緊急告知!ブログmarimekko茶会 開催します・マリメッコ茶室 真理庵/section・海老澤宗香 茶道教室 東京九段・茨城笠間


私達section主催の
marimekko茶会
皆さんのご支援のおかげで
開催前に予約いっぱいとなりました

本当にありがとう
ございましたビックリマーク

GW中という事もあり
茨城県陶芸美術館の
marimekko茶会に参加できない
という方々の声にお応えして

【ブログmarimekko茶会
を開催致します虹

待合〜席入り

床〜点前座の拝見まで、

ブログならではの
一客一亭による、
お客様目線で茶会を開催
させて頂きます

お茶碗はもちろん 併せて
今回のmarimekko茶会の為に作られた、
数々のクリエイティブな
道具の紹介から解説まで
当日とまったく同じように
お話しさせて頂きます音譜

美味しいお茶と
特注のお菓子で
おもてなしいたします

【ブログmarimekko茶会
私達も初の試みですが
ぜひチェックして下さい目

 

 

 

 

 

 

 




◼ブログmarimekko茶会

席入:平成30年5月8日
          20:00〜

席主:section
      海老澤宗香

※いいねグッド!ボタンを押してくれた
 皆さんが茶会の一座になります

 

 

 

〇 marimekko茶会メイキングブログ

     〜茶会までの道のり〜

■ marimekko茶会 Concept

■ Marimekko Tea Ceremony concept

■ merimekko茶会 Episode機狙哨瞭盪罅

■ marimekko茶会 Episode 供楚祐峭駟 前田昭博先生〜

■ marimekko茶会 Episode 掘船泪螢瓮奪海涼緤〜

■ marimekko茶会 Episode 〜水指〜

■ marimekko茶会 Episode 〜水指とガラス〜

■ marimekko茶会 Episode 〜茶杓〜

■ marimekko茶会 Episode 〜section『茶会記』〜

■ marimekko茶会 Episode 〜お菓子〜

■ ブログmarimekko茶会開催ビックリマーク

 

 

 

告知!marimekko茶会 茨城県陶芸美術館・マリメッコ茶室 真理庵/section・海老澤宗香 茶道教室 東京九段・茨城笠間

4月21日〜7月1日
茨城県陶芸美術館
にて同時開催される企画展

 

「マリメッコ・スピリッツ

   Finland Meets Japan」



「日本・フィンランド外交関係樹立

   100周年記念展フィンランド陶芸
芸術家たちのユートピア

   コレクション・カッコネン」





記念すべき展示に因んだ
夢のようなお茶会を虹

2日間ビックリマーク開催いたします

会場はマリメッコによる
本格的な茶室「真理庵」





お客様は「真理庵」の中でラブラブ
お茶とお菓子を召し上がっていただけます



そして

2017年 1・2・3月
茨城県陶芸美術館内の
板谷波山住宅にて
一緒にお茶会を開催しました
沼尻宗真氏と共同で主催させていただきます



マリメッコの茶室の中で繰り広げられる
当日限りの世界をどうぞご期待くださいアップ



2017年のお茶会の様子は
コチラをご覧ください
 

1月「正月 祝いの席」

2月「節分 福々の席」

3月「上巳 桃の席」





そしてそして

茶会の日は美術館に隣接する
笠間芸術の森公園 にて大規模な陶器市
「陶炎祭」も開催されています!!
ゴールデンウイーク2018は
笠間を楽しみつくしてくださいメラメラ



日時 平成30年5月3日(祝) ・ 4日(祝)
10:00〜/10:45〜/11:30〜
13:00〜/13:45〜/14:30〜/15:15〜

会場 茨城県陶芸美術館
    当館地階オープンギャラリー
   マリメッコ茶室「真理庵」

 

席主  section

   沼尻宗真/海老澤宗香


定員 各回とも先着10名
   (先着順・事前予約可能)

参加費 500円

茨城県陶芸美術館にて
電話またはFAXでご予約受付中です
電話 0296-70-0011
FAX  0296-70-0012

 

■ marimekko茶会 Concept

■ merimekko茶会 Episode機狙哨瞭盪罅

■ marimekko茶会 Episode 供楚祐峭駟 前田昭博先生〜

■ marimekko茶会 Episode 掘船泪螢瓮奪海涼緤〜

■ marimekko茶会 Episode 〜水指〜

■ marimekko茶会 Episode 〜水指とガラス〜

■ marimekko茶会 Episode 〜茶杓〜

■ marimekko茶会 Episode 〜section『茶会記』〜

■ marimekko茶会 Episode 〜お菓子〜

 

 

またはコチラのブログをご覧下さい

 

 

 

 

marimekko茶会 Episode  お菓子・マリメッコ・フィンランド・ブルーベリー。端午の節句・粽/section・海老澤宗香 茶道教室 東京九段・茨城笠間

​​​​​​​

フィンランドの森
夏にはブルーベリーが溢れます



今回お菓子をつくってくださるのは
茨城県笠間市の「松島」さん

茨城県もブルーベリーの生産が盛んです
こんなに大きいブルーベリーを
入手してくださいました




日本の大切な文化
5月5日 端午の節句 に
ちなんだ演出も加えていただきます




茨城県産のブルーベリーを
ふんだんにつかったお菓子
弾ける美味しさを
楽しみにしていてくださいラブラブ

 

 

〇 marimekko茶会メイキングブログ

     〜茶会までの道のり〜

■ marimekko茶会 Concept

■ Marimekko Tea Ceremony concept

■ merimekko茶会 Episode機狙哨瞭盪罅

■ marimekko茶会 Episode 供楚祐峭駟 前田昭博先生〜

■ marimekko茶会 Episode 掘船泪螢瓮奪海涼緤〜

■ marimekko茶会 Episode 〜水指〜

■ marimekko茶会 Episode 〜水指とガラス〜

■ marimekko茶会 Episode 〜茶杓〜

■ marimekko茶会 Episode 〜section『茶会記』〜

■ ブログmarimekko茶会開催ビックリマーク

 

またはコチラのブログをご覧下さい

 

 

 

【 marimekko茶会 お申し込み 】

日時 平成30年5月3日(祝) ・ 4日(祝)
10:00〜/10:45〜/11:30〜
13:00〜/13:45〜/14:30〜/15:15〜

会場 茨城県陶芸美術館
    当館地階オープンギャラリー
   マリメッコ茶室「真理庵」

席主  section
   沼尻宗真/海老澤宗香

定員 各回とも先着10名
   (先着順・事前予約可能)

参加費 500円

茨城県陶芸美術館にて
電話またはFAXでご予約受付中です
電話 0296-70-0011
FAX  0296-70-0012


※当日はこれまでの茶会記をまとめた
  section作品集 500円税別
 を茨城県陶芸美術館SHOPにて
 販売しております

 

 

 

 

 

【海老澤 宗香 茶道教室のごあんない】

次回の

 

お稽古は 2018年 5月26日(土)

毎月 歳時記と和歌のお話しつき音譜

1月から夜7時の回も追加しました


ワークショップは 2018年5月27日(日)

茶道の神髄「侘び」を体感する

ワークショップですキラキラ

 

いずれも経験問わず募集中ですビックリマーク

見学も歓迎しております

事前にご予約をお願いいたします

Email : WAXWANE29.5@gmail.com
※WAXWANEは小文字にして

メール送信してください

 

marimekko茶会 Episode 察section 茶會記・マリメッコ・茶会記・正月・節分・雛祭/section・海老澤宗香 茶道教室 東京九段・茨城笠間



古を稽え
現代人の感性で
日本の伝統工芸を用いて
クリエイティブな
茶の湯のあり方を表現する section



初のアルバム『茶會記』
日本語版、英語版を
marimekko茶会とともに
同時リリース虹


昨年2017年に茨城県陶芸美術館
板谷波山住宅で
sectionにて開催された茶会
「祝の席」「福々の席」
「桃の席」「侘ワークショップ」の
模様が収められています


アートワークやデザインにも
こだわりの初のアルバムを
ぜひお楽しみください


5月3日から
マリメッコ展開催期間中(〜7/1)
茨城県陶芸美術館 入口フロアの

ショップにて販売しております
税別 500円

 

 

 

〇 marimekko茶会メイキングブログ

     〜茶会までの道のり〜

■ marimekko茶会 Concept

■ Marimekko Tea Ceremony concept

■ merimekko茶会 Episode機狙哨瞭盪罅

■ marimekko茶会 Episode 供楚祐峭駟 前田昭博先生〜

■ marimekko茶会 Episode 掘船泪螢瓮奪海涼緤〜

■ marimekko茶会 Episode 〜水指〜

■ marimekko茶会 Episode 〜水指とガラス〜

■ marimekko茶会 Episode 〜茶杓〜

■ marimekko茶会 Episode 〜お菓子〜

■ ブログmarimekko茶会開催ビックリマーク

 

またはコチラのブログをご覧下さい

 

 

 

【 marimekko茶会 お申し込み 】

日時 平成30年5月3日(祝) ・ 4日(祝)
10:00〜/10:45〜/11:30〜
13:00〜/13:45〜/14:30〜/15:15〜

会場 茨城県陶芸美術館
    当館地階オープンギャラリー
   マリメッコ茶室「真理庵」

席主  section
   沼尻宗真/海老澤宗香

定員 各回とも先着10名
   (先着順・事前予約可能)

参加費 500円

茨城県陶芸美術館にて
電話またはFAXでご予約受付中です
電話 0296-70-0011
FAX  0296-70-0012


※当日はこれまでの茶会記をまとめた
  section作品集 500円税別
 を茨城県陶芸美術館SHOPにて
 販売しております

 

 

 

 

 

【海老澤 宗香 茶道教室のごあんない】

次回の

 

お稽古は 2018年 5月26日(土)

毎月 歳時記と和歌のお話しつき音譜

1月から夜7時の回も追加しました


ワークショップは 2018年5月27日(日)

茶道の神髄「侘び」を体感する

ワークショップですキラキラ

 

いずれも経験問わず募集中ですビックリマーク

見学も歓迎しております

事前にご予約をお願いいたします

Email : WAXWANE29.5@gmail.com
※WAXWANEは小文字にして

メール送信してください

4月茶道稽古 端午の節句・鯉のぼり・菖蒲・薬玉・粽・柏餅・早乙女・透木釜/海老澤宗香 茶道教室 東京九段・茨城笠間

 

もう夏のような日差し晴れ



庭のツツジも藤も満開です





みかの原 わきて流るる 泉川
   いつ見きとてか 恋しかるらむ
                中納言兼輔



水辺が恋しくなる頃ですね




暑くなってくると
透木釜(すきぎがま)にします



羽が有る釜で



炉壇に引っかけて火にかけ
羽で覆うことによって
暑さを感じる火を
お客様に見せない心配りです



4月21日 海老澤宗香茶道教室でのお稽古
毎月生徒さんの暮らしに

役立てていただくため
次月の歳時記のお話をしています

来月5月のテーマは「端午の節句」



元々は中国の風習で
なんと毎月
初め(=端)の午の日に
強い香りで
厄払いをしていました

それが日本に渡って
1000年以上経ちますが
今でも菖蒲湯などの風習が
受け継がれている
継承の国 日本は

素晴らしいですね

当時の様子は
枕草子36段にも
詳しく記載されていて
筆者である清少納言も
宮中から庶民まで
一体となって楽しむ
最高に素晴らしい節句
だと書いています

当時は軒先に菖蒲の葉を並べる
「軒菖蒲」がメイン行事



菖蒲の強い香りで
邪気を追い払う習慣です
菖蒲湯も同じことで
体の穢れを香りで洗い流します



香りつながりで
「薬玉(くすだま)」
というものもあります
麝香・沈香・丁子・甘松・竜脳
を錦で包み5色の紐を垂らした
艶やかな飾りです
柱に下げて香りで魔を除けます





今では5月5日は
男の子の日とされていますが
それは江戸時代以降のこと
元々は女性に縁が深いものでした

端午の節句は田植えの季節
早乙女と呼ばれる
田植えをする女性たちは
家などに籠って身の穢れを祓い
田の神様を迎えていました



多くの人が農業をして
暮らしていた日本
田植えのための行事には
貴族たちも夢中になり
豊作を祈る「田楽」から
「能」や「狂言」などの
芸能がうまれました





江戸時代には武家文化が
主軸となります
菖蒲が 勝負 に通じたり
菖蒲の葉の形が刀を連想させることから
端午の節句は武家にとって
思い入れの深い日となり
男の子のための行事へと
変化していったのです



鯉のぼりは
「登竜門伝説」からきています
中国の黄河にある急流の難所
「竜門」を上りきった鯉は
龍となって天に昇っていく
という伝説から
男の子の出世を願って
掲げられます





そして端午の節句に
欠かせないお菓子「粽(ちまき)」
も中国からやってきました




中国戦国時代の楚の
政治家・詩人である屈原が
自国の将来を嘆いて
5月5日川に身を投げました
彼を慕う人々が命日に供物を捧げますが
川に住む悪い龍に横取りされてしまいます
そこで龍が嫌う葉で供物を包み
5色の紐で巻いて川に投げ込むと
無事に屈原のもとに届くようになりました
そのことから粽を食べると
「難を避ける」といわれています



お茶の世界ではこのような形を
チマキと呼びます
粽花入に庭で採れた著莪(しゃが)
をいれました



日本独自のお菓子は「柏餅」



柏は新芽が出るまで
古い葉が落ちないことから
「家系が絶えない」
縁起物として食べられています






海老澤宗香 茶道教室は
1周年を迎えることができました
応援してくださった
皆様ありがとうございました










 

 

 

 

【 marimekko茶会 お申し込み 】

日時 平成30年5月3日(祝) ・ 4日(祝)
10:00〜/10:45〜/11:30〜
13:00〜/13:45〜/14:30〜/15:15〜

会場 茨城県陶芸美術館
    当館地階オープンギャラリー
   マリメッコ茶室「真理庵」

席主  section
   沼尻宗真/海老澤宗香

定員 各回とも先着10名
   (先着順・事前予約可能)

参加費 500円

茨城県陶芸美術館にて
電話またはFAXでご予約受付中です
電話 0296-70-0011
FAX  0296-70-0012


※当日はこれまでの茶会記をまとめた
  section作品集 500円税別
 を茨城県陶芸美術館SHOPにて
 販売しております

 

 

 

 

 

【海老澤 宗香 茶道教室のごあんない】

次回の

 

お稽古は 2018年 5月26日(土)

毎月 歳時記と和歌のお話しつき音譜

1月から夜7時の回も追加しました


ワークショップは 2018年5月27日(日)

茶道の神髄「侘び」を体感する

ワークショップですキラキラ

 

いずれも経験問わず募集中ですビックリマーク

見学も歓迎しております

事前にご予約をお願いいたします

Email : WAXWANE29.5@gmail.com
※WAXWANEは小文字にして

メール送信してください

 

marimekko茶会 Episode 此|禺檗Ε泪螢瓮奪魁Ε侫ンランド・白樺・手づくり/section・海老澤宗香 茶道教室 東京九段・茨城笠間



フィンランドの国樹
白樺が届きました



白樺はサウナの燃料や
若葉を束ねヴィヒタとして
サウナ内で利用されています

また日本でも知られている
キシリトール成分など
フィンランドの暮らしの中に
広く浸透しています


今回はこの白樺を用いて 
marimekko茶会用に
茶杓 を作ります

茶杓は単に
一生懸命削れば良いのですが
一見するとどんな茶杓も
薄く華奢なようで
実はそうでもありません

櫂先に向けゆるやかに広がっていたり
雉子股から船底になっていたり
あの細く小さな世界に実は
沢山の見所が閉じ込められています


切止めが五ツ切や三ツ切
共包の真行草などもあります






茶碗もそうですが
茶杓も自分で削ると
全てが分かりますので
ぜひご自身で茶杓を削って
一服してみてください


・参考書

    池田 瓢阿著 淡交社刊
    はじめてつくる茶杓・共包



・利休 作   銘「泪」 徳川美術館より

【桃山時代16世紀 古田織部・徳川家康所持】


日本でもっとも知られている茶杓は
利休居士最期の茶杓です

天正19年(1591)2月
豊臣秀吉に切腹を命ぜられた
千利休が自ら削り
最後の茶会に用いた茶杓として
知られています

茶会後古田織部に与えられ
織部は長方形の窓をあけた筒をつくり
その窓を通してこの茶杓を位牌代わりに
拝んだと伝えられます



利休居士の時代とは違って
これだけ情報も道具もある
便利な現代だからこそ
ただ買い求めてきた道具を
並べるだけの茶の湯ではなく

高価な唐物から
安価で身近な竹を用いて
花入や茶杓を削り
崇高な美を築いた利休居士

その創造性や
心入りの振舞いを

現代の茶の湯の中でも
大切にしたいと私たちは思っています

 

 

 

 

 

 

 

 

 

〇 marimekko茶会メイキングブログ

     〜茶会までの道のり〜

■ marimekko茶会 Concept

■ Marimekko Tea Ceremony concept

■ merimekko茶会 Episode機狙哨瞭盪罅

■ marimekko茶会 Episode 供楚祐峭駟 前田昭博先生〜

■ marimekko茶会 Episode 掘船泪螢瓮奪海涼緤〜

■ marimekko茶会 Episode 〜水指〜

■ marimekko茶会 Episode 〜水指とガラス〜

■ marimekko茶会 Episode 〜section『茶会記』〜

■ marimekko茶会 Episode 〜お菓子〜

■ ブログmarimekko茶会開催ビックリマーク

 

またはコチラのブログをご覧下さい



【 marimekko茶会 お申し込み 】

日時 平成30年5月3日(祝) ・ 4日(祝)
10:00〜/10:45〜/11:30〜
13:00〜/13:45〜/14:30〜/15:15〜

会場 茨城県陶芸美術館
    当館地階オープンギャラリー
   マリメッコ茶室「真理庵」

席主  section
   沼尻宗真/海老澤宗香

定員 各回とも先着10名
   (先着順・事前予約可能)

参加費 500円

茨城県陶芸美術館にて
電話またはFAXでご予約受付中です
電話 0296-70-0011
FAX  0296-70-0012


※当日はこれまでの茶会記をまとめた
  section作品集 500円税別
 を茨城県陶芸美術館SHOPにて
 販売しております。

 

 

 

 

 

【海老澤 宗香 茶道教室のごあんない】

次回の

 

お稽古は 2018年 5月26日(土)

毎月 歳時記と和歌のお話しつき音譜

1月から夜7時の回も追加しました


ワークショップは 2018年5月27日(日)

茶道の神髄「侘び」を体感する

ワークショップですキラキラ

 

いずれも経験問わず募集中ですビックリマーク

見学も歓迎しております

事前にご予約をお願いいたします

Email : WAXWANE29.5@gmail.com
※WAXWANEは小文字にして

メール送信してください

 

marimekko茶会 Episode 后/綮 と ガラス・マリメッコ・磁器・金沢/section・海老澤宗香 茶道教室 東京九段・茨城笠間



一路 窯から出して
焼き上がったばかりの水指を持ち
300キロ先の金沢へ

茶と金沢と言えば
裏千家四代仙叟居士が
加賀前田家に出仕された
茶の湯と縁の深い場所です

裏千家学園時代には有志10名程で
奈良宗久業躰先生に御指南いただき
月心寺にて仙叟居士墓参
大樋焼 大樋長左衛門先生
釜師 宮崎寒雉先生
漆山中塗 前端雅峯先生
陶芸 矢口永壽先生
赤絵 見附正康さんを訪ねた
思い出があります

このように裏千家に縁の場所や
工芸作家の方が多く
裏千家茶道をしている方にとっては
金沢も必見の場所の一つだと思います

その他、加賀友禅、九谷焼、輪島塗、
珠洲焼と石川県はまさに工芸大国です



また作家の育成機関として
金沢卯辰山工芸工房があり
各種伝統工芸の若手育成に力を
入れています

その金沢卯辰山工芸工房を修了し

現在金沢市の
おしがはら工房にて
ガラス作家として活躍されているのが
今回marimekko茶会用の水指にて
陶器とガラスの

コラボレーションをお願いした


ガラス作家の加藤裕也さんです



裕也さんは岐阜県多治見市出身で
実家は作家の窯を築いて
創業50年の司電気炉

いつも陶芸の相談にのってくれる
兄の貴也君の主宰する
司電気炉研究所のランプシェードを見て
ピンときました

◼司電気炉

◼司電気炉研究所の活躍



お互いに持っている水の記憶

光に乱反射する ゆらぎ

どこかの 不思議な泡

水中から見た 歪んだ空

それらを意見交換したり
スケッチしながらイメージを合わせ
形にする作業をし
バトンタッチしました

 

 

 

 

 

 

 

 

〇 marimekko茶会メイキングブログ

     〜茶会までの道のり〜

■ marimekko茶会 Concept

■ Marimekko Tea Ceremony concept

■ merimekko茶会 Episode機狙哨瞭盪罅

■ marimekko茶会 Episode 供楚祐峭駟 前田昭博先生〜

■ marimekko茶会 Episode 掘船泪螢瓮奪海涼緤〜

■ marimekko茶会 Episode 〜水指〜

■ marimekko茶会 Episode 〜茶杓〜

■ marimekko茶会 Episode 〜section『茶会記』〜

■ marimekko茶会 Episode 〜お菓子〜

■ ブログmarimekko茶会開催ビックリマーク

 

またはコチラのブログをご覧下さい



【 marimekko茶会 お申し込み 】

日時 平成30年5月3日(祝) ・ 4日(祝)
10:00〜/10:45〜/11:30〜
13:00〜/13:45〜/14:30〜/15:15〜

会場 茨城県陶芸美術館
    当館地階オープンギャラリー
   マリメッコ茶室「真理庵」

席主  section
   沼尻宗真/海老澤宗香

定員 各回とも先着10名
   (先着順・事前予約可能)

参加費 500円

茨城県陶芸美術館にて
電話またはFAXでご予約受付中です
電話 0296-70-0011
FAX  0296-70-0012


※当日はこれまでの茶会記をまとめた
  section作品集 500円税別
 を茨城県陶芸美術館SHOPにて
 販売しております。

 

 

 

 

 

【海老澤 宗香 茶道教室のごあんない】

次回の

 

お稽古は 2018年 5月26日(土)

毎月 歳時記と和歌のお話しつき音譜

1月から夜7時の回も追加しました


ワークショップは 2018年5月27日(日)

茶道の神髄「侘び」を体感する

ワークショップですキラキラ

 

いずれも経験問わず募集中ですビックリマーク

見学も歓迎しております

事前にご予約をお願いいたします

Email : WAXWANE29.5@gmail.com
※WAXWANEは小文字にして

メール送信してください

 

 

marimekko茶会 Episode 検/綮悄Ε泪螢瓮奪魁磁器・岐阜・付知峡・半分青い/section・海老澤宗香 茶道教室 東京九段・茨城笠間



今回は茨城県陶芸美術館にて
5/3,4に開催される
marimekko茶会メイキング
Episode 水指編です

フィンランドでは日々の生活の中に
自国にある美しいデザインを
取り込んでいます

飲み物はイッタラのグラスで
アアルトの椅子に座って窓の外を見れば
マリメッコのドレスを着て歩いてる
女性を見かけるといった具合に


この文章は
フィンランドの暮らしの中に
いかに美しいデザインが
浸透しているかを
分かりやすく伝えています







フィンランドは偉大な
建築家アアルトをはじめ
marimekko、イッタラなど
デザインに優れた企業が
世界的なブランドとなっています


その中の一つアラビア社は1873年
フィンランド・ヘルシンキ郊外の
「アラビア」地区に創業された窯です

優れたデザイン性・芸術性を
保ちながらも、使い勝手に配慮した
実用的な陶器を発表し続けています

今回の茨城県陶芸美術館では
アラビア社の名作陶磁器も
数々展示されるようです



ではフィンランドと
同じように豊かな自然や水に恵まれた
日本なら?

どんな陶磁器のデザインになるのか?

そんな事を考えて今回は
marimekko茶会の為に

「水指」を作りました

そこで
まずは日本の
「奇跡の青い水」を訪ねました

美しい水と共にある 美しい石を
厳選する作業から
陶磁器づくりを始めました

 

 

 

 



青は藍より出でて藍より青し

焼き上がった水指は
一路、金沢のガラス作家
加藤裕也さんに
バトンタッチされました

 

 

 

〇 marimekko茶会メイキングブログ

     〜茶会までの道のり〜

■ marimekko茶会 Concept

■ Marimekko Tea Ceremony concept

■ merimekko茶会 Episode機狙哨瞭盪罅

■ marimekko茶会 Episode 供楚祐峭駟 前田昭博先生〜

■ marimekko茶会 Episode 掘船泪螢瓮奪海涼緤〜

■ marimekko茶会 Episode 〜水指とガラス〜

■ marimekko茶会 Episode 〜茶杓〜

■ marimekko茶会 Episode 〜section『茶会記』〜

■ marimekko茶会 Episode 〜お菓子〜

■ ブログmarimekko茶会開催ビックリマーク

 

またはコチラのブログをご覧下さい

 

 

 

【marimekko茶会】

 

日時 平成30年5月3日(祝) ・ 4日(祝)
10:00〜/10:45〜/11:30〜
13:00〜/13:45〜/14:30〜/15:15〜

会場 茨城県陶芸美術館
    当館地階オープンギャラリー
   マリメッコ茶室「真理庵」

 

席主  section

   沼尻宗真/海老澤宗香


定員 各回とも先着10名
   (先着順・事前予約可能)

参加費 500円

茨城県陶芸美術館にて
電話またはFAXでご予約受付中です
電話 0296-70-0011
FAX  0296-70-0012

 

 

 

 

 

【海老澤 宗香 茶道教室のごあんない】

次回の

 

お稽古は 2018年 5月26日(土)

毎月 歳時記と和歌のお話しつき音譜

1月から夜7時の回も追加しました


ワークショップは 2018年5月27日(日)

茶道の神髄「侘び」を体感する

ワークショップですキラキラ

 

いずれも経験問わず募集中ですビックリマーク

見学も歓迎しております

事前にご予約をお願いいたします

Email : WAXWANE29.5@gmail.com
※WAXWANEは小文字にして

メール送信してください

 

marimekko茶会 Episode 掘.泪螢瓮奪海涼緤・和裁/section・海老澤宗香 茶道教室 東京九段・茨城笠間


marimekkoのテキスタイル
見ているだけでワクワクしますね



茨城県陶芸美術館にて
4月21日から開催されている
「マリメッコ・スピリッツ

    Finland Meets Japan」



この展覧会では

marimekkoデザイナーが
日本をイメージしてつくった
テキスタイルも展示されています

新たな日本の発見にもつながりそうキラキラ



お茶会では
お道具や室礼だけではなくて
和服の装いも楽しみのひとつ

海老澤社中には
和裁の先生もいらっしゃいます
茶会のために
marimekkoの生地で
着物を仕立てていただきました










この草履は
若いテキスタイル作家さんの
作品にほれ込んだ
京都の老舗草履屋さんが
考案したもの
作品の中から生地を決めて
組み合わせる皮の色も
数十種の中から選びます


 

その日のためだけにつくられた

一期一会の茶席

そこで過ごすための

特別な装い

 

今は素材が溢れているからこそ

安価に自由に楽しむことができます

 

茶の湯を学び

暮らしに生かすという事は

古をコピーしてなぞるのではなく

自分ならどのようにしようか?

と思いを巡らし

創造する事です

 

だから点前手順を暗記する

事だけが茶の本質では

ありません

 

和裁・草履・紙漉・陶芸

ガラスなど

日本の伝統工芸の匠と共に

現代の暮らしに即した

新しい用の美を

身近に生み出すことが

できるのです

 

そう箪笥に眠っている

おばあちゃんの着物を生かすことも

大切なお茶の心なのです

 

 

 

 

 

 

〇 marimekko茶会メイキングブログ

     〜茶会までの道のり〜

■ marimekko茶会 Concept

■ Marimekko Tea Ceremony concept

■ merimekko茶会 Episode機狙哨瞭盪罅

■ marimekko茶会 Episode 供楚祐峭駟 前田昭博先生〜

■ marimekko茶会 Episode 〜水指〜

■ marimekko茶会 Episode 〜水指とガラス〜

■ marimekko茶会 Episode 〜茶杓〜

■ marimekko茶会 Episode 〜section『茶会記』〜

■ marimekko茶会 Episode 〜お菓子〜

■ ブログmarimekko茶会開催ビックリマーク

 

 

またはコチラのブログをご覧下さい

 

 

 

 

【marimekko茶会】

 

日時 平成30年5月3日(祝) ・ 4日(祝)
10:00〜/10:45〜/11:30〜
13:00〜/13:45〜/14:30〜/15:15〜

会場 茨城県陶芸美術館
    当館地階オープンギャラリー
   マリメッコ茶室「真理庵」

 

席主  section

   沼尻宗真/海老澤宗香


定員 各回とも先着10名
   (先着順・事前予約可能)

参加費 500円

茨城県陶芸美術館にて
電話またはFAXでご予約受付中です
電話 0296-70-0011
FAX  0296-70-0012

 

 

 

 

 

【海老澤 宗香 茶道教室のごあんない】

次回の

 

お稽古は 2018年 5月26日(土)

毎月 歳時記と和歌のお話しつき音譜

1月から夜7時の回も追加しました


ワークショップは 2018年5月27日(日)

茶道の神髄「侘び」を体感する

ワークショップですキラキラ

 

いずれも経験問わず募集中ですビックリマーク

見学も歓迎しております

事前にご予約をお願いいたします

Email : WAXWANE29.5@gmail.com
※WAXWANEは小文字にして

メール送信してください

 

 

marimekko茶会 Episode 供/祐峭駟 前田昭博先生・マリメッコ・白磁・日本橋三越本店/section・海老澤宗香 茶道教室 東京九段・茨城笠間



4月11日〜17日 東京 日本橋三越本店

にて開催された
「重要無形文化財保持者 前田昭博 白瓷譜展」





私が主催するお茶会では
毎回 前田昭博先生の白瓷(はくじ)

の茶碗を使わせて頂いています

今回は直接お目にかかって

御礼申し上げる機会に恵まれ

とても光栄でした


通常は美術館のケースに入り
展示される事が多いですが

見るのと使うのでは
まったく印象が異なりますので

私の茶会では
実際に手に触れて
一服召し上がって頂きます

毎回お茶碗の説明をすると
茶席は感嘆の声に
包まれます


marimekko茶会でも

前田先生のお茶碗を使わせていただきます


4月21日より 茨城県陶芸美術館では
日本・フィンラント゛外交関係
樹立100周年記念として
フィンラント゛陶芸展が開催されます



フィンランドの日常に寄り添った
暖かみ や ゆるみ
を感じる作品に対し

廉潔な前田先生の
洗練された緊張感のある
日本の美を示そうというねらいです

 

 

〇 marimekko茶会メイキングブログ

     〜茶会までの道のり〜

■ marimekko茶会 Concept

■ Marimekko Tea Ceremony concept

■ merimekko茶会 Episode機狙哨瞭盪罅

■ marimekko茶会 Episode 掘船泪螢瓮奪海涼緤〜

■ marimekko茶会 Episode 〜水指〜

■ marimekko茶会 Episode 〜水指とガラス〜

■ marimekko茶会 Episode 〜茶杓〜

■ marimekko茶会 Episode 〜section『茶会記』〜

■ marimekko茶会 Episode 〜お菓子〜

■ ブログmarimekko茶会開催ビックリマーク

 

 

またはコチラのブログをご覧下さい

 

 

 

 

【marimekko茶会】

 

日時 平成30年5月3日(祝) ・ 4日(祝)
10:00〜/10:45〜/11:30〜
13:00〜/13:45〜/14:30〜/15:15〜

会場 茨城県陶芸美術館
    当館地階オープンギャラリー
   マリメッコ茶室「真理庵」

 

席主  section

   沼尻宗真/海老澤宗香


定員 各回とも先着10名
   (先着順・事前予約可能)

参加費 500円

茨城県陶芸美術館にて
電話またはFAXでご予約受付中です
電話 0296-70-0011
FAX  0296-70-0012

 

 

 

 

 

【海老澤 宗香 茶道教室のごあんない】

次回の

 

お稽古は 2018年 5月26日(土)

毎月 歳時記と和歌のお話しつき音譜

1月から夜7時の回も追加しました


ワークショップは 2018年5月27日(日)

茶道の神髄「侘び」を体感する

ワークショップですキラキラ

 

いずれも経験問わず募集中ですビックリマーク

見学も歓迎しております

事前にご予約をお願いいたします

Email : WAXWANE29.5@gmail.com
※WAXWANEは小文字にして

メール送信してください

 

<<back|<123456789>|next>>
pagetop