の字を
描くようにくぐるとお祓いができます


この「茅の輪」も日本神話に起源があります
スサノオノミコトの化身である旅人が現れて
一夜の宿を乞いますが
裕福な兄は冷たく断り
弟の蘇民将来(そみんしょうらい)は
貧しいながらも温かくもてなしました

数年後 旅人が恩返しに現れ
教えに従って茅の輪を腰に付けたところ
疫病から逃れられ
子々孫々まで繁栄しました
この故事に基づき
家の玄関に「蘇民将来子孫也」という札を貼り
厄除けにするという風習も残っています





そしてこの季節に欠かせないお菓子
「水無月」(みなづき)



宮中で旧暦6月1日行われていた
「氷の節句」という行事がありました
冬にできた氷を山間の氷室に貯蔵しておき
そこから取り寄せた氷を口にして
夏を健康に過ごせるよう祈るものです

しかし当時は氷は貴重な物で
庶民の手には届かないものでした
そこで三角形のういろうを氷に見立て
その上に小豆を散りばめました
小豆は赤い色で邪気を祓うためです







 



 






 

 

 

【海老澤 宗香 茶道教室のごあんない】

次回の

 

お稽古は 2018年 6月30日(土)

毎月 歳時記と和歌のお話しつき音譜

1月から夜7時の回も追加しました


ワークショップは 2018年7月1日(日)

茶道の神髄「侘び」を体感する

ワークショップですキラキラ

 

いずれも経験問わず募集中ですビックリマーク

見学も歓迎しております

事前にご予約をお願いいたします

Email : WAXWANE29.5@gmail.com
※WAXWANEは小文字にして

メール送信してください

 

 

 

section「茶會記」発売中

(500円税別+送料・振込手数料)

ご希望の方は

郵便番号住所氏名

電話番号希望冊数

をご記入のうえ

メールにてお申込みください

Email : WAXWANE29.5@gmail.com
※WAXWANEは小文字にして

メール送信してください

 

アフリカ ザンビアからのお便り・自宅での 茶道実践 おもてなし/海老澤宗香 茶道教室 東京九段・茨城笠間



4月にアフリカ ザンビアから
お稽古にらっしゃった生徒さんから

自宅にてさっそく抹茶で
お客様をおもてなししましたビックリマーク

という嬉しいお知らせをいただきました



身の周りのもので
お洒落に取合せていらっしゃいます

茶碗と棗は
ご自宅にあったそうですが
茶道具でなくても
手に収まるボウルや
抹茶の粉が入る蓋物であれば
素敵だなラブラブと思ったら
何でも良いのです

「素敵」の他に
選び方があるとすれば


お道具は物語の登場人物で
主役はお客様
全体の「調和」が大切です


茶道具をつくる作家さんが
取合せるのは亭主(ホスト)の
勝手だと言って
「調和」を体感せずに
製作するのは残念なことです





ザンビアのお菓子

 



抹茶は和菓子でなくても
合います
チョコレート
クッキー
ぜひお試しください

普段の生活から
お菓子も道具も
お気に入りを見つけ出す
楽しみが増えます音譜



美味しい抹茶とお菓子
だけではなくて

花や飾りで季節感をお届けしたり

 



例えば
舟→船出  鶴・亀→吉祥
など「見立て」と言いますが
他のものになぞらえて表現することで
メッセージをそえたり

物語をつくることが
おもてなしであり
亭主(ホスト)の
楽しみでもあります

 

 

 

 

 

【海老澤 宗香 茶道教室のごあんない】

次回の

 

お稽古は 2018年 5月26日(土)

毎月 歳時記と和歌のお話しつき音譜

1月から夜7時の回も追加しました


ワークショップは 2018年7月1日(日)

茶道の神髄「侘び」を体感する

ワークショップですキラキラ

 

いずれも経験問わず募集中ですビックリマーク

見学も歓迎しております

事前にご予約をお願いいたします

Email : WAXWANE29.5@gmail.com
※WAXWANEは小文字にして

メール送信してください

 

 

 

section「茶會記」発売中

(500円税別+送料・振込手数料)

ご希望の方は

郵便番号住所氏名

電話番号希望冊数

をご記入のうえ

メールにてお申込みください

Email : WAXWANE29.5@gmail.com
※WAXWANEは小文字にして

メール送信してください

Kiitos!!marimekko茶会 茨城県陶芸美術館・マリメッコ茶室 真理庵/section・海老澤宗香 茶道教室 東京九段・茨城笠間

 

茨城県陶芸美術館にて
5月3日・4日に開催した
marimekko茶会
全席満員で幕を閉じました
大変込み合う中お越しいただいた
皆様本当にありがとうございましたアップ

 

 

詳しい茶会の内容は
コチラをごらんください

 

 

 

 

 

 

 

お子さんたちも熱心に
茶道具に見入っていました

 

 

 

 

いつも応援してくださる
常井さん 伊村さん

 

 

宮城から遥々おいでいただいた
京都 裏千家学園の友人

 

 

茨城の生徒さん

 

 

 

東京から駆けつけて下さった
生徒さん

 

 

 

ワークショップに
参加してくださったかた

 

 

 

大変お世話になった
学芸員さんとご家族
 

 

 

 

茶会開催までは長い道のりでしたあし

■ marimekko茶会 Concept

■ Marimekko Tea Ceremony concept

 

西ノ内紙の職人 菊池大輔さん

■ merimekko茶会 Episode機狙哨瞭盪罅

 

白瓷の人間国宝 前田昭博先生

お茶碗を提供していただいた美濃焼の三英先生

■ marimekko茶会 Episode 供楚祐峭駟 前田昭博先生〜

 

和裁家 槍里子先生

■ marimekko茶会 Episode 掘船泪螢瓮奪海涼緤〜

 

ガラス作家 加藤裕也さん

■ marimekko茶会 Episode 〜水指〜

■ marimekko茶会 Episode 〜水指とガラス〜

 

お菓子 松島さん

■ marimekko茶会 Episode 〜お菓子

 

 

携わってくださった
皆様ありがとうございました

 


section美術部の工藤さん

 

 

 

茶会前日の夜に
ポートレートを描いて
サプライズしてくれた
柳田学芸課長

 

 

 

お手伝いいただいた
美術館職員の皆様

 

 

 

閉館後の跡見の席にて御礼

 

そして
「真理庵」を茨城に招き
貴重な機会を与えてくださった
茨城県陶芸美術館 館長
金子賢治先生

 

 

ありがとうございました!!

 

誇るべき茨城の文化を
伝えるお手伝いができて幸せです虹

 

 


 

 

 

 

 

 

【海老澤 宗香 茶道教室のごあんない】

次回の

 

お稽古は 2018年 5月26日(土)

毎月 歳時記と和歌のお話しつき音譜

1月から夜7時の回も追加しました


ワークショップは 2018年7月1日(日)

茶道の神髄「侘び」を体感する

ワークショップですキラキラ

 

いずれも経験問わず募集中ですビックリマーク

見学も歓迎しております

事前にご予約をお願いいたします

Email : WAXWANE29.5@gmail.com
※WAXWANEは小文字にして

メール送信してください

 

 

 

section「茶會記」発売中

(500円税別+送料・振込手数料)

ご希望の方は

郵便番号住所氏名

電話番号希望冊数

をご記入のうえ

メールにてお申込みください

Email : WAXWANE29.5@gmail.com
※WAXWANEは小文字にして

メール送信してください

 

 

ブログmrimekko茶会・マリメッコ茶室 真理庵/section・海老澤宗香 茶道教室 東京九段・茨城笠間



本日は私たちの
marimekko茶会に
お越しいただきまして
誠にありがとうございます





待合の椅子はドムスチェア(DOMUS CHAIR)
DOMUSはラテン語で「家」という意味
ル・コルビジェなどの巨匠のもとで学んだ
イルマリ・タピオヴァーラ(Ilumari Tapiovara)
というフィンランドを代表するデザイナーの作品です
スタッキングもできて機能面も優れ
今でもフィンランドで愛され続けている椅子です





2017年に茨城県陶芸美術館の
板谷波山住宅にて開催した
茶会を写真と文章でまとめた
「茶會記」の見本
7月1日まで同美術館のショップにて
販売しています





茶室までの露地は
marimekkoテキスタイル











この茶室は「真理庵(まりあん)」

千 宗守氏(武者小路千家 第14代家元)

が命名し 扁額揮毫されました





席につくと





「お菓子をお召し上がりください」





お菓子は笠間稲荷門前の
松島製です

marimekkoのふるさと
フィンランドの森では
初夏になるとたくさんの
ブルーベリーが採れます



今日のために
茨城県産のブルーベリーで
端午の節句の粽を
創作して頂きました

大粒の果肉が入って
果汁が溢れますラブラブ

お菓子の銘は
「ベリーグー」ですグッド!



今回は世界的なブランド
marimekko展の
「文化と文化の出会い」
というテーマから

たんに
marimekkoの道具を並べるのではなく

フィンランドの18万の湖と
数千の森という美しい自然が
marimekkoデザインを生みだしたと考え

同じように
自然に美を見いだしてきた
日本人の「水辺の感性」を
茶会のテーマとして

marimekkoと対比させて
いただきました

皆さんの中にもある水辺の記憶から
「波紋」が広がれば幸いです



まずは床です



この絵は
日本中の茶室の腰貼り
和紙としても有名な
茨城県の伝統工芸
常陸大宮市の
西ノ内紙を用いています

様々な青が画面の中で
にじんでいます

これは違う文化が混じりあう
美しい水面
を表しています


その下にある磁器は
雪に覆われた白い森です



そんな冬の時代から
水面に走る一筋の光ドンッ



この光こそ
marimekkoの大切な
スピリットである
創業者
アルミ・ラティアの哲学
「女性の解放」や
「新たなフィンランドデザイン」の誕生
を表しています


絵は席主の海老澤が
西ノ内紙の取材に行き
紙すき体験までして
今回の茶会のために書き下ろしました

磁器は席主の沼尻作です



「薄茶差し上げます」

 

 

 

 

 

 

 

 



水辺の舟の様にも見える
水指はmarimekko茶会用に作った新作で
この茶会が初使いです



日本人の感性として
なるべく素材に手を
加えないを表現する為に

 

フィンランドに負けない
沼尻の住む
岐阜県の青い川
付知峡の石を拾い
そこから形を起こしました



金沢のガラス作家の
加藤裕也さんと
席主沼尻の共作です

 

 

 

 

 



「どうぞ ごゆっくり」



本日のお茶は「渦の白」
詰は 祇園辻利 です

日本では渦の模様で
波紋や水流を表現します


主茶碗は
笠間を代表する
人間国宝の松井康成先生


他にも
marimekko茶会では
加守田章二先生や

現在活躍中の作家である

人間国宝の白磁 前田昭博先生
黄瀬戸 加藤三英先生
ガラス茶碗 加藤裕也先生
の茶碗も使わせて頂きました

 

 


「ごちそうさまでした」



 

 

 

 

 



「お道具の拝見をお願いいたします」

 



 

 



棗は白漆に兜
作は 中谷秀斉

 




茶杓も今回の茶会の為に
削られた初使い
フィンランドの国樹
「白樺」で作りました

 



銘は「青空」です





最後になりますが
海老澤は笠間
沼尻はつくば出身で

私たちのふるさと
茨城県は 水戸徳川家 土浦土屋家
岡倉天心先生 板谷波山先生
高橋箒庵さん など

茶の湯と縁ある方々が
沢山いらっしゃいます
またここ笠間焼や
西ノ内和紙もあります

ぜひこのmarimekko茶会を機会に
私達の郷土の歴史や
文化の素晴らしさを知って頂き
茶の湯や伝統工芸を皆さんの暮らしに
生かすきっかけになれたら幸いです



本日は誠に
ありがとうございました虹



 

marimekko茶会を記念して

sectionサイト同時オープンクラッカー

★ section NEWアルバム

 「茶會記」 配信中 アップ

 

 

 

 

〇 marimekko茶会メイキングブログ

     〜茶会までの道のり〜

■ marimekko茶会 Concept

■ Marimekko Tea Ceremony concept

■ merimekko茶会 Episode機狙哨瞭盪罅

■ marimekko茶会 Episode 供楚祐峭駟 前田昭博先生〜

■ marimekko茶会 Episode 掘船泪螢瓮奪海涼緤〜

■ marimekko茶会 Episode 〜水指〜

■ marimekko茶会 Episode 〜水指とガラス〜

■ marimekko茶会 Episode 〜茶杓〜

■ marimekko茶会 Episode 〜section『茶会記』〜

■ marimekko茶会 Episode 〜お菓子〜

 

 

 

 

 

【海老澤 宗香 茶道教室のごあんない】

次回の

 

お稽古は 2018年 5月26日(土)

毎月 歳時記と和歌のお話しつき音譜

1月から夜7時の回も追加しました


ワークショップは 2018年7月1日(日)

茶道の神髄「侘び」を体感する

ワークショップですキラキラ

 

いずれも経験問わず募集中ですビックリマーク

見学も歓迎しております

事前にご予約をお願いいたします

Email : WAXWANE29.5@gmail.com
※WAXWANEは小文字にして

メール送信してください

 

 

 

section「茶會記」発売中

(500円税別+送料・振込手数料)

ご希望の方は

郵便番号住所氏名

電話番号希望冊数

をご記入のうえ

メールにてお申込みください

Email : WAXWANE29.5@gmail.com
※WAXWANEは小文字にして

メール送信してください

緊急告知!ブログmarimekko茶会 開催します・マリメッコ茶室 真理庵/section・海老澤宗香 茶道教室 東京九段・茨城笠間


私達section主催の
marimekko茶会
皆さんのご支援のおかげで
開催前に予約いっぱいとなりました

本当にありがとう
ございましたビックリマーク

GW中という事もあり
茨城県陶芸美術館の
marimekko茶会に参加できない
という方々の声にお応えして

【ブログmarimekko茶会
を開催致します虹

待合〜席入り

床〜点前座の拝見まで、

ブログならではの
一客一亭による、
お客様目線で茶会を開催
させて頂きます

お茶碗はもちろん 併せて
今回のmarimekko茶会の為に作られた、
数々のクリエイティブな
道具の紹介から解説まで
当日とまったく同じように
お話しさせて頂きます音譜

美味しいお茶と
特注のお菓子で
おもてなしいたします

【ブログmarimekko茶会
私達も初の試みですが
ぜひチェックして下さい目

 

 

 

 

 

 

 




◼ブログmarimekko茶会

席入:平成30年5月8日
          20:00〜

席主:section
      海老澤宗香

※いいねグッド!ボタンを押してくれた
 皆さんが茶会の一座になります

 

 

 

〇 marimekko茶会メイキングブログ

     〜茶会までの道のり〜

■ marimekko茶会 Concept

■ Marimekko Tea Ceremony concept

■ merimekko茶会 Episode機狙哨瞭盪罅

■ marimekko茶会 Episode 供楚祐峭駟 前田昭博先生〜

■ marimekko茶会 Episode 掘船泪螢瓮奪海涼緤〜

■ marimekko茶会 Episode 〜水指〜

■ marimekko茶会 Episode 〜水指とガラス〜

■ marimekko茶会 Episode 〜茶杓〜

■ marimekko茶会 Episode 〜section『茶会記』〜

■ marimekko茶会 Episode 〜お菓子〜

■ ブログmarimekko茶会開催ビックリマーク

 

 

 

告知!marimekko茶会 茨城県陶芸美術館・マリメッコ茶室 真理庵/section・海老澤宗香 茶道教室 東京九段・茨城笠間

4月21日〜7月1日
茨城県陶芸美術館
にて同時開催される企画展

 

「マリメッコ・スピリッツ

   Finland Meets Japan」



「日本・フィンランド外交関係樹立

   100周年記念展フィンランド陶芸
芸術家たちのユートピア

   コレクション・カッコネン」





記念すべき展示に因んだ
夢のようなお茶会を虹

2日間ビックリマーク開催いたします

会場はマリメッコによる
本格的な茶室「真理庵」





お客様は「真理庵」の中でラブラブ
お茶とお菓子を召し上がっていただけます



そして

2017年 1・2・3月
茨城県陶芸美術館内の
板谷波山住宅にて
一緒にお茶会を開催しました
沼尻宗真氏と共同で主催させていただきます



マリメッコの茶室の中で繰り広げられる
当日限りの世界をどうぞご期待くださいアップ



2017年のお茶会の様子は
コチラをご覧ください
 

1月「正月 祝いの席」

2月「節分 福々の席」

3月「上巳 桃の席」





そしてそして

茶会の日は美術館に隣接する
笠間芸術の森公園 にて大規模な陶器市
「陶炎祭」も開催されています!!
ゴールデンウイーク2018は
笠間を楽しみつくしてくださいメラメラ



日時 平成30年5月3日(祝) ・ 4日(祝)
10:00〜/10:45〜/11:30〜
13:00〜/13:45〜/14:30〜/15:15〜

会場 茨城県陶芸美術館
    当館地階オープンギャラリー
   マリメッコ茶室「真理庵」

 

席主  section

   沼尻宗真/海老澤宗香


定員 各回とも先着10名
   (先着順・事前予約可能)

参加費 500円

茨城県陶芸美術館にて
電話またはFAXでご予約受付中です
電話 0296-70-0011
FAX  0296-70-0012

 

■ marimekko茶会 Concept

■ merimekko茶会 Episode機狙哨瞭盪罅

■ marimekko茶会 Episode 供楚祐峭駟 前田昭博先生〜

■ marimekko茶会 Episode 掘船泪螢瓮奪海涼緤〜

■ marimekko茶会 Episode 〜水指〜

■ marimekko茶会 Episode 〜水指とガラス〜

■ marimekko茶会 Episode 〜茶杓〜

■ marimekko茶会 Episode 〜section『茶会記』〜

■ marimekko茶会 Episode 〜お菓子〜

 

 

またはコチラのブログをご覧下さい

 

 

 

 

<<back|<1234567>|next>>
pagetop