仙遊之式・東京 佳翠会・炭手前・玄々斎/海老澤宗香 茶道教室 東京九段・茨城笠間



長谷川宗佳先生の教場にて
仙遊之式をしました
仙遊は裏千家11代家元 玄々斎
且座をもとに考案した式で
且座のように略式では無く

花も全員が入れ

 


炭をついだら

 


香を2種炊き
濃茶を皆で飲んだら
薄茶は花月でやります

 

 



玄々斎は10歳のころ
松平家から裏千家の
養子となりました

江戸から明治に移る
西洋文化が押し寄せた時代
大名の子としての気概か
本当にパワーが凄いかたで

茶道の学問的な部分を深めたり
色々な事を発案しました


仙遊の他にも気楽に楽しめる
茶箱の点前を増やしたり




明治5年の第1回京都博覧会
では外国のかたに
お茶を差し上げるために
点茶盤を発明
椅子とテーブルでのお点前
立礼式が生まれました




茶道は正座でしかできないと
思っていませんか
苦しくて辛いのが茶道ではありません
少しでも興味が有るかたは
一度お茶の世界を
垣間見てみてください

 

 

 

 

★Instagram

 

 

 

 

 

【海老澤 宗香 茶道教室のごあんない】

次回の

 

お稽古は 2018年 7月28日(土)

毎月 歳時記と和歌のお話しつき音譜

1月から夜7時の回も追加しました


ワークショップは 2018年10月28日(日)

茶道の神髄「侘び」を体感する

ワークショップですキラキラ

 

いずれも経験問わず募集中ですビックリマーク

見学も歓迎しております

事前にご予約をお願いいたします

Email : WAXWANE29.5@gmail.com
※WAXWANEは小文字にして

メール送信してください

 

 

 

section「茶會記」発売中

(500円税別+送料・振込手数料)

ご希望の方は

郵便番号住所氏名

電話番号希望冊数

をご記入のうえ

メールにてお申込みください

Email : WAXWANE29.5@gmail.com
※WAXWANEは小文字にして

メール送信してください

 

 

七月大歌舞伎 伊藤園 おーいお茶 貸切公演 大茶会・中谷美紀・久保田紗友・とらや・七夕/海老澤宗香 茶道教室 東京九段・茨城笠間



7月7日 歌舞伎座にて毎年恒例の
七月大歌舞伎 伊藤園貸切公演

 



ご招待のお客様に
伊藤園の抹茶を召し上がっていただく
大茶会が今年も開催され
お手伝いをさせていただきました








「おーいお茶」ファンの方は多いと思いますラブラブ
お客様へのスぺシャルな恩返しには
毎回心を打たれますが


なんと今回は
中谷美紀さんが点前をして



久保田紗友さんが半東



という贅沢な茶会アップ
お二人が登場するたびに
歓声と大きな拍手が沸き起こりました




代表取締役会長    本庄八郎さんは
茶畑からつくり
本物をお届けしたいという
信条を持っていらっしゃるかた

水屋にまで御挨拶にいらしてくださり
お客様に差し上げる前に
抹茶を召し上がって
ご指導いただきました



そんな本庄会長の元で働く社員のかたたちは
皆さんいつも楽しそうで
美しい和服を着て
お客様ひとりずつ
お茶を手渡しされていました



手を抜いても
事は運びますが
積み重なっていくものが違うはず
信念を持って仕事をしたいです
 

 

 

Instagram

 

 

 

【海老澤 宗香 茶道教室のごあんない】

次回の

 

お稽古は 2018年 7月28日(土)

毎月 歳時記と和歌のお話しつき音譜

1月から夜7時の回も追加しました


ワークショップは 2018年10月28日(日)

茶道の神髄「侘び」を体感する

ワークショップですキラキラ

 

いずれも経験問わず募集中ですビックリマーク

見学も歓迎しております

事前にご予約をお願いいたします

Email : WAXWANE29.5@gmail.com
※WAXWANEは小文字にして

メール送信してください

 

 

 

section「茶會記」発売中

(500円税別+送料・振込手数料)

ご希望の方は

郵便番号住所氏名

電話番号希望冊数

をご記入のうえ

メールにてお申込みください

Email : WAXWANE29.5@gmail.com
※WAXWANEは小文字にして

メール送信してください

 

7月 侘び を体感する茶道ワークショップ・歴史・抹茶・花/海老澤宗香 茶道教室 東京九段・茨城笠間



7月1日
ワークショップ「侘び茶でおもてなし」
を開催しました

茶道の源流「侘び」を講義で知ったうえで
花を入れながら
その心を感じてみようという
前代未聞のワークショップ雷

更には
抹茶をご自宅で楽しんでいただく術も
お教えいたします



詳しい内容はコチラ
過去の開催記をごらんください

 

2017年


■ 4月23日


■ 5月28日


■ 7月23日

 

■ 12月17日




今回の参加者には
小学生の女の子も



このワークショップでは
おひとりずつと
お話しながら進めますが



知識のフィルターを通して
考えてしまう大人とは違った
新しい視点を与えてくださり
私を含め参加者の皆さまにとって
良い刺激になりました









そして今回も嬉しいお便りがありました
お好きな花を
持ち帰っていただくのですが



ご自宅で花を入れて
写真を送ってくださったのですアップ



花器は
割れてしまったお気に入りの急須
捨てられずにいたけれど
生かせて良かったラブラブ
と喜んでいらっしゃいました


本格的な和室でゆっくり過ごし
非日常を味わうのも良いですが
やはり普段のくらしに
茶道を生かしていただく事が
私が目指しているところです
日々が特別なものになりますよ虹

 

 

 

【皆さまの作品】

 

 

 

 

 

 

 

 

 


日本の大切な感性「侘び」を知り

更に語れるというのは

海外ではもちろん

現代においては国内でも

大きな強みになります

全国の企業や学校など
出張ワークショップも承ります
ぜひお問い合わせください

Email : WAXWANE29.5@gmail.com
※WAXWANEは小文字にしてメール送信してください


 

 

 

【海老澤 宗香 茶道教室のごあんない】

次回の

 

お稽古は 2018年 7月28日(土)

毎月 歳時記と和歌のお話しつき音譜

1月から夜7時の回も追加しました


ワークショップは 2018年10月28日(日)

茶道の神髄「侘び」を体感する

ワークショップですキラキラ

 

いずれも経験問わず募集中ですビックリマーク

見学も歓迎しております

事前にご予約をお願いいたします

Email : WAXWANE29.5@gmail.com
※WAXWANEは小文字にして

メール送信してください

 

 

 

section「茶會記」発売中

(500円税別+送料・振込手数料)

ご希望の方は

郵便番号住所氏名

電話番号希望冊数

をご記入のうえ

メールにてお申込みください

Email : WAXWANE29.5@gmail.com
※WAXWANEは小文字にして

メール送信してください

 

6月茶道稽古 七夕の節句・牽牛・織姫・花扇・後朝の文・御簾・水無月・且座/海老澤宗香 茶道教室



逢ひ見ての のちの心に くらぶれば
 昔はものを 思はざりけり   権中納言敦忠

好きな人に会えない時も辛いですが
離れてすぐはもっと苦しかったりしますよね

もうすぐ七夕なので
牽牛と織女の気持ちになってみました

この歌は「後朝(きぬぎぬ)の文」といって
平安時代 女性のもとを訪れ一夜を過ごし
翌朝帰った男性がすぐに

女性に送った和歌のこと
現代でも嬉しい心遣いです恋の矢





6月30日 海老澤宗香 茶道教室 の稽古
この日は「夏越しの祓」
皆で水無月を食べて厄払いをしました



茶席では季節感やメッセージを
色々な物に見立てて伝えています
今回は七夕の室礼をしましたが
機織りの仕事をしている織姫は
様々なキーワードで表現されています

例えば「糸巻」




別称が笹蟹(細蟹)である

蜘蛛は糸を掛けることから
織姫を「笹蟹姫」ともいいます
その「蟹」を取り出したり







今の七夕は
笹に願いを書いた短冊を結びますが
もともと日本には他にも行事がありました
去年のブログで紹介したものの他にも


「花扇」という



尾花・女郎花・桔梗・仙翁・小車・菊・蓮
を包み扇形に装飾したものが
近衛家から宮中に献上されました




今の儀式的な相撲の原型である
「相撲の節会」(すまいのせちえ)
も宮中で7月7日に開催される行事で
その年の農作物の吉凶を占っていました



そして七夕には
「索餅」(さくへい)が食べられていました



その年の春に収穫された麦でつくり
素麺にかたちを変えて
現代の私たちも口にしています



毎日とっても暑いですね晴れ
襖を外して御簾を下げました



そして稽古も

ひとりでじっくりお点前…といよりは

皆で楽しめる七事式音譜のひとつ


「且座」(しゃざ)
是法住法位
このほうはほういにじゅうす
という偈頌がつけられ
それぞれの役割に徹しなさいというのです
くじ引きで役が入れ替わる

他の七事式とは違い
始めに役割が決定します

その内容は
茶席の準備から終わりまでの流れを
見ているようです


まず花を入れ



炭をついで湯を沸かし



香を焚いて席中を清めたら





濃茶を練り



薄茶を点てます

皆でつくりあげる一席
メンバーによって違うので
毎回心にしみ入る
贅沢なひとときです

 

 

 

 

 

 

 

 

【海老澤 宗香 茶道教室のごあんない】

次回の

 

お稽古は 2018年 7月28日(土)

毎月 歳時記と和歌のお話しつき音譜

1月から夜7時の回も追加しました


ワークショップは 2018年10月28日(日)

茶道の神髄「侘び」を体感する

ワークショップですキラキラ

 

いずれも経験問わず募集中ですビックリマーク

見学も歓迎しております

事前にご予約をお願いいたします

Email : WAXWANE29.5@gmail.com
※WAXWANEは小文字にして

メール送信してください

 

 

 

section「茶會記」発売中

(500円税別+送料・振込手数料)

ご希望の方は

郵便番号住所氏名

電話番号希望冊数

をご記入のうえ

メールにてお申込みください

Email : WAXWANE29.5@gmail.com
※WAXWANEは小文字にして

メール送信してください

IBS 茨城放送・スクーピーレポート ラジオ出演・生放送・茶道と伝統工芸/海老澤宗香 茶道教室 東京九段・茨城笠間



7月3日 14:10〜
茨城放送のスクーピーレポート
に出演させていただきました

radikoでは今からでも
聴いていただけますグッド!


学生時代に茶道部に
所属していらっしゃった
アナウンサーの山下真保子さん



稽古で毎回配っている
和歌と歳時記の資料や
花を入れながら「侘び」を体感する
ワークショップの話に
「茶道は抹茶点てる以外にも
色々な事が有るんですねおねがい
と茶道の新たな面を
発見していただけて嬉しかったですラブラブ


本番ではお菓子と抹茶を
召し上がっていただきました



涼しげなガラスの茶碗や
団扇のせんべいと柚子のゼリーに
「夏〜感じます花火

他にも花や室礼(飾り)で
季節の美しい部分を抽出して
茶席で楽しみます
これは普段の生活の中にも
取り入れていただけます
季節を感じて暮らす心は
点前手続きよりも
ずっと大切なことです

また
道具や茶室には伝統工芸を用いますが



茨城には
大子漆 ・ 西ノ内紙 ・ 笠間焼など
にも世界に誇る伝統工芸
歴史と文化が生まれた地です


私が茨城で茶道を広めることによって

「自分だったらこう使ってみたい…」
という風に 身近に楽しんで
生かしていただいたり

茶道に関わるような物を
作っているかたたちにも
実際に使いかたを知っていただいたり

茶で茨城の工芸・文化と皆様を繋ぎたいです

 

 





※ラジオでお知らせしました
茨城県陶芸美術館でのイベントは
後日ブログにて改めて告知させていただきます

 

 

 

 

 

【海老澤 宗香 茶道教室のごあんない】

次回の

 

お稽古は 2018年 7月28日(土)

毎月 歳時記と和歌のお話しつき音譜

1月から夜7時の回も追加しました


ワークショップは 2018年10月28日(日)

茶道の神髄「侘び」を体感する

ワークショップですキラキラ

 

いずれも経験問わず募集中ですビックリマーク

見学も歓迎しております

事前にご予約をお願いいたします

Email : WAXWANE29.5@gmail.com
※WAXWANEは小文字にして

メール送信してください

 

 

 

section「茶會記」発売中

(500円税別+送料・振込手数料)

ご希望の方は

郵便番号住所氏名

電話番号希望冊数

をご記入のうえ

メールにてお申込みください

Email : WAXWANE29.5@gmail.com
※WAXWANEは小文字にして

メール送信してください

 

告知!IBS 茨城放送 生出演  7月3日 14:10〜/海老澤宗香 茶道教室 東京九段・茨城笠間



7月3日 14:10〜
茨城放送の
スクーピーレポート
に出演させていただきます

日曜以外の毎日ビックリマーク

茨城の魅力を発掘発信している番組
5分ほどの生放送です

 



茨城県外のかたでも下記の方法で
聴いていただけます

■ スタジオの様子を生配信

■ radiko

 

 

 

川嶋志乃舞さんの「ニッポンキラキラジオ」

 

 

 

【海老澤 宗香 茶道教室のごあんない】

次回の

 

お稽古は 2018年 7月28日(土)

毎月 歳時記と和歌のお話しつき音譜

1月から夜7時の回も追加しました


ワークショップは 2018年10月28日(日)

茶道の神髄「侘び」を体感する

ワークショップですキラキラ

 

いずれも経験問わず募集中ですビックリマーク

見学も歓迎しております

事前にご予約をお願いいたします

Email : WAXWANE29.5@gmail.com
※WAXWANEは小文字にして

メール送信してください

 

 

 

section「茶會記」発売中

(500円税別+送料・振込手数料)

ご希望の方は

郵便番号住所氏名

電話番号希望冊数

をご記入のうえ

メールにてお申込みください

Email : WAXWANE29.5@gmail.com
※WAXWANEは小文字にして

メール送信してください

 

 

6月お稽古・東京 空海庵/海老澤宗香 茶道教室



花を弄すれば香り衣に満つ

これは于良史の「春山夜月」
という漢詩の一節

春山多勝事 賞翫夜忘帰
掬水月在手 弄花香満衣
興来無遠近 欲去惜芳菲
南望鳴鐘処 楼台深翠微

禅宗では月と花を仏性に見立てて
日常の行為から悟りを導く言葉として
取り上げられていますが

「朱に交われば赤くなる」
と同じような意味を読み取るかたも多く
私もそちらの方がしっくりときます
人間は周囲の影響を受けやすいものです
自分が身を置く環境を
より良くしていきたいですね



6月23日・28日 東京 空海庵にて
代稽古をさせていただきました

 



お子様でも立派に点前ができます
小学生の彼は先月茶会で
薄茶点前を披露しました

グローバル社会だからといって
海外の文化ばかりに目を向けていたら
結局のっぺらぼうになってしまいます
自国の文化に精通してこそ
世界に尊重される存在と
なれるのではないでしょうか





梅雨のおも〜い空気を
爽やかにしてくれるのは
紫陽花だけではありません



夏に涼しい点前
「洗い茶巾」を稽古しました

 



水を張った茶碗を持ち出し
お客様の前で
茶巾(茶碗を拭く布)を絞ったり
建水(湯水を捨てる器)に水を落としたり

より音を響かせるために
金属性の建水が
相応しいとされています

 



何より涼し気な水音を
奏でることが目標です


他のの点前でも
自分が点てる音への意識は重要
そこにも心が現れているからです
歩く時 足袋と畳が擦れる音から
心の余裕は感じられるか
釜に水を注ぐとき
潔さはあるか

普段の生活の中でも自然と
美しい音に気がつきますし
ドアも静かに閉めるように
心がけるようになります

日常を儀式的に昇華させたものが
茶道 なので
暮らしに生かせることが沢山あります

 

 

 

 

 

 

 

【海老澤 宗香 茶道教室のごあんない】

次回の

 

お稽古は 2018年 6月30日(土)

毎月 歳時記と和歌のお話しつき音譜

1月から夜7時の回も追加しました


ワークショップは 2018年7月1日(日)

茶道の神髄「侘び」を体感する

ワークショップですキラキラ

 

いずれも経験問わず募集中ですビックリマーク

見学も歓迎しております

事前にご予約をお願いいたします

Email : WAXWANE29.5@gmail.com
※WAXWANEは小文字にして

メール送信してください

 

 

 

section「茶會記」発売中

(500円税別+送料・振込手数料)

ご希望の方は

郵便番号住所氏名

電話番号希望冊数

をご記入のうえ

メールにてお申込みください

Email : WAXWANE29.5@gmail.com
※WAXWANEは小文字にして

メール送信してください

 

 

create studio kuchibue 茶會記・デザイナー・和小物・茶会記/section・海老澤宗香 茶道教室 東京九段・茨城笠間

§sectionの「茶會記」を製作していただいた
create studio kuchibue(クチブエ)さんが
ブログで「茶會記」を紹介してくださいました


クチブエさんは和小物も製作しています
確かな技術とセンスで 以前も
茶事で使用する仕覆(茶入を包む袋)
を作っていただきました

大切な人に贈る洋服を選ぶように

道具を包む裂地を探す音譜

いっそう思い入れが深くなります

宝物が増えると心も豊かにキラキラ

 

 

 

§sectionの茶会つくりへの想いがこもった

「茶會記」 発売中です

(500円税別+送料・振込手数料)

よろしくお願いいたします

 

ご希望の方は

郵便番号住所氏名

電話番号希望冊数

をご記入のうえ

メールにてお申込みください

Email : WAXWANE29.5@gmail.com
※WAXWANEは小文字にして

メール送信してください

 

 

 

 

 

【海老澤 宗香 茶道教室のごあんない】

次回の

 

お稽古は 2018年 6月30日(土)

毎月 歳時記と和歌のお話しつき音譜

1月から夜7時の回も追加しました


ワークショップは 2018年7月1日(日)

茶道の神髄「侘び」を体感する

ワークショップですキラキラ

 

いずれも経験問わず募集中ですビックリマーク

見学も歓迎しております

事前にご予約をお願いいたします

Email : WAXWANE29.5@gmail.com
※WAXWANEは小文字にして

メール送信してください

 

 

 

 

裏千家 今日庵 ハワイ協会 訪問・ハワイの茶道・ワイキキ・カラカウア通り/海老澤宗香 茶道教室 東京九段・茨城笠間



裏千家は世界37ヶ国・地域111ヶ所に
海外出張所・協会があり
世界中に茶道を普及しています

ハワイは初めて海外の協会が設立された

地でもあり 昨年で設立65周年を迎えました


熱心に茶道をされている方が多く
ハワイ州だけでも

ハワイ協会
ヒロ協会
カウアイ協会
コナ協会
マウイ協会

と5つもの協会があります



6月18日
ハワイ出張所を訪れました



ワイキキのメインストリート
カラカウア通り
ブランド街から横道に入り





トランプ インターナショナル ホテル
のそばに裏千家ハワイ出張所があります



まさに市中の山居
一歩中に入ると世界が一変します



京都の裏千家茶道専門学校にて
お世話になった村田先生と
ハワイ在住の学輩が迎えて下さいました



京都の職人が建てた
数寄屋つくりの茶室「汎洋庵」


他にも ハワイ大学茶室「寂庵」などがあり


 

ハワイに暮らす日本人だけでなく

学校では単位が取れる茶道の授業があったり

日本語を専攻する学生や

ポップカルチャーに興味があるかたが

入門されて茶道を学んでいます




海外に茶道を広めた
千 玄室大宗匠の軸と



燦燦とした太陽を思わせる
花が迎えてくれました




湿度が低いハワイでは
クーラーが無くても
窓を開けると心地よい風が抜けます


地元のお菓子を用意してくださいました



ドライフルーツや
レモンピールにロコのソウルフード
リヒムイパウダーをまぶしたもの

和菓子でなくても
抹茶にあうお菓子は世界中にあります




村田先生の手捏ねの茶碗で一服



ハワイでつくった楽茶碗
ドラム缶で焼いて
高温の状態で引き出して
新聞紙で包むように火消壺に入れると
煤が貫入に入り込み
このような表情になるそうです

轆轤を使わない楽茶碗は
手に馴染む優しい感触



花月にも参加させていただきました





人がいる空間はどこでもそうですが
特に水屋には
使う方々が心掛けないと
不精な空気が蓄積します
整理整頓された清々しい水屋に
心が洗われました

 

 

点前は水屋から始まるといわれています

裏千家学園では点前以上に
灰形や炭切 道具の位置
各道具の清め方 露地掃除
軸の掛け方 茶花の入れ方
菓子や懐石作りなど
一連の水屋仕事を
3年間学びます

なので
茶道稽古というと
点前を
イメージすると思いますが

実はお客様の前に
映って見える
点前は2割

目には見えない
8割の水屋仕事が
実際の茶道です

さらに茶室・道具の格
の知識なども必須です


だから
水屋の働きが
いかに 大切か
ご理解頂けると思います



日付変更線を超えた地で
一緒に汗を流して学んだ方たちと
一座を共にできるなんて
かけがえのない時間を
過ごさせていただきました虹



常夏の楽園ハワイに茶道というと違和感を
感じる方もいらっしゃるかもしれません

しかし雨が続く時期や
緩やかな気温の変化があり

ゴールデンシャワーツリーの

黄色い花が咲くと
「ああ、春だなぁ。」
と思うそうです
日本の桜みたいですね



時間の流れを実感したり
また訪れる季節を期待する
それこそがお茶です


また
ハワイの伝統 フラも
どの先生に習ったのかという
bloodline(血統)
を重んじるといいます
茶道も師の師を辿り
自分のルーツを認識するという事が大切
同じ精神を重んじている文化に
親しみを覚えました

ハワイと結びつけられる
日本で古くから使用されている
モチーフも有り
例えば
青海波や 波 水の文様



瓢箪は



ハワイに自生しており
フラの楽器として利用されてきました




日本のものを持って来なくても
土地のもので楽しむこともできます

ハワイ協会では
通常は竹で削られる茶杓を
「精霊の宿る木」
としてハワイで愛されてきたコアの木
を削り作っていらっしゃいました



木目がとっても美しいコアは
ウクレレにも用いられるそうです


私達も先日のmarimekko茶会では
フィンランドの国樹
白樺で茶杓を作りました


京都で学んだからといって
そのままやる必要は無く
伝統を知ったうえで
お茶をする土地に合わせて
アレンジを加えることが大切です
土地の歴史や歳時記を学び
季節に敏感になり
それを生活に取り入れて
お客様や家族をもてなすことで
その土地の伝承者となるのです







ハワイ出張所
Urasenke Hawaii Branch
245 Saratoga Road
Honolulu, HI 96815
U.S.A.
Tel: 808-923-1057
Fax: 808-923-3784
urasenke.hi@gmail.com

 

 

 

 

【海老澤 宗香 茶道教室のごあんない】

次回の

 

お稽古は 2018年 6月30日(土)

毎月 歳時記と和歌のお話しつき音譜

1月から夜7時の回も追加しました


ワークショップは 2018年7月1日(日)

茶道の神髄「侘び」を体感する

ワークショップですキラキラ

 

いずれも経験問わず募集中ですビックリマーク

見学も歓迎しております

事前にご予約をお願いいたします

Email : WAXWANE29.5@gmail.com
※WAXWANEは小文字にして

メール送信してください

 

 

 

section「茶會記」発売中

(500円税別+送料・振込手数料)

ご希望の方は

郵便番号住所氏名

電話番号希望冊数

をご記入のうえ

メールにてお申込みください

Email : WAXWANE29.5@gmail.com
※WAXWANEは小文字にして

メール送信してください

5月茶道稽古 夏越しの祓・京都 上賀茂神社・楢の小川・人形・茅の輪/海老澤宗香 茶道教室 東京九段・茨城笠間



春すぎて 夏来にけらし 白妙の
   衣ほすてふ 天の香具山   持統天皇

初夏 新緑の美しい山に
たなびく真白な反物と
青い空のコントラスト
爽やかな景色が浮かぶ百人一首2番目の歌

5月27日は百人一首の日です
藤原定家は2首ずつペアで歌を選んでいます
持統天皇の歌と対になっているのは
お父さんの天智天皇

秋の田の 仮庵の庵の 苫をあらみ 
   わが衣手は 露にぬれつつ

田んぼの中
藁で粗末に編まれた小屋で
夜露に濡れながら
じっと獣の番をする一夜

親子という関係性から
歌自体のドラマチックなコントラスト
定家のセンスには感服します
百人一首は様々な楽しみ方ができる歌集です



5月26日 海老澤宗香茶道教室でのお稽古
毎月生徒さんの暮らしに
役立てていただくため
次月の歳時記のお話をしています

来月6月のテーマは「夏越しの祓」
「年越の祓」(12月31日)とセットで
半年分の穢れを祓う大切な行事です

日本の節句はほとんどが中国から渡ってきた風習ですが
「夏越しの祓」は日本独自の習慣
日本神話の伊弉諾尊(いざなぎのみこと)の
禊祓(みそぎはらひ)が起源といわれています

京都 上賀茂神社での「夏越の大祓」
百人一首にも歌われるほど古い行事です



「夏越の大祓」のクライマックスには
ならの小川に掛かる橋の上に神職が並び
穢れを祓う祝詞を唱えます
絶やすことなく松明を炊きながら
人々が自分の身代わりに納めた人形(ひとがた)
を川に流してお祓いをしていただくのです





他にも「茅の輪くぐり」という風習も
全国で行われます



こちらは笠間稲荷の茅の輪
「水無月の夏越の祓する人は
千歳の命延というなり」と唱えながら
左足から踏み入て
左→右→左と ∞ の字を
描くようにくぐるとお祓いができます


この「茅の輪」も日本神話に起源があります
スサノオノミコトの化身である旅人が現れて
一夜の宿を乞いますが
裕福な兄は冷たく断り
弟の蘇民将来(そみんしょうらい)は
貧しいながらも温かくもてなしました

数年後 旅人が恩返しに現れ
教えに従って茅の輪を腰に付けたところ
疫病から逃れられ
子々孫々まで繁栄しました
この故事に基づき
家の玄関に「蘇民将来子孫也」という札を貼り
厄除けにするという風習も残っています





そしてこの季節に欠かせないお菓子
「水無月」(みなづき)



宮中で旧暦6月1日行われていた
「氷の節句」という行事がありました
冬にできた氷を山間の氷室に貯蔵しておき
そこから取り寄せた氷を口にして
夏を健康に過ごせるよう祈るものです

しかし当時は氷は貴重な物で
庶民の手には届かないものでした
そこで三角形のういろうを氷に見立て
その上に小豆を散りばめました
小豆は赤い色で邪気を祓うためです







 



 






 

 

 

【海老澤 宗香 茶道教室のごあんない】

次回の

 

お稽古は 2018年 6月30日(土)

毎月 歳時記と和歌のお話しつき音譜

1月から夜7時の回も追加しました


ワークショップは 2018年7月1日(日)

茶道の神髄「侘び」を体感する

ワークショップですキラキラ

 

いずれも経験問わず募集中ですビックリマーク

見学も歓迎しております

事前にご予約をお願いいたします

Email : WAXWANE29.5@gmail.com
※WAXWANEは小文字にして

メール送信してください

 

 

 

section「茶會記」発売中

(500円税別+送料・振込手数料)

ご希望の方は

郵便番号住所氏名

電話番号希望冊数

をご記入のうえ

メールにてお申込みください

Email : WAXWANE29.5@gmail.com
※WAXWANEは小文字にして

メール送信してください

 

<<back|<123456789>|next>>
pagetop