9月茶道稽古 中秋の名月・みのり・四ヶ伝/海老澤宗香 茶道教室 東京九段・茨城笠間



秋風に たなびく雲の 絶え間より
  もれ出づる月の 影のさやけさ

              左京大夫顕輔



9月22日
海老澤宗香茶道教室のお稽古

毎月生徒さんの暮らしに

役立てていただくため
歳時記のお話をしています

今回のテーマは「中秋の名月」


今年の「中秋の名月」は9月24日
不安な天気予報ではありましたが
月が昇る頃にはすっかり晴れて
はじめの歌のように
澄みきった明るい月を拝めました

 

きっと藤原顕輔さんも
こんなに月は明るかったかしら と
同じ気持ちで月を眺めたのでしょう
900年の時を超えて心を通わせました

 





お月様に捧げる

みのり と

瓶子花入にいれた秋の草花



年中月は出ているのに
なぜ秋に月見をするのかはてなマーク

満月は太陽の反対側にあります
太陽は 夏高く 冬低い
満月は 夏低く 冬高くなります
丁度良い高さになるのが
春と秋なのですが
「春がすみ」「秋晴れ」
という言葉が古くからあるように
天気の良さでは断然 秋もみじ

ということで秋は月見に
適した季節なのです合格



今回のお稽古は「盆点」
教本などが出版されていない
口伝の点前です
「唐物(からもの)」と呼ばれる
非常に高価な中国からの輸入品を
扱うための点前
贅沢な道具の格に合わせて
菓子も3種だされます



現代で実際に必要になることは
殆ど有りません
それでも
移動手段が舟しか無かった当時
命がけでもたらされた
貴重な品物に対する
恐れにも似た心持に
同化できる儀式が
私は堪らなく楽しいです



近々お茶会で点前を披露するかたたちは
練習をしました

発表の場があると集中力が違いますキラキラ

 

 




稽古はもちろん洋服でも
椅子でもしていただけます

 

 

 

〇 他 中秋の名月 について

〇 現代に蘇る平安の観月

 

 

 

◆ 10月8日「茶の湯とくらす」

       茶会ワークショップ   茨城県陶芸美術館

◆ 10月21日「わび茶でおもてなし」

       ワークショップ         東京都庭園美術館

 

 

 

 

 

 

★Instagram

 

 

 

【海老澤 宗香 茶道教室のごあんない】

次回の

 

お稽古は 2018年 10月27日(土)

毎月 歳時記と和歌のお話しつき音譜

1月から夜7時の回も追加しました


ワークショップは 2018年10月28日(日)

茶道の神髄「侘び」を体感する

ワークショップですキラキラ

 

いずれも経験問わず募集中ですビックリマーク

見学も歓迎しております

事前にご予約をお願いいたします

Email : WAXWANE29.5@gmail.com
※WAXWANEは小文字にして

メール送信してください

 

 

 

section「茶會記」

「marimekko茶会」 発売中

(各500円税別+送料・振込手数料)

ご希望の方は

郵便番号住所氏名

電話番号希望冊数

をご記入のうえ

メールにてお申込みください

Email : WAXWANE29.5@gmail.com
※WAXWANEは小文字にして

メール送信してください

<<back|<123456789>|next>>
pagetop