marimekko茶会 Episode 后/綮 と ガラス・マリメッコ・磁器・金沢/section・海老澤宗香 茶道教室 東京九段・茨城笠間



一路 窯から出して
焼き上がったばかりの水指を持ち
300キロ先の金沢へ

茶と金沢と言えば
裏千家四代仙叟居士が
加賀前田家に出仕された
茶の湯と縁の深い場所です

裏千家学園時代には有志10名程で
奈良宗久業躰先生に御指南いただき
月心寺にて仙叟居士墓参
大樋焼 大樋長左衛門先生
釜師 宮崎寒雉先生
漆山中塗 前端雅峯先生
陶芸 矢口永壽先生
赤絵 見附正康さんを訪ねた
思い出があります

このように裏千家に縁の場所や
工芸作家の方が多く
裏千家茶道をしている方にとっては
金沢も必見の場所の一つだと思います

その他、加賀友禅、九谷焼、輪島塗、
珠洲焼と石川県はまさに工芸大国です



また作家の育成機関として
金沢卯辰山工芸工房があり
各種伝統工芸の若手育成に力を
入れています

その金沢卯辰山工芸工房を修了し

現在金沢市の
おしがはら工房にて
ガラス作家として活躍されているのが
今回marimekko茶会用の水指にて
陶器とガラスの

コラボレーションをお願いした


ガラス作家の加藤裕也さんです



裕也さんは岐阜県多治見市出身で
実家は作家の窯を築いて
創業50年の司電気炉

いつも陶芸の相談にのってくれる
兄の貴也君の主宰する
司電気炉研究所のランプシェードを見て
ピンときました

◼司電気炉

◼司電気炉研究所の活躍



お互いに持っている水の記憶

光に乱反射する ゆらぎ

どこかの 不思議な泡

水中から見た 歪んだ空

それらを意見交換したり
スケッチしながらイメージを合わせ
形にする作業をし
バトンタッチしました

 

 

 

 

 

 

 

 

〇 marimekko茶会メイキングブログ

     〜茶会までの道のり〜

■ marimekko茶会 Concept

■ Marimekko Tea Ceremony concept

■ merimekko茶会 Episode機狙哨瞭盪罅

■ marimekko茶会 Episode 供楚祐峭駟 前田昭博先生〜

■ marimekko茶会 Episode 掘船泪螢瓮奪海涼緤〜

■ marimekko茶会 Episode 〜水指〜

■ marimekko茶会 Episode 〜茶杓〜

■ marimekko茶会 Episode 〜section『茶会記』〜

■ marimekko茶会 Episode 〜お菓子〜

■ ブログmarimekko茶会開催ビックリマーク

 

またはコチラのブログをご覧下さい



【 marimekko茶会 お申し込み 】

日時 平成30年5月3日(祝) ・ 4日(祝)
10:00〜/10:45〜/11:30〜
13:00〜/13:45〜/14:30〜/15:15〜

会場 茨城県陶芸美術館
    当館地階オープンギャラリー
   マリメッコ茶室「真理庵」

席主  section
   沼尻宗真/海老澤宗香

定員 各回とも先着10名
   (先着順・事前予約可能)

参加費 500円

茨城県陶芸美術館にて
電話またはFAXでご予約受付中です
電話 0296-70-0011
FAX  0296-70-0012


※当日はこれまでの茶会記をまとめた
  section作品集 500円税別
 を茨城県陶芸美術館SHOPにて
 販売しております。

 

 

 

 

 

【海老澤 宗香 茶道教室のごあんない】

次回の

 

お稽古は 2018年 5月26日(土)

毎月 歳時記と和歌のお話しつき音譜

1月から夜7時の回も追加しました


ワークショップは 2018年5月27日(日)

茶道の神髄「侘び」を体感する

ワークショップですキラキラ

 

いずれも経験問わず募集中ですビックリマーク

見学も歓迎しております

事前にご予約をお願いいたします

Email : WAXWANE29.5@gmail.com
※WAXWANEは小文字にして

メール送信してください

 

 

marimekko茶会 Episode 検/綮悄Ε泪螢瓮奪魁磁器・岐阜・付知峡・半分青い/section・海老澤宗香 茶道教室 東京九段・茨城笠間



今回は茨城県陶芸美術館にて
5/3,4に開催される
marimekko茶会メイキング
Episode 水指編です

フィンランドでは日々の生活の中に
自国にある美しいデザインを
取り込んでいます

飲み物はイッタラのグラスで
アアルトの椅子に座って窓の外を見れば
マリメッコのドレスを着て歩いてる
女性を見かけるといった具合に


この文章は
フィンランドの暮らしの中に
いかに美しいデザインが
浸透しているかを
分かりやすく伝えています







フィンランドは偉大な
建築家アアルトをはじめ
marimekko、イッタラなど
デザインに優れた企業が
世界的なブランドとなっています


その中の一つアラビア社は1873年
フィンランド・ヘルシンキ郊外の
「アラビア」地区に創業された窯です

優れたデザイン性・芸術性を
保ちながらも、使い勝手に配慮した
実用的な陶器を発表し続けています

今回の茨城県陶芸美術館では
アラビア社の名作陶磁器も
数々展示されるようです



ではフィンランドと
同じように豊かな自然や水に恵まれた
日本なら?

どんな陶磁器のデザインになるのか?

そんな事を考えて今回は
marimekko茶会の為に

「水指」を作りました

そこで
まずは日本の
「奇跡の青い水」を訪ねました

美しい水と共にある 美しい石を
厳選する作業から
陶磁器づくりを始めました

 

 

 

 



青は藍より出でて藍より青し

焼き上がった水指は
一路、金沢のガラス作家
加藤裕也さんに
バトンタッチされました

 

 

 

〇 marimekko茶会メイキングブログ

     〜茶会までの道のり〜

■ marimekko茶会 Concept

■ Marimekko Tea Ceremony concept

■ merimekko茶会 Episode機狙哨瞭盪罅

■ marimekko茶会 Episode 供楚祐峭駟 前田昭博先生〜

■ marimekko茶会 Episode 掘船泪螢瓮奪海涼緤〜

■ marimekko茶会 Episode 〜水指とガラス〜

■ marimekko茶会 Episode 〜茶杓〜

■ marimekko茶会 Episode 〜section『茶会記』〜

■ marimekko茶会 Episode 〜お菓子〜

■ ブログmarimekko茶会開催ビックリマーク

 

またはコチラのブログをご覧下さい

 

 

 

【marimekko茶会】

 

日時 平成30年5月3日(祝) ・ 4日(祝)
10:00〜/10:45〜/11:30〜
13:00〜/13:45〜/14:30〜/15:15〜

会場 茨城県陶芸美術館
    当館地階オープンギャラリー
   マリメッコ茶室「真理庵」

 

席主  section

   沼尻宗真/海老澤宗香


定員 各回とも先着10名
   (先着順・事前予約可能)

参加費 500円

茨城県陶芸美術館にて
電話またはFAXでご予約受付中です
電話 0296-70-0011
FAX  0296-70-0012

 

 

 

 

 

【海老澤 宗香 茶道教室のごあんない】

次回の

 

お稽古は 2018年 5月26日(土)

毎月 歳時記と和歌のお話しつき音譜

1月から夜7時の回も追加しました


ワークショップは 2018年5月27日(日)

茶道の神髄「侘び」を体感する

ワークショップですキラキラ

 

いずれも経験問わず募集中ですビックリマーク

見学も歓迎しております

事前にご予約をお願いいたします

Email : WAXWANE29.5@gmail.com
※WAXWANEは小文字にして

メール送信してください

 

marimekko茶会 Episode 掘.泪螢瓮奪海涼緤・和裁/section・海老澤宗香 茶道教室 東京九段・茨城笠間


marimekkoのテキスタイル
見ているだけでワクワクしますね



茨城県陶芸美術館にて
4月21日から開催されている
「マリメッコ・スピリッツ

    Finland Meets Japan」



この展覧会では

marimekkoデザイナーが
日本をイメージしてつくった
テキスタイルも展示されています

新たな日本の発見にもつながりそうキラキラ



お茶会では
お道具や室礼だけではなくて
和服の装いも楽しみのひとつ

海老澤社中には
和裁の先生もいらっしゃいます
茶会のために
marimekkoの生地で
着物を仕立てていただきました










この草履は
若いテキスタイル作家さんの
作品にほれ込んだ
京都の老舗草履屋さんが
考案したもの
作品の中から生地を決めて
組み合わせる皮の色も
数十種の中から選びます


 

その日のためだけにつくられた

一期一会の茶席

そこで過ごすための

特別な装い

 

今は素材が溢れているからこそ

安価に自由に楽しむことができます

 

茶の湯を学び

暮らしに生かすという事は

古をコピーしてなぞるのではなく

自分ならどのようにしようか?

と思いを巡らし

創造する事です

 

だから点前手順を暗記する

事だけが茶の本質では

ありません

 

和裁・草履・紙漉・陶芸

ガラスなど

日本の伝統工芸の匠と共に

現代の暮らしに即した

新しい用の美を

身近に生み出すことが

できるのです

 

そう箪笥に眠っている

おばあちゃんの着物を生かすことも

大切なお茶の心なのです

 

 

 

 

 

 

〇 marimekko茶会メイキングブログ

     〜茶会までの道のり〜

■ marimekko茶会 Concept

■ Marimekko Tea Ceremony concept

■ merimekko茶会 Episode機狙哨瞭盪罅

■ marimekko茶会 Episode 供楚祐峭駟 前田昭博先生〜

■ marimekko茶会 Episode 〜水指〜

■ marimekko茶会 Episode 〜水指とガラス〜

■ marimekko茶会 Episode 〜茶杓〜

■ marimekko茶会 Episode 〜section『茶会記』〜

■ marimekko茶会 Episode 〜お菓子〜

■ ブログmarimekko茶会開催ビックリマーク

 

 

またはコチラのブログをご覧下さい

 

 

 

 

【marimekko茶会】

 

日時 平成30年5月3日(祝) ・ 4日(祝)
10:00〜/10:45〜/11:30〜
13:00〜/13:45〜/14:30〜/15:15〜

会場 茨城県陶芸美術館
    当館地階オープンギャラリー
   マリメッコ茶室「真理庵」

 

席主  section

   沼尻宗真/海老澤宗香


定員 各回とも先着10名
   (先着順・事前予約可能)

参加費 500円

茨城県陶芸美術館にて
電話またはFAXでご予約受付中です
電話 0296-70-0011
FAX  0296-70-0012

 

 

 

 

 

【海老澤 宗香 茶道教室のごあんない】

次回の

 

お稽古は 2018年 5月26日(土)

毎月 歳時記と和歌のお話しつき音譜

1月から夜7時の回も追加しました


ワークショップは 2018年5月27日(日)

茶道の神髄「侘び」を体感する

ワークショップですキラキラ

 

いずれも経験問わず募集中ですビックリマーク

見学も歓迎しております

事前にご予約をお願いいたします

Email : WAXWANE29.5@gmail.com
※WAXWANEは小文字にして

メール送信してください

 

 

marimekko茶会 Episode 供/祐峭駟 前田昭博先生・マリメッコ・白磁・日本橋三越本店/section・海老澤宗香 茶道教室 東京九段・茨城笠間



4月11日〜17日 東京 日本橋三越本店

にて開催された
「重要無形文化財保持者 前田昭博 白瓷譜展」





私が主催するお茶会では
毎回 前田昭博先生の白瓷(はくじ)

の茶碗を使わせて頂いています

今回は直接お目にかかって

御礼申し上げる機会に恵まれ

とても光栄でした


通常は美術館のケースに入り
展示される事が多いですが

見るのと使うのでは
まったく印象が異なりますので

私の茶会では
実際に手に触れて
一服召し上がって頂きます

毎回お茶碗の説明をすると
茶席は感嘆の声に
包まれます


marimekko茶会でも

前田先生のお茶碗を使わせていただきます


4月21日より 茨城県陶芸美術館では
日本・フィンラント゛外交関係
樹立100周年記念として
フィンラント゛陶芸展が開催されます



フィンランドの日常に寄り添った
暖かみ や ゆるみ
を感じる作品に対し

廉潔な前田先生の
洗練された緊張感のある
日本の美を示そうというねらいです

 

 

〇 marimekko茶会メイキングブログ

     〜茶会までの道のり〜

■ marimekko茶会 Concept

■ Marimekko Tea Ceremony concept

■ merimekko茶会 Episode機狙哨瞭盪罅

■ marimekko茶会 Episode 掘船泪螢瓮奪海涼緤〜

■ marimekko茶会 Episode 〜水指〜

■ marimekko茶会 Episode 〜水指とガラス〜

■ marimekko茶会 Episode 〜茶杓〜

■ marimekko茶会 Episode 〜section『茶会記』〜

■ marimekko茶会 Episode 〜お菓子〜

■ ブログmarimekko茶会開催ビックリマーク

 

 

またはコチラのブログをご覧下さい

 

 

 

 

【marimekko茶会】

 

日時 平成30年5月3日(祝) ・ 4日(祝)
10:00〜/10:45〜/11:30〜
13:00〜/13:45〜/14:30〜/15:15〜

会場 茨城県陶芸美術館
    当館地階オープンギャラリー
   マリメッコ茶室「真理庵」

 

席主  section

   沼尻宗真/海老澤宗香


定員 各回とも先着10名
   (先着順・事前予約可能)

参加費 500円

茨城県陶芸美術館にて
電話またはFAXでご予約受付中です
電話 0296-70-0011
FAX  0296-70-0012

 

 

 

 

 

【海老澤 宗香 茶道教室のごあんない】

次回の

 

お稽古は 2018年 5月26日(土)

毎月 歳時記と和歌のお話しつき音譜

1月から夜7時の回も追加しました


ワークショップは 2018年5月27日(日)

茶道の神髄「侘び」を体感する

ワークショップですキラキラ

 

いずれも経験問わず募集中ですビックリマーク

見学も歓迎しております

事前にご予約をお願いいたします

Email : WAXWANE29.5@gmail.com
※WAXWANEは小文字にして

メール送信してください

 

4月茶道稽古・東京 空海庵/海老澤宗香 茶道教室 東京九段・茨城笠間



清流間断無し

爽やかな新緑の風景が目に浮かびます

留まった水は澱む
渓流は流れを止めないように
人も不断の努力を続けば
清らかな境地に辿りつけるのかも知れません

 

水芭蕉のお菓子

 



4月18日 東京の 空海庵
にて代稽古をさせていただきました

新しい畳になってから3か月ほど経ちました



もう良い色に焼けてきています
清々しい新しい畳の香りが充満して
緊張感すらあったのに
すっかり馴染んで
落ち着く空間になりました
変化をする物は
時間の蓄積を感じて良いですね



今回は5月13日に開催する
お茶会の練習です





本番さながら袴をつけての稽古



何年稽古をしていても練習は大切です
私の尊敬する師匠は
 点前をする前に1回は

 帛紗さばきをしなさい

と仰っていました

帛紗さばき とは
お道具を清めるための布を畳む手順です

 

 

 

 

 

 

【marimekko茶会】

 

日時 平成30年5月3日(祝) ・ 4日(祝)
10:00〜/10:45〜/11:30〜
13:00〜/13:45〜/14:30〜/15:15〜

会場 茨城県陶芸美術館
    当館地階オープンギャラリー
   マリメッコ茶室「真理庵」

定員 各回とも先着10名
   (先着順・事前予約可能)

 

席主  section

   沼尻宗真/海老澤宗香


参加費 500円

茨城県陶芸美術館にて
電話またはFAXでご予約受付中です
電話 0296-70-0011
FAX  0296-70-0012

 

 

 

【海老澤 宗香 茶道教室のごあんない】

次回の

 

お稽古は 2018年 4月21日(土)

毎月 歳時記と和歌のお話しつき音譜

1月から夜7時の回も追加しました


ワークショップは 2018年5月27日(日)

茶道の神髄「侘び」を体感する

ワークショップですキラキラ

 

いずれも経験問わず募集中ですビックリマーク

見学も歓迎しております

事前にご予約をお願いいたします

Email : WAXWANE29.5@gmail.com
※WAXWANEは小文字にして

メール送信してください

 

 

marimekko茶会 Concept・茨城県陶芸美術館・マリメッコ・コンセプト・フィンランド・デザイン/section・海老澤宗香 茶道教室 東京九段・茨城笠間



今回 marimekko茶会を
sectionが担当させて頂く事となりました

marimekko展、marimekko spirit展を通じ
スタディし、marimekkoが
世界中で愛されている理由を
改めて知る事ができました



そして私たちは
今回の茶会のテーマに
下記の3つのテーマを掲げました。


創設者アルミ・ラティアの
marimekko spiritから

「解放」


自然から着想を得る
marimekkoデザインの源泉
フィンランドの自然から

「にじみ」 「素材」



1950年代初めのフィンランドは
女性を主婦という昔ながらの役割から
解放する動きが起こり
連動するようにmarimekkoは創業されました

男女平等、女性が仕事と暮らしを
両立させることを考え実践されました

そして現在も社員の90%が女性であり
仕事と暮らしの両立を実現しています

デザインを暮らしに取り込み
豊かに生きることを提案した
マリメッコの創設者アルミ・ラティアの
精神が今でも大切に引き継がれています



マリメッコのデザインを
成功に導いている大切な要素の一つは
その多層性 相反する美の出会いにあります

それは色とパターンの音のハーモニー
あるいはジャズのリズムのように
魅惑的な結合として具象化されています



そしてこの様なmarimekkoデザインを育む
フィンランドとは
どのような場所なのでしょう?


フィンランドは188,000の湖と
国土の70%以上が美しい森に
囲まれている国です

ムーミンやサンタクロース
多くの神話が生まれる理由は
きっと、この雄大な自然が引き起こす
息を飲むような美しい現象が
育んできたのではないでしょうか

規模は違えど、自然に寄り添い
様々な美を詠んできた
日本人の感性と通じるように思います

四季の移ろいを取り込み
五感で表現してきた茶の湯

今回のテーマの一つ
文化と文化の出会い

であるなら
単に茶会でmarimekkoを
並べたてるのではなく
美しい日本の自然に育まれた
今の日本人の感性を
日本の伝統工芸を用いて
クリエイティブに表現し
marimekkoと対峙させてみたいと
私たちは考えました

例えそこに違和感があったとしも
その部分こそ
化学反応が起こる場所であり

新しい表現
新しい文化の芽が
隠されている場所だと思っています

ぜひ席中でご体験ください



section



marimekko茶会in KASAMA 
/concept/section

1,解放
陸地からの解放、浮遊感

2,にじみ
文化と文化の交わり

3,素材  
布、水、紙、石、陶、ガラス

これら3つのconceptに沿った
私たちの茶会メイキングを

順次配信して参ります

 

■ Marimekko Tea Ceremony concept

■ merimekko茶会 Episode機狙哨瞭盪罅

■ marimekko茶会 Episode 供楚祐峭駟 前田昭博先生〜

■ marimekko茶会 Episode 掘船泪螢瓮奪海涼緤〜

■ marimekko茶会 Episode 〜水指〜

■ marimekko茶会 Episode 〜水指とガラス〜

■ marimekko茶会 Episode 〜茶杓〜

■ marimekko茶会 Episode 〜section『茶会記』〜

■ marimekko茶会 Episode 〜お菓子〜

■ ブログmarimekko茶会開催ビックリマーク​​​​​​​

 

またはコチラのブログをご覧下さい



【 marimekko茶会 お申し込み 】

日時 平成30年5月3日(祝) ・ 4日(祝)
10:00〜/10:45〜/11:30〜
13:00〜/13:45〜/14:30〜/15:15〜

会場 茨城県陶芸美術館
    当館地階オープンギャラリー
   マリメッコ茶室「真理庵」

席主  section
   沼尻宗真/海老澤宗香

定員 各回とも先着10名
   (先着順・事前予約可能)

参加費 500円

茨城県陶芸美術館にて
電話またはFAXでご予約受付中です
電話 0296-70-0011
FAX  0296-70-0012


※当日はこれまでの茶会記をまとめた
  section作品集 500円税別
 を茨城県陶芸美術館SHOPにて
 販売しております。

 

 

 

 

 

【海老澤 宗香 茶道教室のごあんない】

次回の

 

お稽古は 2018年 4月21日(土)

毎月 歳時記と和歌のお話しつき音譜

1月から夜7時の回も追加しました


ワークショップは 2018年5月27日(日)

茶道の神髄「侘び」を体感する

ワークショップですキラキラ

 

いずれも経験問わず募集中ですビックリマーク

見学も歓迎しております

事前にご予約をお願いいたします

Email : WAXWANE29.5@gmail.com
※WAXWANEは小文字にして

メール送信してください

増幸 茶道具展 呈茶席・埼玉 川越/海老澤宗香 茶道教室 東京九段・茨城笠間



4月15日 道具屋 増幸さんの茶道具展にて
佐藤宗広先生が呈茶席をもたれたので
お手伝いをさせていただきました





可憐で瑞々しい「白雪芥子」



清晨庵製の「水山吹」



水辺に咲いている山吹を表現しています





私たちには五感がありますが
認識できる世界はわずか数%
と聞いたことがあります
味は整っているのに美味しくない料理
形はキレイなのに魅力が無い物
有りますよね
無意識のうちに目に見えない何かを
感じ取っているのは確かです
愛情込めて料理や作品をつくるのは
とても大切な事です



 

 

 

 

 

【marimekko茶会】

 

日時 平成30年5月3日(祝) ・ 4日(祝)
10:00〜/10:45〜/11:30〜
13:00〜/13:45〜/14:30〜/15:15〜

会場 茨城県陶芸美術館
    当館地階オープンギャラリー
   マリメッコ茶室「真理庵」

 

席主  section

   沼尻宗真/海老澤宗香


定員 各回とも先着10名
   (先着順・事前予約可能)

参加費 500円

茨城県陶芸美術館にて
電話またはFAXでご予約受付中です
電話 0296-70-0011
FAX  0296-70-0012

 

 

 

【海老澤 宗香 茶道教室のごあんない】

次回の

 

お稽古は 2018年 4月21日(土)

毎月 歳時記と和歌のお話しつき音譜

1月から夜7時の回も追加しました


ワークショップは 2018年5月27日(日)

茶道の神髄「侘び」を体感する

ワークショップですキラキラ

 

いずれも経験問わず募集中ですビックリマーク

見学も歓迎しております

事前にご予約をお願いいたします

Email : WAXWANE29.5@gmail.com
※WAXWANEは小文字にして

メール送信してください

 

杉本博司 江之浦測候所 野点席・小田原・室町時代・骨董/海老澤宗香 茶道教室 東京九段・茨城笠間



4月14日 「小田原財団 江之浦測候所」
にてお茶会の手伝い



お花を入れさせていただきました



杉本博司さんがつくった「江之浦測候所」



入口は室町時代の門
中には歴史的価値のある物が
たくさん配置されています

 

 

 



アートとは…この作品のコンセプトは…
そんな説明や言葉が必要ない
地球と一体となれる場所です

 

 

 

 

 

 

 

【marimekko茶会】

 

日時 平成30年5月3日(祝) ・ 4日(祝)
10:00〜/10:45〜/11:30〜
13:00〜/13:45〜/14:30〜/15:15〜

会場 茨城県陶芸美術館
    当館地階オープンギャラリー
   マリメッコ茶室「真理庵」

 

席主  section

   沼尻宗真/海老澤宗香


定員 各回とも先着10名
   (先着順・事前予約可能)

参加費 500円

茨城県陶芸美術館にて
電話またはFAXでご予約受付中です
電話 0296-70-0011
FAX  0296-70-0012

 

 

 

【海老澤 宗香 茶道教室のごあんない】

次回の

 

お稽古は 2018年 4月21日(土)

毎月 歳時記と和歌のお話しつき音譜

1月から夜7時の回も追加しました


ワークショップは 2018年5月27日(日)

茶道の神髄「侘び」を体感する

ワークショップですキラキラ

 

いずれも経験問わず募集中ですビックリマーク

見学も歓迎しております

事前にご予約をお願いいたします

Email : WAXWANE29.5@gmail.com
※WAXWANEは小文字にして

メール送信してください

 

 

marimekko茶会 Episode I 西ノ内紙・マリメッコ・茨城県 常陸大宮市・和紙・楮・紙漉き・茶室 腰張り/section・海老澤宗香 茶道教室 東京九段・茨城笠間



5月3・4日 

茨城県陶芸美術館にて開催する
コスモスマリメッコ茶会コスモス


茶会には物語が必要です
テーマに添ったお道具を使ったり
室礼(しつらい・飾りつけのこと)

をしたりして世界観をつくりあげます

マリメッコ茶会ができるまでの舞台裏を

数回に分けてご紹介したいと思います



私は茶会を 催す場所 の

背景も大切だと思います
茨城県陶芸美術館での開催ということで
茨城県を代表する伝統工芸「西ノ内紙」
を使用することにしました

実は「西ノ内紙」は茶ノ湯にも大変縁が深く
茶室の腰張り

(壁の下方に張られている白い紙)

として古くから使われていました




その理由は
和紙の中の絹と評される上質な質感キラキラ

そして何といっても丈夫なことです
一度書くと墨がにじまず
火事の際には井戸に投げ込み
また乾かして使える目
ということから貴重な記録を残す紙として
日本全国で愛用されていました


現代でも 四代目 菊池大輔さんが
原料の栽培から完成まで手づくりされている
「紙のさと」を訪れました

 



資料館にて実演を交えながら
説明を聞くことができます

繊維をすいて作る紙は8世紀頃
中国から技術が渡ってきました
当時は繊維を水に浮かべて
簾ですくい乾かす方法



これが「簾(す)」

植物だけでなくボロ布の繊維
なども入れていたそうです

しかしそうして作った紙は厚く
乾燥にとても時間がかかり
1枚1枚板に貼って乾かすために
面積も必要でした

日本には人も物資も少なかったので
工夫を重ねてやっと今の技術ができたのです



西ノ内紙は「楮(こうぞ)」100%

楮は成長が早く1年で収穫できますが
繊維が太すぎるために 他の和紙には
収穫までに3年程かかる(つまり繊維が細い)
三椏(ミツマタ)や

雁皮(ガンピ)を混ぜます

西ノ内紙は周辺の土地が

砂状でやせていたために
楮の栽培には最適で
他には無い繊維が細いものが育ち
楮のみで和紙をつくることが出来たのです


和紙には皮のみ使用します
(中の白い部分は洋紙に使われるそうです)



表面の茶色い部分をナイフでそぎ落とし
ゴミを取り除くのが大変な作業だそうです



煮たり叩いたりして繊維を解いていきます




それを水を張った

「舟(ふね)」の中で広げますが



一生懸命かき混ぜても繊維の絡まりがあって
薄さの均一な紙が漉けません



そこで考案されたのが
トロロアオイ
この粘液を投入すると
一気に繊維同士が解けて
まんべんなく拡散していきます



 

「桁(けた)」に「簾」をセットして





繊維を敷いていきます

 


用途によって縦横絡ませる方法を
変えたりできるそうです
厚さ1mmに満たない世界に存在する技
シビれますドンッ



漉いた紙は
どんどん重ねてしまいます





トロロアオイの粘性は
時間が経つと失われるので
紙同士がくっつく心配はありません

つまり薄い何枚もの紙を重ねた状態で
干すことができ
紙干しに必要な面積が減りました

墨が滲まないのも
トロロアオイの成分が繊維をコーティング
しているためと考えられています

とっても優秀なトロロアオイの発見で
日本の紙漉き技術は格段に向上したのです



「紙のさと」では すき絵体験 もできます



見本をみて台紙つくりから挑戦



水が思い通りに動かず苦戦
こんな小さいのにビックリマーク紙漉きって難しいあせる

その台紙の上に色をつけた紙の繊維をのせて
描く方法を丁寧に教えていただきます





工房はたくさん光が入って心地よく
ゆったりした時間を過ごすことができます

私は西ノ内紙の原料「楮」を描きました



作品は後日郵送してくれます手紙


売店も併設していて
その場で西ノ内紙や工芸品を
購入することもできます





「紙のさと」
茨城県常陸大宮市舟生90
TEL/0295-57-2252
e-Mail/kaminosato@spice.ocn.ne.jp
営業時間/9:00〜17:30
定休日/毎週水曜日

 

 

 

茶会の演出に決まった形は無く
開催地の文化・歴史を汲み取ることで
オリジナルでありながら
土地に根差した空間ができあがります
おもてなし に郷土性は欠かせない要素です

 

 

マリメッコ茶会で「西ノ内紙」が
どのようにつかわれるか
楽しみにしていてください音譜

 

 

〇 marimekko茶会メイキングブログ

     〜茶会までの道のり〜

■ marimekko茶会 Concept

■ Marimekko Tea Ceremony concept

■ marimekko茶会 Episode 供楚祐峭駟 前田昭博先生〜

■ marimekko茶会 Episode 掘船泪螢瓮奪海涼緤〜

■ marimekko茶会 Episode 〜水指〜

■ marimekko茶会 Episode 〜水指とガラス〜

■ marimekko茶会 Episode 〜茶杓〜

■ marimekko茶会 Episode 〜section『茶会記』〜

■ marimekko茶会 Episode 〜お菓子〜

■ ブログmarimekko茶会開催ビックリマーク

 

 

またはコチラのブログをご覧下さい

 

 

 

 

【 marimekko茶会 】

 

日時 平成30年5月3日(祝) ・ 4日(祝)
10:00〜/10:45〜/11:30〜
13:00〜/13:45〜/14:30〜/15:15〜

会場 茨城県陶芸美術館
    当館地階オープンギャラリー
   マリメッコ茶室「真理庵」

 

席主  section

   沼尻宗真/海老澤宗香


定員 各回とも先着10名
   (先着順・事前予約可能)

参加費 500円

茨城県陶芸美術館にて
電話またはFAXでご予約受付中です
電話 0296-70-0011
FAX  0296-70-0012

 

 

 

 

 

【海老澤 宗香 茶道教室のごあんない】

次回の

 

お稽古は 2018年 4月21日(土)

毎月 歳時記と和歌のお話しつき音譜

1月から夜7時の回も追加しました


ワークショップは 2018年5月27日(日)

茶道の神髄「侘び」を体感する

ワークショップですキラキラ

 

いずれも経験問わず募集中ですビックリマーク

見学も歓迎しております

事前にご予約をお願いいたします

Email : WAXWANE29.5@gmail.com
※WAXWANEは小文字にして

メール送信してください

 

 

告知!marimekko茶会 茨城県陶芸美術館・マリメッコ茶室 真理庵/section・海老澤宗香 茶道教室 東京九段・茨城笠間

4月21日〜7月1日
茨城県陶芸美術館
にて同時開催される企画展

 

「マリメッコ・スピリッツ

   Finland Meets Japan」



「日本・フィンランド外交関係樹立

   100周年記念展フィンランド陶芸
芸術家たちのユートピア

   コレクション・カッコネン」





記念すべき展示に因んだ
夢のようなお茶会を虹

2日間ビックリマーク開催いたします

会場はマリメッコによる
本格的な茶室「真理庵」





お客様は「真理庵」の中でラブラブ
お茶とお菓子を召し上がっていただけます



そして

2017年 1・2・3月
茨城県陶芸美術館内の
板谷波山住宅にて
一緒にお茶会を開催しました
沼尻宗真氏と共同で主催させていただきます



マリメッコの茶室の中で繰り広げられる
当日限りの世界をどうぞご期待くださいアップ



2017年のお茶会の様子は
コチラをご覧ください
 

1月「正月 祝いの席」

2月「節分 福々の席」

3月「上巳 桃の席」





そしてそして

茶会の日は美術館に隣接する
笠間芸術の森公園 にて大規模な陶器市
「陶炎祭」も開催されています!!
ゴールデンウイーク2018は
笠間を楽しみつくしてくださいメラメラ



日時 平成30年5月3日(祝) ・ 4日(祝)
10:00〜/10:45〜/11:30〜
13:00〜/13:45〜/14:30〜/15:15〜

会場 茨城県陶芸美術館
    当館地階オープンギャラリー
   マリメッコ茶室「真理庵」

 

席主  section

   沼尻宗真/海老澤宗香


定員 各回とも先着10名
   (先着順・事前予約可能)

参加費 500円

茨城県陶芸美術館にて
電話またはFAXでご予約受付中です
電話 0296-70-0011
FAX  0296-70-0012

 

〇 marimekko茶会メイキングブログ

     〜茶会までの道のり〜

■ marimekko茶会 Concept

■ Marimekko Tea Ceremony concept

■ merimekko茶会 Episode機狙哨瞭盪罅

■ marimekko茶会 Episode 供楚祐峭駟 前田昭博先生〜

■ marimekko茶会 Episode 掘船泪螢瓮奪海涼緤〜

■ marimekko茶会 Episode 〜水指〜

■ marimekko茶会 Episode 〜水指とガラス〜

■ marimekko茶会 Episode 〜茶杓〜

■ marimekko茶会 Episode 〜section『茶会記』〜

■ marimekko茶会 Episode 〜お菓子〜

■ ブログmarimekko茶会開催ビックリマーク

 

 

またはコチラのブログをご覧下さい

 

 

 

 

 

【海老澤 宗香 茶道教室のごあんない】

次回の

 

お稽古は 2018年 4月21日(土)

毎月 歳時記と和歌のお話しつき音譜

1月から夜7時の回も追加しました


ワークショップは 2018年5月27日(日)

茶道の神髄「侘び」を体感する

ワークショップですキラキラ

 

いずれも経験問わず募集中ですビックリマーク

見学も歓迎しております

事前にご予約をお願いいたします

Email : WAXWANE29.5@gmail.com
※WAXWANEは小文字にして

メール送信してください

 

 

<<back|<3456789101112>|next>>
pagetop