10月茶道稽古・空海庵/海老澤宗香 茶道教室 東京九段・茨城笠間



10月25日と26日
東京の 空海庵
にて代稽古をさせていただきました

もちろんお稽古は「中置」がメイン



普段はお客様から見ると
風炉釜が奥に 水指が手前にありますが



寒くなってきた季節
水を遠ざけ 火を近づけて少しでも暖かく
という気持ちを表現したお点前です




古い資料を紐解くと「中置」
名物(歴史的に非常に価値のある物)
の風炉釜を道具のメインとして扱う際に
真ん中に据える点前に由来があります
その場合は季節は関係ありません



しかし現代ではそのような道具を
披露するような機会には恵まれません
今となっては季節の演出として
そして10月ならではの御馳走として
「中置」を捉えるのが正解ではないでしょうか




11月には炉が開かれるので
風炉を使う機会は少なくなります
「中置」のお点前をみると
あぁもう風炉の季節も終わってしまうんだな…
となごり惜しむ気持ちになると同時に
囲炉裏の風情で炭火を存分に楽しむ季節を
心待ちにしたりするのです



茶道をしていると毎月季節の変化を実感します
メリハリがつき 心も豊かになります
元々すべての日本人は「こよみ」のもと
そういった変化にとんだ日々を営んでいたのです

 

 

 

 

【海老澤 宗香 茶道教室のごあんない】

次回の

お稽古は 11月25日(土)

茶道を通じて素敵な日本を知りませんか音譜
ワークショップは 12月17日(日)

茶道の神髄「侘び」を体感するワークショップですキラキラ

 

いずれも経験問わず募集中ですビックリマーク

見学も歓迎しております

事前にご予約をお願いいたします

Email : WAXWANE29.5@gmail.com
※WAXWANEは小文字にしてメール送信してください

 

 

 

【3回完結茶道のきほん講座 〜飲んで点てて知る〜】

いよいよ最終回ビックリマーク
第4回生 募集中です

茨城県陶芸美術館
☎ 029670-0011
にて予約承っております 
よろしくお願いいたします

<<back|<79808182838485868788>|next>>
pagetop